Logic Pro X の一部のプラグインの音の聞こえ方が MainStage では違う

Logic Pro X 10.2.3 の一部のプラグインには、MainStage では使えない新しいパラメータがあります。 

Logic Pro X 10.2.3 では、一部のプラグインに新しいパラメータが追加されています。これらの新しいパラメータを使ったパッチ、チャンネルストリップ設定、またはプラグイン設定を MainStage に読み込んだ場合、サウンドが違って聞こえることがあります。こうしたパッチまたは設定を MainStage で保存して、Logic Pro X 10.2.3 に読み込み直した場合、新しいパラメータは出荷時のデフォルト値にリセットされます。

Logic Pro X 10.2.3 の以下のプラグインには、MainStage では使えない新しいパラメータがあります。

プラグイン 新しいパラメータ
Modulation Delay Low Cut Filter、High Cut Filter
Modulation Delay D-Mode
Chorus D-Mode
Noise Gate Ducker
Noise Gate Characteristics (Band Pass または Band Reject)

Logic Pro X 10.2.3 の以下のプラグインパラメータには、MainStage では対応していない新しい範囲を設定できます。

プラグイン パラメータ 新しい範囲
Echo Time 1/32 dotted、1/1 triplet   
Noise Gate          Reduction –100 dB – 0 dB
公開日: