写真がなくなった場合の対処法

写真 App から写真やビデオがなくなった場合は、以下のヒントを参考に探してみてください。

     

「最近削除した項目」フォルダを調べる

写真またはビデオを間違えて削除してしまい、「最近削除した項目」フォルダに入っている場合があります。

「写真」>「アルバム」>「最近削除した項目」の順にタップしてください。なくなった写真が見つかったら、「すべての写真」アルバムに戻すことができます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「選択」をタップします。
  2. 写真またはビデオを選択 >「復元」をタップします。
  3. 写真を復元することを確定します。

Mac の場合:

  1. 写真またはビデオをクリックします。
  2. 「復元」をクリックします。

「最近削除した項目」フォルダの中身は 30 日間保管されます。それ以上経過したものは、そこからも完全に削除されます。 

     

iCloud フォトライブラリが有効になっているか確認する

iCloud フォトライブラリは写真やビデオをすべて安全に iCloud に保管してくれるので、どのデバイスからでも写真やビデオを見ることができます。iPhone で撮った写真がほかのデバイスに表示されない場合は、設定を確認してください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「写真」をタップします。
  3. 「iCloud フォトライブラリ」をオンにします。

Mac の場合:

  1. 「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「写真」の横の「オプション」をクリックします。 
  3. 「iCloud フォトライブラリ」を選択します。

iCloud フォトライブラリを有効にした後で、Wi-Fi に接続してしばらく待ってから、写真をもう一度探してください。

iTunes を使ってデバイスに追加した写真は、iCloud での同期の対象になりません。iTunes から追加した写真がある場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

     

同じ Apple ID でサインインする

すべてのデバイスに最新の写真とビデオが反映されるようにするには、必ずすべてのデバイスで同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしてください。

デバイスでどの Apple ID が使われているかは、「設定」またはシステム環境設定で確認できます。名前とメールアドレスが表示されます。メールアドレスが Apple ID です。

写真を再表示する

「モーメント」「年別」「コレクション」表示で写真やビデオを非表示にしている場合、それらは「非表示」アルバムの中にしか表示されません。「非表示」アルバムの中から写真やビデオを再表示することができます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 写真 App を開いて「アルバム」タブを表示します。
  2. 「非表示」アルバムをタップします。
  3. 再表示したい写真またはビデオを選択します。
  4. >「再表示」の順にタップします。

Mac の場合:

  1. 写真 App を開いて、メニューバーから「表示」>「非表示アルバムを表示」の順にクリックします。
  2. 「アルバム」表示を開いて、「非表示」フォトアルバムを開きます。
  3. 再表示したい写真またはビデオを選択します。
  4. 「control」キーを押しながら写真をクリックします。
  5. 「写真の非表示を解除」をクリックします。

iCloud フォトライブラリをお使いの場合、1 台のデバイスで非表示にした写真は、ほかのデバイスでも非表示になります。

関連情報

  • 写真やビデオをアルバムにまとめて整理している場合、その写真やビデオを写真 App から削除すると、アルバムも含め、すべての場所から削除されます。
  • メッセージ App でカメラアイコンをタップしたままにしてセルフィーを撮ると、その写真はメッセージ App に残り、写真 App には移動しません。メッセージ App から保存すれば、セルフィーをコレクションに追加できます。
  • iCloud フォトライブラリまたは写真の管理についてサポートが必要な場合は、こちらの記事を参照してください。
公開日: