OS X Server v5.1.7 について

OS X Server v5.1.7 アップデートに盛り込まれている変更点について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

OS X Server v5.1.7 は、OS X Server v5.0 および v5.1 のマイナーバージョンをすべてアップデートします。 

OS X Server v5.1.7 にアップデートするには、OS X v10.11.6 が必要です。Mac に搭載されている OS X が v10.11.6 より前のバージョンである場合、OS X Server v5.1.7 を使うには、先に OS X v10.11.6 にアップグレードしておく必要があります。

アップデートする方法

OS X v10.11.6 を搭載した Mac で、Mac App Store の「アップデート」パネルから OS X Server v5.1.7 にアップデートしてください。Mac App Store からほかのアップデートを自動的にインストールするように設定している場合でも、Server のアップデートは自動的にはインストールされません。手動でアップデートして、サービスを中断しないように配慮してください。

インストール中に、「Server アプリケーションの置き換えが検出されました」というメッセージが表示されることがありますが、これは、アップデートの過程で通常表示されるメッセージです。アップデートしても、設定とデータはすべてそのまま維持されます。

インストールが終わったら、Server App を開いて、以前から構成してあるサービスの設定を終わらせてください。

このリリースでは、以下の点が変更されています。

プロファイルマネージャ

  • 他社製の SSL 証明書が設定されている Server 環境で、DEP を使った MDM の登録ができないという問題を解決しました。

プロファイルマネージャで他社製の SSL 証明書をお使いの場合、MDM 登録中にデバイスに「NSURLErrorDomain エラー -1012」というエラーメッセージが表示されることがあります。 

このエラーを解消するには、プロファイルマネージャサーバを OS X Server v5.1.7 にアップデートしてから、問題が起きているデバイスを出荷時の設定に復元してください。iOS デバイスの場合は、iTunes または Apple Configurator を使います。OS X デバイスの場合は、復元システムから起動するか、起動可能なインストーラから起動して、OS を再インストールします。

公開日: