iPhone、iPad、iPod touch でメモを使う

メモ App は、思いついたことを書き留める、チェックリストを作成する、アイデアをスケッチにまとめるなど、さまざまな用途に使えます。さらに iCloud を活用すれば、お使いのすべてのデバイスで最新のメモを共有できます。

まずはじめに

  • iPhone、iPad、iPod touch に最新バージョンの iOS をインストールしておいてください。
  • メモの最新機能を使うには、メモ App を iCloud で使えるように設定するか、またはメモをデバイス本体に保存してください。ほかのメールプロバイダでは、メモの機能を使えない場合があります。

新しいメモを作成する

メモ App の中で直接新しいメモを作成できます。または、Siri に作成を頼むこともできます。

メモを作成する

ホーム画面からメモ App を開きます。新しいメモのアイコン をタップして、メモを入力します。終わったら「完了」をタップします。メモの 1 行目がタイトルになります。

Siri にメモを作ってもらう

すばやくメモを取りたいときは、Siri に「新しいメモを作って」と頼んでください。続いて、何をメモしてほしいのか Siri に伝えます。

 

メモを削除する/ピンで固定する

メモを削除するには、削除アイコン をタップするか、メモのリストで削除するメモを左にスワイプしてから「削除」をタップします。

削除したメモを復活させるには、「フォルダ」リストを表示して、「最近削除した項目」をタップします。残しておきたいメモをタップして、メモの中をタップし、「復元」をタップします。

メモをピンで固定するには、そのメモを右にスワイプさせて指を放します。メモをはじめてピンで固定した場合は、メモリストの一番上にピンのアイコンが表示されます。メモのピンを外すには、そのメモを再び右にスワイプします。

メモを使いこなす

メモ App を使えば、書類をスキャンして署名したり、チェックリストを作ったり、ファイルを添付したり、写真やビデオを挿入したり、スケッチしたりできます。

チェックリストを作成する

チェックリストを作成するには、メモの中をタップしてから をタップします。リストの項目を入力します。白抜きの円をタップすれば、そのタスクが実行済みになります。

メモの書式を指定する

表、タイトル、見出し、箇条書きリストを追加するには、メモの中をタップしてから または をタップします。iPhone または iPod touch では、終わったら「完了」をタップします。iPad では「完了」をタップする必要はありません。

 

ファイルを添付する

別の App から何か追加するには (マップ上の位置情報や Safari の Web サイトなど)、情報の共有元の App で 共有アイコン をタップします。「メモに追加」>「メモを選択」の順にタップして、添付先のメモを選択し、「保存」をタップします。新しいメモや既存のメモにファイルを添付できます。

写真やビデオを追加する

写真やビデオを追加するには、メモの中をタップしてから をタップします。「フォトライブラリ」をタップして既存の写真やビデオを追加したり、「写真またはビデオを撮る」をタップして新しいものを追加できます。終わったら、「完了」をタップするか、「写真を使用」または「ビデオを使用」をタップします。

 


メモにスケッチする

指先 1 つでアイデアやプランをメモにスケッチできます。用意されている描画ツールや色の中から選択したり、定規を使って直線を引いたりすることができます。Apple Pencil を使ってメモ App でスケッチする方法については、こちらの記事を参照してください*

新しいインラインスケッチを描き始めるには、以下の手順を実行してください。

  1. メモの中で をタップします。
  2. 色と、スケッチに使うツールを選択します。鉛筆、マーカー、ペンを使えます。
  3. 終わったら「完了」をタップします。

間違えたら、消しゴムをタップし、消したい部分をタップします。間違って消してしまった場合は、「取り消し」アイコンをタップします。

新しいスケッチを描いて添付ファイルとして追加するには、以下の手順を実行してください。

  1. メモの中で をタップします。
  2. 「スケッチを追加」をタップします。
  3. 色と、スケッチに使うツールを選択します。鉛筆、マーカー、ペンを使えます。
  4. 終わったら「完了」をタップします。

間違えたら、消しゴムをタップし、消したい部分をタップします。スケッチしたものを全部消したいときは、消しゴムを長押しして、「すべてを消去」をタップします。間違って消してしまった場合は、「取り消し」アイコンをタップします。

* Apple Pencil が iPad に接続されている場合、描画には Apple Pencil だけが使われ、指を使ってスクロールできます。この設定を変更するには、「設定」>「メモ」>「Apple Pencil のみで描画」の順に選択してください。

メモや添付ファイルを検索する

特定のメモを検索するには、メモのリストの先頭にスクロールして「検索」フィールドをタップし、検索したい内容を入力します。

添付ファイルを検索することもできます。左下隅の 添付ファイルブラウザのアイコン をタップすると、メモに追加した写真、ビデオ、スケッチ、スキャン、Web サイト、書類が表示されます。添付ファイルが挿入されたメモを開くには、添付ファイルのサムネールを長押しして、「メモで表示」をタップします。

メモ App で書類をスキャンする

iOS 11 以降では、メモ App で書類をスキャンできます。書類に署名を追加したり、手書きで署名することもできます。iPad Pro や iPad (第 6 世代) なら、署名を追加するほか、Apple Pencil で書類に署名できます。

書類をスキャンするには、以下の手順を実行してください。

  1. メモを開くか、新しいメモを作成します。
  2. をタップし、「書類をスキャン」をタップします。
  3. デバイスのカメラのファインダーに書類を収めます。
  4. デバイスが「自動」モードのときは、書類が自動的にスキャンされます。手動でスキャンする必要があるときは、 をタップするか、音量調節ボタンのいずれかを押します。
  5. 四隅の丸印をそれぞれドラッグして、ページがスキャン範囲にぴったり収まるように調整し、「スキャンを保持」をタップします。
  6. さらに書類のスキャンを続けるか、スキャンし終わったら「保存」をタップします。

書類に署名するには、以下の手順を実行してください。

  1. メモの中の書類をタップします。
  2. 共有アイコン をタップし、「マークアップ」をタップします。
  3. 署名を追加するには、 をタップし、 をタップします。書類に手書きで署名するには、ツールを選択して、指先か、または iPad Pro や iPad (第 6 世代) をお使いの場合は Apple Pencil を使って署名します。

ロック画面からインスタントメモを作成する

iPad Pro や iPad (第 6 世代) なら、Apple Pencil を使って、ロック画面からインスタントメモを作成したり、最後に書いていたメモの続きを書き始めたりすることができます。関連する設定を変更しておくには、「設定」>「メモ」の順に選択し、「ロック画面からメモにアクセス」をタップして、オプションを選択します。

Apple Pencil でロック画面をタップするだけで、メモを作成できます。書いた内容は自動的にメモ App に保存されます。


メモを整理する

メモを整理整頓しておくため、作成日、編集日、またはタイトル順に並べ替えることができます。メモを別のフォルダに保存することもできます。

メモのリストを並べ替えるには、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「メモ」の順にタップします。
  2. 「メモの表示順序」をタップします。
  3. メモの並べ替え方法を選択します。

新しいフォルダを作成するには、以下の手順を実行してください。

  1. メモのリストの中を表示している場合は、戻る矢印 をタップして「フォルダ」リストを表示します。
  2. 「フォルダ」リストで、「新規フォルダ」をタップします。
  3. フォルダの追加先を選択します。
  4. フォルダの名前を入力して「保存」をタップします。

メモを別のフォルダに移動するには、以下の手順を実行してください。

  1. メモの中にいる場合は、戻る矢印 をタップして、メモリストを表示します。
  2. メモのリストで「編集」をタップします。
  3. 移動したいメモをタップします。 
  4. 「移動」をタップして、移動先のフォルダを選択します。

メモを共有する

メモをだれかと共有するには、そのメモの上部にある 共有アイコン をタップして、送信方法を選択します。

メモに一緒に取り組んでくれるようにほかの人を誘い、買い物リストやプロジェクトのメモ、旅のプランなど、共同で作成することもできます。ほかの人と一緒に 1 つのメモに書き込む方法については、こちらの記事を参照してください。

メモを安全に保管する

メモ App では、自分のデバイスを使う可能性があるほかの人に見られたくないメモをロックしておけます。お使いのすべてのデバイスで、保護したいすべてのメモに対して、1 つのパスワードが使われます。iPhone または iPad で Touch ID をお使いの場合は、ロックされたメモを指紋を使って開くことができます。メモをパスワードで保護する方法については、こちらの記事を参照してください。

iCloud でメモを設定する

iCloud を使えば、すべてのデバイスで常にメモの最新情報を確認できます。iCloud でメモを使えるように設定するには、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順にタップし、「メモ」をオンにします。お使いの Apple 製デバイスのうち、同じ Apple ID でサインインしているすべてのデバイスで、メモが表示されるようになります。

関連情報

  • Mac でメモを使う方法をこちらの記事でご確認ください。
  • メモ App にメモやファイルを読み込む方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: