Pages、Numbers、Keynote の共同制作について

ほかのユーザと書類を共有してリアルタイムで共同制作しましょう。共同制作は Pages、Numbers、Keynote に組み込まれた機能で、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、iCloud.com (オンライン) で利用できます。

iPhone、iPad、Mac で共同制作するには、iOS 13.1、iPadOS 13.1、macOS Catalina 以降と、Pages、Numbers、Keynote バージョン 10.2 以降を搭載した iPhone、iPad、Mac が必要です。

iCloud.com で Pages、Numbers、Keynote を使ってオンラインで共同制作するには、Safari 9.1.3 以降または Google Chrome (Mac の場合)、Google Chrome または Microsoft Edge (Windows の場合) が必要です。


ほかの人を共同制作に招待する

ほかの人を誘って書類、スプレッドシート、プレゼンテーションを共同制作する場合、iCloud.com のリンクを共同制作の相手に送ります。共有している書類は、最大 100 人で同時に表示および編集できます。

書類の名前が、URL の中で使われます。書類のタイトルやコンテンツが機密情報である場合は、共同制作者がほかの人にリンクを転送しないように徹底してください。

iCloud Drive でフォルダを共有する形でも、ほかの人を誘って Pages、Numbers、Keynote の書類を共同制作できます。フォルダを共有すると、その共有フォルダの中にある Pages、Numbers、Keynote の書類がすべて自動的に、フォルダを共有している全員との共同制作書類になります。 

招待した相手は、共有されている書類を、そのサイズを問わず、開いて表示できます。書類のサイズが 2 GB を上回る場合、招待した相手が編集できるようにしておくには、iPhone、iPad、または Mac の Pages、Numbers、Keynote で書類のサイズを 2 GB 未満に縮小してから、メンバーを招待してください。

iPhone または iPad からほかの人を招待する

  1. デバイスで iCloud にサインインし、Pages、Numbers、Keynote に対して iCloud Drive を有効にします。
  2. 書類を開いて共有するか、または書類マネージャから選んで共有できます。
    • 書類を開いている状態で、ツールバーの「共同制作」ボタン をタップします。
    • 書類マネージャからは、「ブラウズ」をタップして「選択」をタップし、共有したい書類をタップします。「共有」ボタン をタップしてから、「人を追加」をタップします。場合によっては、先に書類をデバイスにダウンロードしておく必要があります。
    • 書類が共有フォルダ内にある場合は、「共同制作」メニューの「共有フォルダを表示」をタップして、招待リストを編集します。
  3. 書類を閲覧または変更できる人を制限するには、「共有オプション」をタップし、オプションを選択します。デフォルトでは、参加を依頼した相手が書類を編集できます。
  4. リンクの送信方法をタップします。
  5. ほかに必要な情報があれば追加し、メッセージを送信または投稿します。

チェックマーク付きの共同制作アイコン が書類の上部に表示されます。このアイコンには、書類を開いている人数 (自分は含まない) も表示されます。

Mac からほかの人を招待する

  1. デバイスで iCloud にサインインし、Pages、Numbers、Keynote に対して iCloud Drive を有効にします。
  2. 共有したい Pages、Numbers、Keynote の書類を開きます。
  3. ツールバーの「共同制作」ボタン をクリックします。書類が共有フォルダ内にある場合は、「共同制作」メニューの「共有フォルダを表示」をクリックします。
  4. 書類を閲覧または変更できる人を制限するには、「共有オプション」をクリックし、オプションを選択します。デフォルトでは、参加を依頼した相手だけが書類を編集できます。
  5. ほかの人を書類の共同制作に招待する方法を選択します。
  6. 「共有」をクリックし、メッセージを送信または投稿します。 

チェックマーク付きの共同制作アイコン が書類の上部に表示されます。このアイコンには、書類を開いている人数 (自分は含まない) も表示されます。

iCloud.com からほかの人を招待する

  1. iCloud.com に Apple ID でサインインし、Pages、Numbers、または Keynote を開きます。
  2. 共有したい書類を開きます。
  3. ツールバーの「共同制作」ボタン をタップまたはクリックします。書類が共有フォルダ内にある場合は、「共同制作」メニューの「共有フォルダを表示」をクリックします。
  4. 書類を閲覧または変更できる人を制限するには、「共有オプション」をクリックします。デフォルトでは、参加を依頼した相手だけが書類を編集できます。
  5. ほかの人を書類の共同制作に招待する方法を選択します。Web アクセスだけで iCloud を利用している場合は、リンクをコピーする必要があります。 
  6. 「共有」をクリックし、メッセージを送信または投稿します。 

チェックマーク付きの共同制作アイコン が書類の上部に表示されます。このアイコンには、書類を開いている人数 (自分は含まない) も表示されます。

書類を制限する

招待した人だけが書類を共同制作できるように制限する場合は、ほかの人にも各自の Apple ID で iCloud または iCloud.com にサインインしてもらう必要があります。

  1. 「共同制作」ボタン をタップまたはクリックします。書類が共有フォルダ内にある場合は、「共同制作」メニューの「共有フォルダを表示」をタップまたはクリックします。
  2. 「共有オプション」を選択し、以下のオプションの中から選択します。
    • 特定の参加者だけが書類にアクセスできるようにする場合は、「参加依頼した人のみ」を選択します。該当する参加者は、共有文書を開けるように、iCloud または iCloud.com に Apple ID でサインインしておく必要があります。Apple ID を持っていない人でも、書類を共有してもらった後で、Apple ID を作成することができます。
    • 共有書類へのリンクを知っている人なら誰でも書類を開けるようにする場合は、「リンクを知っている人は誰でも」を選択します。
    • 書類にアクセスできる人なら誰でも書類を編集し、プリントできるようにする場合は、「変更可能」を選択します。

書類にアクセスできる人が書類の閲覧とプリントはできても、編集はできないようにしたい場合は、「閲覧のみ」を選択します。

共有オプションはいつでも変更できます。共有オプションを変更するには、「共同制作」ボタン をクリックまたはタップし、適宜変更します。

パスワードを設定する

書類にパスワードを適用して、パスワードを知っている人しか書類を開けないようにしておけます。

  • Mac では、「ファイル」>「パスワードを設定」の順に選択して、パスワードとヒントを入力し、「パスワードを設定」をクリックします。
  • iPhone または iPad では、書類を開いた状態で「詳細」ボタン をタップし、「パスワードを設定」をタップします。必要な情報を入力してから、「完了」をタップします。
  • オンライン (iCloud.com) では、「ツール」ボタン をクリックし、「パスワードを設定」をタップします。パスワードとヒントを入力してから、「パスワードを設定」をクリックします。

共有オプションで「あなたが参加依頼した人のみ」を選択した場合は、編集権限を持つメンバーだけが書類のパスワードを追加、変更、削除できます。それ以外の場合は、本人だけがパスワードを変更できます。


共有した書類を共同制作する

ほかの人が編集した内容をリアルタイムで見たり、編集状況を表示または非表示にしたりなど、さまざまなことができます。 

共有されている書類を表示するには、以下の手順を実行してください。

  • iPhone または iPad では、書類マネージャで「最近使った項目」または「最近使った項目」ボタン をタップします。共有している書類が画面の下部に表示されます。
  • iCloud.com では、書類マネージャのサイドバーで「共有」をクリックします。

共有されている書類を編集するときも、Pages、Numbers、Keynote の機能をすべて使えますが、一部例外があります。 

誰が書類の作業中か確認する

誰が書類の共同制作に参加中か確認するには、「共同制作」ボタン をタップまたはクリックします。リストに載っている参加者の名前の横に丸印が表示されている場合、その人が書類を開いています。丸印をタップまたはクリックして、その人が編集中の箇所を見ることができます。

ほかの参加者と情報のやり取りを行いたい場合は、スレッド形式のコメントを使って、Pages、Numbers、Keynote を離れることなく、コメントを追加し、返信できます。

オフライン中に編集する

インターネットに接続されていなくても、共有している書類を編集できます。オフラインで編集した結果は少なくとも 30 日間は保存され、オンラインに戻った時点で自動的に iCloud にアップロードされます。変更内容がアップロードされた時点で、ほかの参加者もその変更点を確認できるようになります。iPhone や iPad の書類マネージャから、または Mac で「表示」>「同期の状態を表示」を選択して、書類の同期の状態を確認できます。

自分で変更した箇所がアップロードされる前に、変更を加えた書類のコピーをほかの人に送るには、iPhone または iPad では詳細ボタン をタップし、Mac では「共有」をクリックし、「コピーを送信」を選択します。ファイル App (iPhone または iPad) または Finder (Mac) から書類を添付した場合は、変更内容は反映されません。オフラインで編集していたオブジェクト、Keynote スライド、Numbers シートを共同制作相手が削除した場合、オンラインに戻り、書類が iCloud と同期された際に、編集結果は書類に反映されません。


書類の共有を停止する

書類を開いて、「共同制作」ボタン >「共有を停止」の順にタップまたはクリックし、「OK」をタップまたはクリックします。

共有をやめると、書類が参加者全員の iCloud Drive から削除されます。書類を後から再び共有する場合、リンクは以前と同じままです。書類の「共有オプション」を「参加依頼した人のみ」に設定している場合は、全員をあらためて招待する必要があります。

共有フォルダ内にある書類の共有をやめる場合は、その書類を共有フォルダに外に移動します。


共同制作ではサポートされていない機能

以下のいずれかの機能を使う必要がある場合は、書類の共有をいったん停止してから適宜変更し、あらためて書類を共有してください。共有をやめると、書類が参加者全員の iCloud Drive から削除されます。書類を「参加依頼した人のみ」に限定している場合は、後から全員をあらためて招待する必要があります。

現時点では、ほかの参加者と共同制作している間は、以下の機能はご利用いただけません。

Pages、Numbers、Keynote

  • 50 MB 超のメディアファイルを追加または編集する1
  • ファイルサイズを減らす (「ファイル」>「ファイルサイズを減らす」)2
  • 表の本体と見出しの間に行と列をドラッグする。
  • スタイルを作成、削除、並べ替える。
  • Ruby でアジア言語で編集する。
  • カスタムのセルフォーマットを作成/編集する。
  • 書類内でフォント (そのフォントが使われている箇所を全部) を置き換える。

Pages

  • 脚注設定を調整する。
  • セクションを挿入、コピー、ペースト、削除、複製、並べ替え、編集する。
  • EndNote の設定を調整する。
  • マスターオブジェクトを追加および編集する。
  • 日付と時刻のスマートフィールドを挿入する。
  • 文書作成書類をページレイアウト書類に変換する/その逆方向に変換する。
  • ページ番号の設定を編集する。 
  • マスターページを追加または編集する。
  • マスターをページに再適用する。

Numbers

  • iPhone または iPad でフォームを作成または編集する。
  • スマートフィールドを挿入する。
  • 表のスタイルをコピーまたはペーストする。
  • 表を転置する。

Keynote

  • スライドのサイズを変更する。
  • テーマを変更する。
  • スライドショーを記録する/以前記録したスライドショーを再生する。 
  • サウンドトラックを追加または編集する。 
  • スライドショーの再生中に発表者ノートを編集する。
  • サウンドトラックを消去する/トラックを削除する。
  • スライドショーの既存の記録を消去する。

iCloud 用の Pages、Numbers、Keynote

iCloud.com で共同制作する場合、現時点では一部の機能を利用できません。

  • Pages 書類で変更をトラッキングしている場合、この書類を開くことはできますが、編集することはできません。
  • Pages、Numbers、Keynote の書類で縦書きテキストを使っている場合、iCloud.com でその書類の画像を見ることはできますが、編集することはできません。
  • グループの中のオブジェクトを編集する

変更をトラッキングしている書類や縦書きの書類は、iPhone、iPad、Mac の Pages、Numbers、Keynote で引き続き編集できます。

1 iCloud.com では、追加できる画像の上限サイズは 10 MB です。

2 共有している書類のサイズを減らすことはできませんが、コピーのサイズは減らせます。


共同制作機能を使えない場合

Pages、Numbers、Keynote で共同制作機能を利用できない場合、iPhone、iPad、または Mac で App をアップデートする必要があると考えられます。常に最新の状態で App を利用できるように、自動ダウンロードを有効にしておいてください。デバイスが古すぎて App をアップデートできない場合でも、Mac や Windows パソコンで iCloud.com を使い、オンラインで共同制作することができます。 

書類のコピーを送りたい場合は、共同制作しなくても送信できます。

  • Mac では、「共有」>「コピーを送信」の順に選択します。
  • iPhone や iPad では、詳細ボタン  >「共有」の順にタップします。 
  • iCloud.com では、「ツール」ボタン >「コピーを送信」の順にクリックします。


関連情報

Box に保存された書類をリアルタイムで共同制作する方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: