自分のお店で Apple Pay を使えるようにするには

ご自分のお店でお客様に Apple Pay をお使いいただけるようにするための対応や準備についてご案内します。

まず用意するもの

加盟店売上明細書や決済端末で、日々のクレジットカード/デビットカード決済に使用している下記の加盟店契約情報を調べます。

  • 加盟店契約会社または ISO (Independent Sales Organizations)
  • 決済代行業者 (決済代行業者と加盟店契約会社が同じ場合もあります。たとえば、売り上げの多い加盟店や店舗が複数ある加盟店は、通常、決済代行業者の営業部が対応しています)
  • 加盟店契約番号または加盟店 ID (MID)
  • 加盟店売上明細書や POS 端末に記載されている問い合わせ窓口の電話番号
  • POS 端末のメーカーとモデル

上記の情報をどこで調べればよいかわからない場合は、こちらを参照してください。

加盟店契約会社に電話をして、Apple Pay を使えるようにできるかどうか確認する

上記の情報がそろったら、売上明細書や決済端末に記載されている問い合わせ窓口に電話をして、Apple Pay を使えるようにするにはどうすればよいか問い合わせます。現在使っている決済端末が NFC 対応かどうか、ご自分のお店で Apple Pay を使えるようにできるかどうかを必ず確認してください。その上で以下のようにします。

決済端末が NFC に対応していて、適切なソフトウェアがインストールされている場合

適切なソフトウェアがインストールされている場合でも、各決済ネットワーク (VISA、Mastercard、Amex、Discover) に対応しているか、クレジットカード/デビットカードを処理可能かどうかを確認してください。

決済端末は NFC に対応しているが、ソフトウェアをアップデートしないと Apple Pay を使えない場合

加盟店契約会社が決済端末を自動的にアップデートしてくれている場合もあれば、店舗側で決済端末からアップデートしなければならない場合もあります。加盟店契約会社に問い合わせの上、主要な各決済ネットワークに対応できるよう決済端末をアップデートしたい旨を伝えてください。

一例として、一部の決済端末や決済ネットワークの Apple Pay 対応条件を以下に紹介します。お使いの決済端末に対する現行の条件については、加盟店契約会社にお問い合わせください。

American Express

  • ソフトウェア:ExpressPay
  • 非接触型決済の仕様:3.0
  • EMV 仕様:3.0

Discover

  • ソフトウェア:D-PAS
  • 非接触型決済の仕様:1.0
  • EMV 仕様:カーネル 6 (どのバージョンでも可)

Mastercard

  • ソフトウェア:PayPass
  • 非接触型決済の仕様:3.0
  • EMV 仕様:3.0

VISA

  • ソフトウェア:PayWave
  • 非接触型決済の仕様:VCPS 2.1.1
  • EMV 仕様:カーネル 3 (どのバージョンでも可)
     

上記は、RBA/UIA v12.x (非接触型決済) および RBA v 15.1.2 (EMV) 以降を搭載した Ingenico Telium 端末を使用している場合の例です。必要な決済端末とネットワークソフトウェアのバージョンは、決済端末のメーカーによって異なります。確実な情報を入手するには、お取引先の加盟店契約会社にお問い合わせください。

決済端末が NFC に対応しておらず、Apple Pay を使えるようにするには別の決済端末に交換する必要がある場合

加盟店契約会社が決済端末の無償アップグレードを提供しているかどうかをご確認ください。場合によっては、契約内容を変更の上、新しい決済端末のリース契約や購入が必要になることもあります。

新しい端末には、Apple Pay をすぐに使えるようにするために、主要な各決済ネットワークに対する最新のソフトウェアを搭載しておく必要があります。利便性が高く、スピーディで安全性の高い決済環境を実現するために、加盟店契約会社に CDCVM に対応した EMV 認定端末の設置を依頼してください。

Apple Pay を使えるようにするには加盟店契約会社を変える必要がある場合

決済端末をアップデートできない場合や新しい決済端末の入手が困難な場合は、加盟店契約会社の変更をご検討ください。 

お客様に快適にご利用いただけるようにするために

Apple Pay 対応の決済端末の設置が済んだら、Apple Pay を使えるようになったことをお客様にお伝えするよう店員に指示します。こちらの記事を参考にして、Apple Pay とは何か、店内で Apple Pay をどのように扱えばよいのかを店員に周知徹底してください。Apple Pay 全般についてわからないことがある場合は、Apple Pay の使い方や設定方法をまとめたこちらの記事を参照してください。

Apple では、Apple Pay がスピーディで、シンプルで、かつ安全な決済手段であり続けるよう、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。ご意見・ご感想がある場合や、サポートが必要な場合は、こちらからご連絡ください。

Apple Pay に問題がある場合は

決済端末をアップデート後、NFC が機能しなくなったり、それまで問題なく使えていた Apple Pay が突然使えなくなったりすることがあります。Apple Pay が使えなくなってサポートが必要になった場合は、こちらからお問い合わせください。

加盟店契約会社に関する情報の調べ方

Apple Pay を使えるようにできるかどうか加盟店契約会社に電話して確かめたいのに、必要な情報をどこで調べればよいかわからない場合は、以下を参考にしてください。

  • 加盟店契約会社:加盟店契約会社とは、クレジットカード/デビットカード決済によるお店の売上を銀行口座に振り込んでくれる会社のことです。自分のお店がどの加盟店契約会社と契約しているかを確認するには、商品をお買い上げいただいたお客様から購入代金が入金されたかどうかを確認するために日常使っている売上明細書を調べてください。加盟店契約会社か大手決済代行業者のいずれかが明細書の発行元として記載されている場合があります。 
  • 決済代行業者:明細書には必ず決済代行業者の名前が記載されていますが、加盟店契約会社の名前は記載されていない場合があります。 
  • 加盟店契約番号または加盟店 ID (MID):明細書に MID が記載されていないか確認してください。加盟店契約会社や決済代行業者は MID によって加盟店を識別しています。また、明細書には問い合わせ窓口の電話番号も記載されている場合があります。加盟店契約会社には、専用の問い合わせ窓口を設けているところと、決済代行業者を問い合わせ窓口にしているところがあります。
  • 決済端末のメーカーとモデル:決済端末とは、毎日お客様のクレジットカードを通している POS 端末のことです。主要な端末メーカー (First Data、Ingenico、Verifone、Square、Equinox) の端末を使っているお店もあるかもしれません。決済端末の前面や背面にメーカーやモデルが記載されていないか調べてください。加盟店契約会社や ISO の問い合わせ窓口の番号が端末に記載されている場合もあります。 

トップへ戻る >

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: