iPhone、iPad、iPod touch、Mac でメモをロックする

金融情報、医療情報、Web サイトのログイン情報などの重要な個人データを含むメモを、パスワード、指紋認証、さらには顔認証で保護できます。

Mac、iPad、iPhone に「beach vacation」のメモが表示されているところ

メモ App では、ご自分のデバイスを使う可能性があるほかの人に見られたくないメモをロックしておけます。お使いのすべてのデバイスで、保護したいすべてのメモに対して、1 つのパスワードが使われます。Touch ID に対応した iPhone、iPad、Mac* をお使いの場合は、ロックされたメモを指紋を使って開くことができます。iPhone X では、Face ID を使えます。

管理対象 Apple ID で iCloud にサインインしている場合は、メモをロックできません。

始める前に


メモのパスワードを設定する

メモをロックするには、その前に、覚えておけるパスワードを作成します。必ずパスワードのヒントを用意しておいてください。パスワードを忘れてしまった場合、Apple でリセットのお手伝いをすることはできません

複数の Apple デバイスで iCloud のメモにアクセスする場合は、すべてのメモのロックとロック解除に同一のメモ用パスワードを使います。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

デバイスの「設定」画面か、メモ App の中で直接、パスワードを作成できます。その後、「Touch ID を使用」または「Face ID を使用」をオンにすると、保護したメモのロックを指紋認証や顔認証で解除できるようになります。

「設定」画面でパスワードを作成する

  1. 「設定」>「メモ」の順にタップします。
  2. 「パスワード」をタップします。
  3. パスワードを入力し、パスワードのヒントを指定します。
  4. 「完了」をタップします。

メモ App でパスワードを作成する

  1. ロックしたいメモを開きます。
  2. 共有アイコン >「メモをロック」の順にタップします。
  3. パスワードを入力し、パスワードのヒントを指定します。
  4. 「完了」をタップします。

 

メモをロックすると、お使いのすべてのデバイスでそのメモが自動的にパスワードで保護されるようになります。Touch ID や Face ID でメモのロックを解除したい場合は、お使いのデバイスでパスワードを入力してから、Touch ID または Face ID を有効にする必要があります。

Mac の場合

Mac では、メモ App の中で直接パスワードを作成できます。メニューバーから、「メモ」>「パスワードを設定」の順にクリックします。パスワードを入力し、パスワードのヒントを指定して、「パスワードを設定」をクリックします。


メモのパスワード保護機能を使う

メモに画像、スケッチ、地図、スキャンした書類が添付されていても、重要な情報が羅列してあっても、いたってシンプルにパスワード保護機能で安全に保管できます。保護したメモを見る必要がある場合、「メモ」のリストで直接、メモがロックされているかどうか見分けることができます。メモの横に が表示されているかどうかで判別できます。パスワードを入力するか、Touch ID や Face ID を使うまで、タイトルと最終編集日だけが表示されます。

 

iPhone で「beach vacation」のメモに AirDrop オプションが表示されているところ

メモをロックする

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. ロックするメモを開きます。
  2. 共有アイコン をタップします。
  3. 「メモをロック」を選択します。

メモをロックした後、そのメモは開いたままになり、画面の上部に ロックが解除されたメモのアイコン が表示されます。 をタップして、メモの内容を非表示にすることができます。

Mac の場合:

  1. ロックするメモを開きます。
  2. をクリックします。
  3. 「メモをロック」を選択します。

iPhone でメモを表示するためのパスワードの入力画面

ロックされたメモを開く

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. ロックされたメモをタップします。
  2. 「メモを表示」をタップします。
  3. Touch ID を使うか、パスワードを入力します。

Mac および iCloud.com の場合:

  1. ロックされたメモをクリックします。
  2. Touch ID を使うか、パスワードを入力します。

ロックされたメモが数分間開いたままになるので、別のメモにも切り替えやすく、ほかの App から情報をコピーしてペーストするといった作業も、簡単にこなせます。メモ App を閉じるか、デバイスがスリープ状態になると、メモは再びロックされます。

iPhone で「beach vacation」のメモに AirDrop オプションが表示されているところ

ロックを解除する

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. ロックされたメモをタップします。
  2. パスワードを入力するか、Touch ID または Face ID を使います。
  3. 共有アイコン をタップします。
  4. 「ロックを削除」を選択します。

Mac の場合:

  1. ロックされたメモをクリックします。
  2. パスワードを入力するか、Touch ID を使います。
  3. をクリックします。
  4. 「ロックを削除」を選択します。

メモのロックを解除すると、同じ Apple ID でサインインしているすべてのデバイスで同様に解除されます。

ロックできるのは、デバイス上のメモと iCloud にあるメモだけです。PDF、オーディオ、ビデオ、Keynote、Pages、Numbers の書類が挿入されたメモや、IMAP を使って同期されているメモ (Yahoo!、Gmail、Hotmail など) はロックできません。ほかの人と共有しているメモはパスワードで保護できません。メモの共有を停止するには、 を開いて、「共有を停止」をタップまたはクリックします。


パスワードを変更する

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「メモ」>「パスワード」の順にタップします。
  2. 「パスワードを変更」をタップします。
  3. 変更前のパスワードを入力し、新しいパスワードとそのヒントを入力します。

Mac の場合:

  1. メモ App を開きます。
  2. メニューバーから、「メモ」>「環境設定」>「パスワードを変更」の順に選択します。
  3. 変更前のパスワードを入力し、新しいパスワードとそのヒントを入力します。
  4. 「パスワードを変更」をクリックします。


メモ用パスワードを忘れた場合

パスワードのロックは、ロックに使われているパスワードを入力しなければ解除できません。パスワードを忘れた場合、ロックされたメモへのアクセス復旧を Apple でお手伝いすることはできません。

パスワードはリセットできますが、それ以前に保護されたメモにアクセスできるようにはなりません。ただし、新しいパスワードを設定した時点以降に作成したメモのパスワード保護が可能になります。結果的に、複数のメモが違うパスワードで保護された状態になります。

複数のパスワードを使う場合、「メモ」のリストでメモを表示したときに、どのパスワードを使えばよいか見分けることはできません。以前のパスワードでロックされたメモを開いて、現在のパスワードを入力した場合、入力したパスワードが間違っているという警告が、古いパスワードのヒントを添えて表示されます。以前のパスワードを正しく入力すると、そのメモのパスワードを現在のものにアップデートするオプションが表示されます。


メモ用パスワードをリセットする

メモ用のパスワードをリセットしても、その時点ですでにロックされているメモのパスワードは削除または変更されません。古いパスワードを使っているメモがある場合、新しいパスワードにアップデートできます。古いパスワードを入力し、古いパスワードを削除してから、新しいパスワードをメモに適用してください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「メモ」>「パスワード」の順にタップします。
  2. 「パスワードをリセット」をタップします。
  3. Apple ID のパスワードを入力します。
  4. 「パスワードをリセット」をもう一度タップします。
  5. 新しいパスワードとそのヒントを入力します。

Mac の場合:

  1. メモ App を開きます。
  2. メニューバーから、「メモ」>「環境設定」>「パスワードをリセット」>「OK」の順に選択します。
  3. Apple ID のパスワードを入力します。
  4. 「パスワードをリセット」をクリックします。
  5. 新しいパスワードとそのヒントを入力します。
     

* Touch ID を使えるのは、Touch Bar を搭載した Mac だけです。

公開日: