macOS Sierra 10.12.1 アップデートについて

macOS Sierra をお使いのすべての方にこのアップデートをお勧めします。

macOS Sierra 10.12.1 アップデートでは、Mac の安定性、互換性、セキュリティが改善されます。すべての方にこのアップデートをお勧めします。このアップデートの内容は以下の通りです。

  • iPhone 7 Plus で被写界深度エフェクトを適用して撮影した写真用の自動スマートアルバムを写真 App に追加
  • iCloud の「デスクトップ」と「書類」を使う際の Microsoft Office との互換性が向上
  • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合にメール App がアップデートされないことがある問題を解決
  • ユニバーサルクリップボードの使用時にテキストが正しくペーストされないことがある問題を解決
  • Apple Watch での自動ロック解除の信頼性を向上
  • Safari のセキュリティと安定性を強化
  • AOL アカウントに対し、メール App で不要なパスワードプロンプトが表示されることがある問題を解決
  • 富士通の ScanSnap スキャニングソフトウェアとの互換性が向上
  • 一部の Canon 製プリンタでのプリント時に起きるフィルタエラーに対処
  • Grapher ファイルを開けなくなる場合がある問題を解決
  • Safari に、Web ページでのフォント表示に関する「これより小さいフォントサイズを使わない」オプションが復活

法人のお客様向けの修正点:

  • ネットワークディスクイメージを作成する際のシステムイメージユーティリティおよび imagetool の信頼性が向上

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、こちらの記事を参照してください。

この macOS アップデートの入手方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: