古い Apple Remote で Apple TV 4K や Apple TV (第 4 世代) が操作されないようにする

必要なデバイスだけを操作できるように Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) を設定する方法を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

古いリモコンで Apple TV 4K や Apple TV (第 4 世代) が操作されないようにする

Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) を使って、Apple TV 4K や Apple TV (第 4 世代) と同じ空間にある旧型の Apple TV や Mac を操作している場合、Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) にすべてのデバイスが反応してしまうことがあります。 

Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) に Apple TV 4K や Apple TV (第 4 世代) が反応しないようにするには、以下の手順で対処してください。

  1. Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) を Apple TV (第 2 または第 3 世代) または Mac に向けます。
  2. 「MENU」ボタンと「左」ボタンを同時に 6 秒間長押しします。
  3. Apple TV (第 2 または第 3 世代) または Mac を電源から外しておきます。そうしておけば、これらのデバイスに対するリモコンとしての働きが無効にならずに済みます。
  4. Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) を Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) に向けます。
  5. 「MENU」ボタンと「右」ボタンを同時に 6 秒間長押しします。 
  6. Apple TV の LED が点滅し始めるまで、「MENU」ボタンと「選択」ボタンを同時に押し続けます。
  7. リモコンを使って Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) を操作してみます。Apple TV を操作できてしまった場合は、手順 5 と 6 を繰り返します。
  8. ほかのデバイスを電源につなぎ、そちらは正常に動作するか確かめます。Apple TV (第 4 世代) はリモコンで操作できなくなっているはずです。

リモコンを無効にした後も、ほかのデバイスをリモコンで操作すると、Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) の LED が依然として点滅します。 

Apple TV 4K や Apple TV (第 4 世代) を古いリモコンで再び操作する

Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) で Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) を再び操作できるようにする場合は、以下の手順で設定できます。

  1. 同じ空間にある Apple TV (第 2 または第 3 世代) または Mac のリモコンとしての働きが無効にならないように、それらのデバイスは電源から外しておきます。
  2. Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) を Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) に向けます。
  3. 「MENU」ボタンと「左」ボタンを同時に 6 秒間長押しします。
  4. リモコンを使って Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) を操作してみます。操作できない場合は、手順 3 を繰り返します。
  5. ほかのデバイスを電源につなぎ、リモコンで操作できるか確かめます。
公開日: