加盟店における Apple Pay トレーニング

Apple Pay の導入が決まったら、スムーズにお客様対応ができるよう、あらかじめ準備をしておきましょう。        

店員トレーニングの準備をする

自分のお店が Apple Pay に対応していること (まだ対応していない場合は、いつ対応を開始する予定なのか) を店員全員が把握している必要があります。以下を参考にして、Apple Pay とは何か、店内で Apple Pay をどのように扱えばよいのかを店員に周知徹底させましょう。

お店について

店内の支払いプロセスや POS システムのどの部分でお客様に Apple Pay をお使いいただくのかを店員に周知徹底させます。

  • 決済端末での Apple Pay の使い方 (iPhone や Apple Watch をどこにかざせばよいかなど) を店員に説明しておきます。
  • Apple Pay の支払いを処理する時に店員が操作するボタンやキーを確認しておきます。
  • お客様に決済端末のボタンを押していただく必要がある場合は、それがどのボタンなのかを確認しておきます。たとえば、お客様側の操作として、端末上でデビットまたはクレジットを選択してから iPhone をリーダーにかざすという手順を踏んでいただく必要があるかもしれません。 
  • 店内の決済処理の流れと、そのどの部分に Apple Pay が関わってくるのかを説明しておきます。たとえば、合計額を計算してからでないと Apple Pay を使えないようになっている場合は、どのタイミングでお客様に Apple Pay の支払い操作をしていただくのかを店員が理解しておく必要があります。
  • お店のポイントカードやショップカードを Apple Pay に統合している場合は、どういう流れでそれを処理すればよいのかを大まかに説明しておきます。お客様がご自分のポイントカードにポイントをつけてほしい、あるいは貯まったポイントを使いたいとおっしゃった時、店員がそれにきちんと対応できるようにしておく必要があります。
  • お店の方針として購入額が一定額を超えると署名が必要になると決められている場合は、それについて詳しく説明しておきます。(Apple Pay そのものには利用限度額はありません)。
  • デビットカード決済にも PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があることを説明しておきます。
  • Apple Pay で支払われた商品の返品方法について説明しておきます。
  • お客様が POS で Apple Pay をお使いになろうとしてうまくいかなかった場合、店員は誰に相談すべきなのかをはっきりさせておきます。

Apple Pay について

まずこちらの短い案内ビデオを店員に見せ、お客様が Apple Pay (に登録してあるクレジットカードやプリペイドカード) を使って支払いをされる時の大まかな流れを把握してもらいます。このほかにも Apple Pay について理解を深める方法はあります。以下、そのうちのいくつかをご参考までにご紹介します。

  • 自分のお店で Apple Pay を実際に使ってみて、その様子を写真やビデオに撮影し、トレーニング教材として活用しましょう。
  • 世界各国 (日本と中国を除く) で Apple Pay を使う方法についてはこちらを参照してください。日本で Apple Pay を使う方法はこちら、中国で Apple Pay を使う方法はこちらを参照してください。
  • iPhone や Apple Watch に Apple Pay を設定する方法については、こちらの記事を参照してください。Apple Pay の設定がいかに簡単かをわかりやすくまとめた短いビデオを独自に作成してみるのもよいでしょう。
  • 自分のデバイスに Apple Pay を設定して実際に使ってみます。また、できれば店員にも各自のデバイスに Apple Pay を設定して使ってみるよう指導します。 
  • 実際の接客時に店員がスムーズに対応できるよう、お客様から聞かれる可能性がある質問や会話のシナリオをあらかじめ文書にまとめておきましょう。

ベストプラクティス

決済端末やタッチパネルの近くに Apple Pay のマークをよく見えるように掲示して、お店が Apple Pay に対応していることをお客様にお知らせします。

   

Apple Pay マークの入手方法については、こちらを参照してください。

ショップカードやポイントカードを使う

Apple Pay はショップカードやポイントカードにも対応しているので、お客様は簡単に、安全に、ご自分のプライバシーを守りながら、ショップカードやポイントプログラムの特典を享受できます。自分のお店でショップカードやポイントカードを Apple Pay で使えるようにするにはどうすればよいかわからない場合は、こちらからお問い合わせください。

注:日本の Apple Pay はポイントカードやショップカードには対応していません。

すでに自分のお店でショップカードやポイントカードを Apple Pay で使えるようにしてある場合は、以下の点を確認しておきましょう。

ショップカード

  • ショップカードを Apple Pay に追加するにはどうすればよいかとお客様から聞かれた場合は、クレジットカードと同じ要領で Apple Pay に追加できることをご説明します。 
  • iPhone などのデバイスをお店の決済端末のリーダーにかざせばレシートがなくても返品処理できるようにしている場合は、返品時のショップカードの扱い方について店員に周知徹底させておきましょう。 
  • ショップカードでポイント、スペシャルローン、あるいはその他の特典を提供している場合は、そうした特典が Apple Pay で取り扱い可能かどうか確認しておいてください。取り扱いが可能な特典については店員に周知徹底させておきましょう。

ポイントカード

  • ポイントカードを Apple Pay に追加するにはどうすればよいかとお客様から聞かれた場合は、お店専用の App から「Apple Wallet に追加」ボタンを選択して追加するのが最も一般的な方法であることをご説明します。
  • お客様がポイントカードを使ってポイントを貯めたりポイントプログラムの特典と引き換えたりした上で Apple Pay で支払いをしたいとおっしゃった場合、それをどのように処理したらよいか店員に周知徹底させておきましょう。

ポイントカードの使い方については、こちら (英語) を参考にしてください。

関連情報

  • Apple Pay 全般についてはこちらを参照してください。
  • iPhone、iPad、Apple Watch で Apple Pay を設定する方法についてはこちらを参照してください。
  • Apple Pay のセキュリティとプライバシーについてはこちらを参照してください。
  • Apple Pay についてお客様からよくある質問についてはこちらを参照してください。
  • Apple Pay について加盟店様 (または加盟をご検討中の小売店様や Web/App 開発者様) からよくある質問についてはこちらを参照してください。
公開日: