Apple TV の iBooks StoryTime でお話を読んでもらう

iBooks StoryTime では、家族そろって児童書の名作をこれまでとは違った形で楽しみ、新しいお気に入りを探せます。ぜひ Apple TV の大画面で音声読み上げブックをお楽しみください。

 

iBooks StoryTime では、家族そろって児童書の名作をこれまでとは違った形で楽しみ、新しいお気に入りを探せます。きれいな挿絵を Apple TV に映し出しながら物語を読み上げてくれるので、子どもたちも大好きなお話に夢中になることでしょう。選りすぐりの作品をご用意しています。

iBooks Storytime を使うには、以下の準備が必要です。

  • お支払い方法が設定されている Apple ID
  • 最新バージョンの tvOS を搭載した Apple TV (第 4 世代)

準備ができたら、Apple TV の App Store から iBooks StoryTime をダウンロードしてください。

StoryTime App からブックをダウンロードする

  1. Apple TV で iBooks StoryTime App を開きます。
  2. Apple TV のリモコンを上にスワイプしてメニューを開きます。
  3. メニューから「おすすめのブック」を選択します。
  4. ダウンロードしたいブックを選択します。
  5. サンプルを読んでみたい場合は「プレビュー」を選択します。 
  6. ブックが無料の場合は、「入手」を選択するとダウンロードが始まります。
    ブックに代金が表示されている場合は、「購入する」を選択してブックを購入します。場合によって、Apple ID でサインインする必要があります。
  7. 「入手」または「購入する」を選択します。
  8. ダウンロードが終わると、物語の読み上げが始まります。

iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコンの iBooks Store または iTunes Store から音声読み上げブックを購入して、Apple TV の StoryTime で読むこともできます。StoryTime で読めるのは、読み上げ機能に対応したブックだけです。App Store から単体の App として購入したブックは、StoryTime では読めません。

ファミリー共有を設定している場合は、自分や家族が購入した音声読み上げブックが iBooks StoryTime の「マイブック」セクションに表示されます。

ブックを読む

ダウンロードが終わったブックは、「マイブック」セクションに追加されます。「マイブック」のブックを読むには、そのブックを選択します。すでに読み始めていて、まだ読み終わっていない場合、途中でやめたところから読み上げてくれます。StoryTime が読んでくれている間、読み上げられている単語が次々とハイライトされていき*、ページも自動でめくってくれます。Apple TV のリモコンをスワイプすれば、先に進んだりページを戻したりすることができます。 

フルスクリーン表示に切り替えるには、「設定」>「App」>「iBooks StoryTime」>「フルスクリーン」を「オン」にします。

ハイライト表示には一部のブックのみ対応しています。対応状況は、出版元によって異なります。

ナレーションの読み上げを一時停止または停止する

途中で一息入れたい場合は、再生/一時停止ボタンをクリックすれば、ナレーションを停止/再開できます。

自由に読み進められるように、ナレーションの読み上げ機能をオフにする場合は、ブックを一時停止してから Apple Remote を下にスワイプし、「オフ」を選択します。

ライブラリでブックを非表示にする

iBooks StoryTime の「マイブック」セクションでブックを非表示にする場合は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコンでブックを非表示にします。別のデバイスでブックを非表示にしたり再表示したりすると、Apple TV の iBooks StoryTime の「マイブック」セクションでもそのブックが非表示になったり再表示されたりします。

お使いのすべてのデバイスで iBooks ライブラリを管理する方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: