エラー 53 が表示され、iPhone や iPad が「iTunes に接続」画面から進まなくなった場合

エラー 53 が表示され、デバイスが「iTunes に接続」画面から先に進まなくなった場合の対処法についてご説明します。

エラー 53 について

iOS デバイスを Mac や Windows パソコンの iTunes でアップデートまたは復元しようとした際、iTunes にエラー 53 が表示され、デバイスには「iTunes に接続」画面が表示されることがあります。エラー 53 は、デバイスがセキュリティテストに合格しなかった場合に表示されます。このテストは、工場出荷前に Touch ID が正常に機能するかどうかを調べるためのもので、お客様への影響を想定したものではありません。

エラー 53 が表示された場合の対策として、Apple では、iOS 9.3 でアップデートをリリースしました。このアップデートを適用すれば、Mac または Windows パソコンの iTunes でデバイスを正常に復元していただけます。この記事の手順にそって、デバイスを復元および復旧してください。エラー 53 の症状でデバイスを保証対象外の扱いで有償で交換いただいた場合は、Apple サポートにお問い合わせの上、返金についてご相談ください。

対処法

  1. Mac または Windows パソコンで iTunes が開いている場合は、iTunes を終了します。
  2. iOS デバイスがコンピュータに接続されている場合は、接続を解除します。
  3. デバイスに最新バージョンの iTunes がインストールされていることを確認します。
  4. USB ケーブルで iOS デバイスをコンピュータに接続します。 
  5. iTunes を開いて、デバイスを選択します。
  6. iTunes に「復元」または「アップデート」のオプションが表示されたら、「アップデート」をクリックします。デバイスのデータを消去することなく、iOS の再インストールとデバイスの復元が試みられます。1
  7. Apple ロゴの画面より先に進まない場合は、iOS デバイスを強制的に再起動2します。「復元」または「アップデート」のオプションが表示されたら、「復元」をクリックします。
  8. iOS デバイスの「こんにちは」画面が表示されたら、画面の案内にそってデバイスの設定を進めます。
    • デバイスをバックアップしたことがある場合は、バックアップを基に設定できます。
    • Touch ID の画面が表示されたら、「Touch ID を後で設定」をタップします。 
  9. エラー 53 が表示される前にデバイスの Touch ID が機能していなかった場合、この機能はデバイスをアップデートまたは復元後も依然として働きません。Apple サポートにお問い合わせの上、Touch ID の修理サービスオプションについてご相談ください。
     

それでもエラー 53 が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

  1. 復元が終わらず、エラーコード 53 以外のエラーコードが表示される場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  2. デバイスを強制的に再起動するには、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが再び表示されるまで押し続けます。
公開日: