Keynote Live の使い方

Keynote を使ってインターネット上でプレゼンテーションを再生すれば、全員が同時に、それぞれどこにいても各自のデバイスで発表を見ることができます。

始める前に

Keynote Live を使ってプレゼンテーションをオンラインで再生するには、iPhone、iPad、iPod touch、Mac 用の最新バージョンの Keynote にアップデートするか、iCloud.com で Keynote を使う必要があります。さらに、デバイスで iCloud にサインインし、プレゼンテーションを iCloud Drive に保存しておくことも必要です。

場所を問わず最大 500 人の閲覧者、または全員がローカルの Wi-Fi ネットワーク上にいる場合は最大 35 人を招待できます。閲覧するには、Web ブラウザか、最新バージョンの Keynote App が必要です。iCloud アカウントがなくても、プレゼンテーションを閲覧できます。

Keynote プレゼンテーションが共有フォルダに入っている場合は、iCloud Drive 上の共有していない別のフォルダに移動するか、そのフォルダの共有をやめてから Keynote Live を使ってください。


iPhone または iPad でプレゼンテーションを開始する

  1. Keynote App でプレゼンテーションを開きます。詳細ボタン をタップします。
  2. 「Keynote Live を使用」をタップし、「続ける」をタップします。プレゼンテーションの Keynote Live 用リンクが作成されます。
  3. 「閲覧者に参加を依頼」をタップします。参加依頼を送信する方法を選択し、閲覧者を追加します。「送信」または「投稿する」をタップします。または、プレゼンテーションのリンクをコピーして、どこにでもペーストできます。
  4. 閲覧者がパスワードを入力しなければプレゼンテーションを見られないようにする場合は、「詳細設定」をタップします。「パスワードを追加」をタップし、パスワードを入力して「完了」をタップします。このパスワードを、招待する閲覧者に忘れずに送ってください。
  5. 閲覧者の準備ができたら、「今すぐプレイ」をタップします。プレゼンテーションを別の時間に開始したい場合は、「後で再生」をタップします。「後で再生」をタップした場合は、引き続き閲覧者を追加し、Keynote Live のパスワードを追加または変更できます。プレゼンテーションの準備ができたら、ツールバーの「再生」ボタン をタップし、「Keynote Live で再生」をタップします。

Keynote Live を使って iPhone または iPad でプレゼンテーションを再生する場合は、ハイライト機能を使ってスライドに描画することはできません。 


Mac でプレゼンテーションを開始する

  1. ツールバーの Keynote Live ボタン をクリックします。
  2. 「続ける」をクリックします。プレゼンテーションの Keynote Live 用リンクが作成されます。
  3. 「閲覧者に参加を依頼」をクリックします。参加依頼を送信する方法を選択し、閲覧者を追加します。「送信」または「投稿」をクリックします。または、プレゼンテーションのリンクをコピーして、どこにでもペーストできます。
  4. 閲覧者がパスワードを入力しなければプレゼンテーションを見られないようにする場合は、「詳細設定」をクリックします。「パスワードを要求」を選択し、パスワードを入力して「パスワードを設定」をクリックします。このパスワードを、招待する閲覧者に忘れずに送ってください。
  5. 閲覧者の準備ができたら、「今すぐプレイ」をクリックします。プレゼンテーションを別の時間に開始したい場合は、「後で再生」をクリックします。「後で再生」をクリックした場合は、引き続き閲覧者を追加し、Keynote Live のパスワードを追加または変更できます。プレゼンテーションの準備ができたら、ツールバーの「再生」ボタン をクリックし、「Keynote Live で再生」をクリックします。
    ウインドウで再生」は、Keynote Live の使用中は使えません。


iCloud 用 Keynote でプレゼンテーションを開始する

  1. プレゼンテーションを開いた状態で、ツールバーの「ツール」ボタン をクリックし、「Keynote Live を使用」を選択します。「続ける」をクリックします。iCloud.com でプレゼンテーションのリンクが作成されます。このリンクはいつでも確認できます。「ツール」ボタン をクリックして、「Keynote Live 設定」をクリックしてください。
  2. 閲覧者がパスワードを入力しなければプレゼンテーションを見られないようにする場合は、「詳細設定」をクリックします。「パスワードを追加」をクリックし、パスワードを入力して「パスワードを設定」をクリックします。 
  3. 「閲覧者に参加を依頼」をクリックします。参加依頼を送信する相手のメールアドレスを入力して、「送信」をクリックします。または、プレゼンテーションのリンクをコピーして、どこにでもペーストできます。
  4. 閲覧者の準備ができたら、「今すぐプレイ」をクリックします。プレゼンテーションを別の時間に開始したい場合は、「後で再生」をクリックします。「後で再生」をクリックした場合は、引き続き閲覧者を追加し、Keynote Live のパスワードを追加または変更できます。プレゼンテーションの準備ができたら、ツールバーの「再生」ボタン をクリックし、「Keynote Live で再生」をクリックします。


プレゼンテーションの再生について

以前にプレゼンテーションを共有し、ほかの人が編集できるようにしてある場合、その人たちはプレゼンテーション中も引き続き編集できます。プレゼンテーションをいったん止めて再開しない限りは、プレゼンテーションを閲覧している人には新しい変更点は見えません。プレゼンテーションをほかの人と共有していても、Keynote Live を使ってプレゼンテーションを表示できるのは、所有者本人だけです。

Keynote Live を使ってプレゼンテーションを再生する際は、スライドが iCloud に一時ファイルとして書き出されます。スムーズに再生されるように、プレゼンテーションを開始した時点で、すべてのファイルが閲覧者のデバイスにストリーミングされます。Keynote Live のリンク (およびパスワードが設定されている場合はパスワードも) を知っている閲覧者だけが、ファイルにアクセスできます。


Keynote Live で Keynote Remote を使う

Keynote Remote を使って Keynote Live プレゼンテーションを操作するには、まず、Keynote Live でプレゼンテーションを開始します。プレゼンテーションの再生を始めたら、Remote で参加し、コントロールできます。 

Remote からショーを始めた場合は、ローカルでの再生しかできません。 

Keynote Remote で Keynote Live を操作できるのは、iPhone、iPad、Mac の Keynote からプレゼンテーションを開始した場合だけです。


Keynote Live を停止する

ほかの人がプレゼンテーションにアクセスできないようにする場合は、Keynote Live を停止します。

  • iPhone または iPad では、プレゼンテーションを開いた状態で「詳細」ボタン をタップし、「Keynote Live 設定」をタップします。「Keynote Live をオフにする」をタップします。
  • Mac では、プレゼンテーションを開いた状態で、ツールバーの Keynote Live ボタン をクリックします。「Keynote Live をオフにする」をクリックします。
  • iCloud 用 Keynote では、「ツール」ボタン をクリックし、「Keynote Live 設定」を選択します。「Keynote Live をオフにする」をクリックします。

Keynote Live を停止すると、プレゼンテーションへのリンクが機能しなくなります。同じプレゼンテーションに対して Keynote Live を再び有効にすることにした場合は、以前のリンクがまた使えるようになります。

公開日: