Logic Pro X で「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」オプションを使う場面

外部音源で「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」オプションを使い、外部 MIDI デバイスから出力されるオーディオをプロジェクトのテンポとそろえることができます。

Logic Pro X 10.2.3 では、外部音源プラグインに「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」オプションがあります。このオプションを選択した場合、外部音源は外部 MIDI デバイスに送られる MIDI データを遅らせます。この遅延のおかげで、外部 MIDI デバイスのオーディオ出力が、プロジェクトのほかのトラックと合うようになります。

「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」を設定する際は、オーディオのタイミングがそろうように、以下のガイドラインに従ってください。

外部音源の入力にオーディオをルーティングする

外部 MIDI デバイスのオーディオ出力を「入力」ポップアップメニューを使って外部音源の入力にルーティングする場合、「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」は常に有効になり、手動で無効にすることはできません。

オーディオをアウトボードミキサーにルーティングする

外部 MIDI デバイスのオーディオ出力をミキサーなどのアウトボードデバイスにルーティングする場合、外部音源に入力が割り当てられていないときは、「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」を必ず選択してください。

オーディオを Logic Pro Aux チャンネルにルーティングする

外部 MIDI デバイスのオーディオ出力を個別の Logic Pro Aux チャンネルにルーティングする場合は、「Auto-Compensate Latency (レイテンシを自動補正)」の選択を解除します。外部音源に入力が割り当てられていないことを確認してください。Aux チャンネルは、レイテンシが生じれば自動的に補正するので、外部音源でさらにレイテンシ補正を行う必要がありません。

 

公開日: