iPhone、iPad、iPod touch の iMessage でメッセージエフェクトを使う

iOS 10 以降では、これまで以上に表現力豊かに iMessage を活用できます。メッセージの吹き出しにエフェクトを追加したり、画面いっぱいに広がるアニメーションを送信したり、手書きのメモで個性を演出したり、さまざまなことができます。

メッセージエフェクトを送信するには iMessage が必要です。iMessage と SMS/MMS テキストのどちらを使っているかよくわからない場合は、こちらの記事を参照してください。ご利用の通信事業者によっては、SMS/MMS の送信時にメッセージ送信料がかかる場合があります。Wi-Fi を利用できない状況下で iMessage を使う場合は、モバイルデータ通信料がかかる場合があります。

エフェクト付きのメッセージを送信する

メッセージエフェクトでは、吹き出しエフェクトを使ってメッセージの吹き出しの見え方を変えることができます。また、フルスクリーンエフェクトを使うと、メッセージ送信時に画面にアニメーションを表示できます。

吹き出しエフェクトを追加する

吹き出しエフェクトを使って、メッセージの吹き出しをさまざまな表現方法でアニメーション表示できます。吹き出しエフェクトを使ってメッセージを送信するには、次の手順を実行してください。

  1. メッセージ App を開きます。
  2. メッセージを作成 をタップして、連絡先を入力するか、既存のスレッドを開きます。
  3. メッセージを入力するか、写真を挿入して、メッセージを送信 をタッチしたまま長押しします。
  4.  をタップして吹き出しエフェクトのプレビューを確認します。
  5. メッセージを送信 をタップして送信します。

メッセージエフェクトに返信するには、メッセージの下の をタップします。吹き出しエフェクトを受信できない場合は、「視差効果を減らす」の設定を確認してください。

フルスクリーンエフェクトを追加する

フルスクリーンエフェクトでは、エコーやスポットライトなどのエフェクトで画面にアニメーションを表示できます。フルスクリーンエフェクトを送信するには、次の手順を実行してください。

  1. メッセージ App を開きます。
  2. メッセージを作成 をタップして、連絡先を入力するか、既存のスレッドを開きます。
  3. メッセージを入力します。 
  4. メッセージを送信 をタッチしたまま長押しし、「スクリーン」をタップします。
  5. 左にスワイプして、フルスクリーンエフェクトを表示します。
  6. メッセージを送信 をタップして送信します。

メッセージエフェクトに返信するには、メッセージの下の をタップします。フルスクリーンエフェクトを受信できない場合は、「視差効果を減らす」の設定を確認してください。

     

気持ちを添えてメッセージに返信する

Tapback では、「いいね」や「ハート」などの表現を使って、すばやくメッセージに返信できます。Tapback でメッセージに返信するには、次の手順を実行してください。

  1. メッセージ App でスレッドを開きます。
  2. 返信したいメッセージの吹き出しや写真をダブルタップします。
  3. 送信したい Tapback を選択します。

グループメッセージでも Tapback を使うことができます。Tapback で返信したメンバーを確認するには、Tapback をタップします。Tapback メッセージを送受信するには、iOS 10 が必要です。

手書きのメッセージを送信する

手書きのメモを追加して、メッセージをパーソナライズできます。お友達やご家族にはアニメーション化されたメッセージが表示され、まるで目の前で書かれているかのように見えます。手書きのメモを送信するには、次の手順を実行してください。

  1. メッセージ App を開きます。
  2. メッセージを作成 をタップして、連絡先を入力するか、既存のスレッドを開きます。
  3. iPhone をお使いの場合は、横向きに回転させます。iPad をお使いの場合は、キーボードの  をタップします。
  4. メッセージを書くか、または画面下部のオプションから 1 つ選択します。
  5. 最初からやり直す場合は、「取り消す」または「消去」をタップします。終わったら、「完了」をタップします。次に、メッセージを送信 をタップして送信します。

アニメーション化された手書きメッセージを送受信するには、iOS 10 が必要です。iOS 9 以前をお使いの場合は、静止画像を受信します。

関連情報

  • iPhone X をお持ちの場合は、アニ文字を使って顔の表情をメッセージに反映させる方法について、こちらの記事を参照してください。
  • Digital Touch を使ってスケッチ、タップ、ハートビートを送る方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iMessage App を使えば、コンテンツを作成および共有し、曲を共有し、写真にステッカーを追加するなど、さまざまなことができます。
  • 「視差効果を減らす」がオンになっている場合、メッセージエフェクトを受信できません。

公開日: