iPhone で CarPlay を使う

車内で iPhone を使う方法としては、CarPlay が一番スマートで安全です。目前の道路に意識を集中していられます。iPhone を CarPlay に接続すれば、ルートを案内してもらう、電話をかける、メッセージを送受信する、音楽を聴くなど、さまざまなことができます。

iOS 13 では、CarPlay Dashboard で道路情報が一段とすっきり表示されるようになりました。この新しいダッシュボードでは、マップ上のルートやオーディオのコントロールボタン、Siri の提案をまとめて確認でき、カレンダーのイベントといった情報も簡単にチェックできます。このダッシュボードから、ドアの自動開閉装置などの HomeKit アクセサリだってコントロールできます。

CarPlay に対応した国や地域にいること、車が CarPlay に対応していることを確認してください。CarPlay 対応の車種に乗っているかどうかわからない場合は、車のメーカーにお問い合わせください。

CarPlay を設定する

  1. 車のエンジンをかけ、Siri が有効になっていることを確認します。
  2. iPhone を車に接続します。
    • USB ケーブルで CarPlay に対応する車種なら、iPhone を車の USB ポートに接続します。この USB ポートには、CarPlay アイコンやスマートフォンアイコンのラベルが付いている場合があります。
    • 車がワイヤレスの CarPlay に対応している場合は、ハンドルの音量制御ボタンを長押します。ステレオがワイヤレスモードまたは Bluetooth ペアリングモードになっているか確認してから、iPhone で「設定」>「一般」>「CarPlay」の順に選択し、「利用可能な車」をタップして、ご利用の車を選択します。詳しくは、ご利用の車の取扱説明書を参照してください。

CarPlay について詳しくはこちら、安全運転とナビゲーションに関する重要事項についてはこちらを参照してください。

Siri で CarPlay をコントロールする

車種によっては、2 通りの方法で Siri を使い、CarPlay をコントロールできます。

  • ハンドルの音声コマンドボタンを長押ししてから、Siri に質問するか、何をしてもらいたいかを伝えます。
  • CarPlay Dashboard またはタッチパネルの CarPlay ホームボタンを長押ししてから、Siri に質問するか、何をしてもらいたいかを伝えます。

Siri は CarPlay で次に何をしたいかを推測し、たとえば、次の会議の場所まで運転するといった提案もしてくれます。Siri の提案と CarPlay はシームレスに連係するので、お気に入りの App をいつでもすぐに使えます。

HomeKit 対応のアクセサリ、たとえばガレージのドアの自動開閉装置などがある場合は、家に近づいたら、CarPlay Dashboard に表示される Siri の提案を使うか、Siri に「ガレージのドアを開けて」のように頼めます。

車載コントロールを使って CarPlay を操作する

CarPlay 対応の車には通常、タッチパネル、回転つまみ、タッチパッドなどの車載コントロールがあります。CarPlay ディスプレイを操作する方法については、ご利用の車の取扱説明書を参照してください。車載コントロールがあっても、Siri を使って CarPlay を操作できます。

CarPlay 対応の車に一般的に搭載されているコントロールについて詳しくは、こちらを参照してください。

CarPlay の App を整理する

CarPlay を使っている間、車載ディスプレイには利用可能な App が表示されます。iPhone で App を追加または削除したり、その順序を入れ替えたりするには、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「一般」の順に選択し、「CarPlay」をタップします。
  2. ご利用の車を選択します。「カスタマイズ」をタップします。
  3. 追加ボタン または削除ボタン を使って、App を追加または削除します。App をタップしてドラッグし、表示順序を変更します。

iPhone を次回 CarPlay に接続したときは、App が新しい順序でディスプレイに表示されるはずです。CarPlay に対応している App だけがディスプレイに表示されます。

問題がある場合

他社製の App に問題がある場合は、App のデベロッパに問い合わせてみてください。CarPlay が思うように動作しない場合は、こちらの記事で対処法をご確認ください。

公開日: