tvOS 9.2 のセキュリティコンテンツについて

tvOS 9.2 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple では、ユーザ保護の観点から、完全な調査が終了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまではセキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple 製品のセキュリティについては、「Apple 製品のセキュリティ」Web サイトを参照してください。

Apple Product Security PGP キーについては、こちらの記事を参照してください。

CVE ID を使って脆弱性を調べることもできます。

その他のセキュリティアップデートについては、こちらの記事を参照してください。

tvOS 9.2

  • FontParser

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:悪意を持って作成された PDF ファイルを開くと、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

    説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1740:Trend Micro の Zero Day Initiative (ZDI) に協力する HappilyCoded (ant4g0nist および r3dsm0k3)

  • HTTPProtocol

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:リモートの攻撃者によって任意のコードが実行される可能性がある。

    説明:1.6.0 より前のバージョンの nghttp2 に複数の脆弱性があります。これらの脆弱性に起因するもっとも重大な問題として、リモートコードを実行される可能性があります。この問題は、nghttp2 をバージョン 1.6.0 にアップデートすることで解消されました。

    CVE-ID

    CVE-2015-8659

  • IOHIDFamily

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:アプリケーションが、カーネルメモリのレイアウトを判断できる可能性がある。

    説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1748:Brandon Azad 氏

  • カーネル

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

    説明:メモリ管理を強化し、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1750:CESG

  • カーネル

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

    説明:入力検証を強化し、複数の整数オーバーフローに対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1753:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Trend Micro の Juwei Lin 氏

  • カーネル

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:アプリケーションがコード署名を回避できる可能性がある。

    説明:アクセス権の問題があり、実行権限が間違って付与されていました。この問題は、アクセス権の検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1751:Square Mobile Security の Eric Monti 氏

  • カーネル

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

    説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1754:Qihoo 360 Vulcan Team の Lufeng Li 氏

    CVE-2016-1755:Google Project Zero の Ian Beer 氏

  • カーネル

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:アプリケーションから、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

    説明:検証を強化し、サービス運用妨害の問題に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1752:CESG

  • libxml2

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:悪意を持って作成された XML を処理すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

    説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2015-1819

    CVE-2015-5312:Google の David Drysdale 氏

    CVE-2015-7499

    CVE-2015-7500:Google の Kostya Serebryany 氏

    CVE-2015-7942:Google の Kostya Serebryany 氏

    CVE-2015-8035:gustavo.grieco 氏

    CVE-2015-8242:Hugh Davenport 氏

    CVE-2016-1762

  • セキュリティ

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:悪意を持って作成された証明書を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

    説明:ASN.1 デコーダーにメモリ破損の脆弱性が存在します。この問題は、入力検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1950:Quarkslab の Francis Gabriel 氏

  • TrueTypeScaler

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

    説明:フォントファイルの処理に、メモリ破損の脆弱性が存在します。この問題は、入力検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1775:Trend Micro の Zero Day Initiative (ZDI) に協力する 0x1byte 氏

  • WebKit

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

    説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1783:Google の Mihai Parparita 氏

  • WebKit の履歴

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、Safari が予期せずクラッシュする可能性がある。

    説明:入力検証を強化し、リソース枯渇の問題に対処しました。

    CVE-ID

    CVE-2016-1784:Trend Micro の Moony Li 氏および Jack Tang 氏、无声信息技术 PKAV Team (PKAV.net) の 李普君氏

  • Wi-Fi

    対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

    影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者により、任意のコードを実行される可能性がある。

    説明:特定の ethertype に、フレーム検証とメモリ破損の脆弱性が存在します。この問題は、ethertype の検証を追加し、メモリ処理を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2016-0801:匿名の研究者

    CVE-2016-0802:匿名の研究者

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: