Apple Pay で使うカードを管理する

Wallet にカードを追加後、メインカードを変更したり、カードの情報を変更したり、カードを削除したりすることができます。1

カードの管理方法は、お使いになっているデバイスによって多少異なります。2

メインカードを変更する

最初に Wallet に追加したカードがメインのカードになります。複数のカードを追加していて、メインのカードを変更したい場合は、以下のようにします。

iPhone、iPad


iPhone または iPad 上で、「設定」>「Wallet と Apple Pay」の順にタップします。「メインカード」をタップし、新たにメインにしたいカードを選択します。

 

Apple Watch


iPhone で Apple Watch App を開きます。「マイウォッチ」タブをタップし、「Wallet と Apple Pay」>「メインカード」の順にタップしてから、新しいカードを選択します。

 

Touch ID 搭載の MacBook Pro

システム環境設定 >「Wallet と Apple Pay」に移動し、「メインカード」ポップアップメニューから、新たにメインにしたいカードを選択します。

Apple Pay や Apple Pay Cash を使った個人間送金は macOS では利用できません。3

 

iPhone のメインカードを変更する場合は、Wallet を開き、メインにしたいカードをドラッグして最前面 (一番手前) に移動するという方法もあります。

請求先や連絡先の情報を変更する

Apple Pay で使うカードの請求先、連絡先、送付先は以下の方法で変更できます。

iPhone、iPad

  • 請求先情報を変更するには、「設定」>「Wallet と Apple Pay」の順に選択し、情報を変更したいカードをタップしてから、変更したい内容をタップします。
  • メールアドレス、電話番号、送付先住所を変更するには、「設定」>「Wallet と Apple Pay」の順に選択してから、変更したい内容を選択します。

Touch ID 搭載の MacBook Pro

  • 請求先情報を変更するには、システム環境設定 >「Wallet と Apple Pay」に移動し、情報を変更したいカードをクリックしてから、「請求先住所」ポップアップメニューをクリックします。
  • メールアドレス、電話番号、送付先住所を変更するには、システム環境設定 >「Wallet と Apple Pay」に移動し、「連絡先と配送先」をクリックします。

カード番号や有効期限は変更できません。これらは新しいカードが届いた時に自動的に更新されます。ただし、カード発行元が自動更新に対応していない場合は、自分でカードを削除してから追加し直さなければならないことがあります。

カードを削除する

必要な場合はデバイスからカードを削除できます。Apple Pay Cash3 については、こちらの記事にそって Apple Pay Cash 口座を解約するか、特定のデバイス上で Apple Pay Cash をオフにしてください。

iPhone、iPad


iPhone や iPad 上で使っているカードを削除するには、「設定」>「Wallet と Apple Pay」の順に選択し、削除したいカードをタップしてから、「カードを削除」をタップします。

 

Apple Watch


Apple Watch 上で使っているカードを削除するには、iPhone で Watch App を開いて「マイウォッチ」タブを表示し、下にスクロールして「Wallet と Apple Pay」をタップし、カードをタップしてから「カードを削除」をタップします。

 

Touch ID 搭載の MacBook Pro

Mac 上で使っているカードを削除するには、システム環境設定 >「Wallet と Apple Pay」に移動し、削除したいカードをクリックしてから、マイナス記号 (–) をクリックします。

デバイスから直接カードを削除することもできます。iPhone や iPad では、Wallet を開いてカードをタップし、情報アイコン をタップしてから「カードを削除」をタップします。Apple Watch では、ホーム画面で Wallet をタップし、カードをタップして強めに押し、「削除」をタップします。

ショップカードやポイントカードを管理する

ショップカードで「自動選択」をオンにしている場合は、関連のお店で決済する際に、メインのカードではなく、そのショップカードが提示されます。ポイントカードで「自動選択」をオンにしている場合は、関連のお店で Apple Pay を使う際に、そのポイントカードの情報が提示されます。

ショップカードやポイントカードを Wallet に追加する際、カードを自動的に選択するかどうかを確認する画面が表示される場合があります。「自動選択」のオン/オフを切り替えるには、以下のように操作します。

  1. Wallet App を開きます。
  2. ショップカードまたはポイントカードをタップします。
  3. 情報アイコン をタップして、「自動選択」のオン/オフを切り替えます。

デバイスを紛失したり盗まれたりしたときは

Apple Pay を使うには、クレジットカードやプリペイドカードで支払いをする時に毎回、Face ID、Touch ID、またはパスコードで認証する必要があります。また、Apple Watch の場合は、「手首検出」がオンになっていれば、身に着けるたびにパスコードの入力が必要になります。こうした機能のおかげで、他人に iPhone、iPad、Apple Watch、Mac の Apple Pay を勝手に使われる心配がありません。

デバイスを紛失したり盗まれたりしたときは、Apple ID のアカウントページ「iPhone を探す」App を使って、そのデバイスの Apple Pay の使用を一時的に停止するか、または永久に削除してください。Apple ID のアカウントページで削除する場合は、まずサインインした上で、「デバイス」セクションで該当のデバイスをクリックします。次に、ポップアップ画面が表示されたら、Apple Pay セクションで「削除...」または「すべてを削除」をクリックします。こうすることで、たとえそのデバイスがオフライン状態になっていてモバイルデータ通信や Wi-Fi ネットワークに接続していなくても、すべてのカードが一時的に使用停止になるか、または Apple Pay から完全に削除されます。

また、カード発行元に電話をして、カードを使用停止にしたり Apple Pay から削除してもらうこともできます。iPhone を紛失したり盗まれたりした場合の対処法については、こちらの記事をご覧ください。

関連情報

  • Apple Pay 全般については、こちらの記事をご覧ください。
  • Apple Pay にカードを追加する方法については、こちらの記事をご覧ください。
  • お店や App 内で Apple Pay を使う方法については、こちらの記事をご覧ください。
  • Apple Pay にカードを追加できない場合は、こちらの記事をご覧ください。
  • Apple Pay で交通機関を利用する方法については、こちらの記事をご覧ください。

  1. Apple Pay を利用できる国や地域については、こちらをご覧ください。
  2. 中国では、Touch ID 搭載の MacBook Pro では Apple Pay を利用できません。
  3. Apple Pay や Apple Pay Cash カードを使った個人間送金は、米連邦預金保険公社 (FDIC) の加盟銀行である Green Dot Bank が提供するサービスです。この機能は米国でしか利用できません。利用規約についてはこちらをご覧ください。
公開日: