以前のバージョンの iWork 書類を復元する

Pages、Numbers、Keynote で iCloud Drive を有効にしている場合は、書類のバージョンがすべてのデバイスで同期され、書類の編集中も定期的にバージョンが保存されます。以下の手順にそって、Pages、Numbers、または Keynote の書類の以前のバージョンを入手できます。

Pages、Numbers、Keynote で iCloud Drive を有効にしているか確認します。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択し、「iCloud Drive」をオンにします。「Pages」「Numbers」「Keynote」がオンになっているか確認してください。
  • Mac では、 >「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択し、「iCloud Drive」の横にある「オプション」をクリックします。「Pages」「Numbers」「Keynote」にチェックマークが付いていることを確認してから「完了」をクリックします。

iCloud Drive を有効にしていなくても、Mac では書類の過去のバージョンを見ることができますが、Mac から書類に加えた変更点しか見ることができません。

iPhone、iPad、iPod touch から書類を復元する

  1. 書類マネージャの「ブラウズ」をタップして、「ブラウズ」メニューから「iCloud Drive」をタップします。 
  2. 「選択」をタップして、復元したい書類をタップします。その書類の上にチェックマークが表示されます。 
  3. iPhone および iPod touch では、 をタップします。iPad では、「バージョン」をタップします。
  4. 表示したい書類のバージョンを選択します。
  5. バージョンをプレビューするには、「プレビュー」をタップします。プレビューしたバージョンでテキストを検索したり、テキストやオブジェクトをコピーしたりできますが、プレビューで編集することはできません。
  6. 書類をこのバージョンに復元する場合は、「復元」をタップします。
    このバージョンを復元するのではなく、別途コピーとして保存しておきたい場合は、「コピーを保存」をタップします。
    現在のバージョンに戻るには、「閉じる」をタップします。

書類が、選択したバージョンで置き換えられます。上記の変更を元に戻したり、書類の別のバージョンを復元したりする場合は、同じ手順を繰り返してください。

Mac から書類を復元する

  1. 復元したいファイルを開きます。
  2. 「ファイル」>「バージョンを戻す」>「すべてのバージョンをブラウズ」の順にクリックします。
  3. 右側の矢印を使ってスクロールし、書類の過去のバージョンを確認します。画面の右端にそって表示されるタイムラインを見れば、バージョンがいつ作成されたかがわかります。バージョンをクリックし、スクロールして書類の内容を確認できます。
  4. 以下のいずれかを実行します。
    • 書類をこのバージョンに復元するには、「復元」をクリックします。
    • このバージョンを復元するのではなく、別途コピーとして保存しておきたい場合は、キーボードの「option」キーを押しながら「コピーを復元」をクリックします。そのバージョンのコピーが新しいウインドウで開きます。
    • 現在のバージョンに戻るには、「完了」をクリックします。

書類が、選択したバージョンで置き換えられます。上記の変更を元に戻したり、書類の別のバージョンを復元したりする場合は、同じ手順を繰り返してください。

iCloud 用 iWork から書類を復元する

iCloud.com で書類の以前のバージョンを扱うには、Mac または Windows パソコンの Web ブラウザで以下の手順を実行してください。

  1. iCloud.com にサインインします。
  2. Pages、Numbers、または Keynote のアイコンをクリックします。
  3. 書類を開きます。
  4. をクリックしてから「すべてのバージョンを表示」を選択します。
  5. 過去のバージョンをプレビューするには、書類のそのバージョンを選択してから「プレビュー」をクリックします。新しいブラウザのタブまたはウインドウが開き、選択したバージョンのプレビューが表示されます。
  6. 書類をこのバージョンに復元するには、「復元」をクリックします。
    このバージョンを復元するのではなく、別途コピーとして保存しておきたい場合は、「プレビュー」を開いて  >「コピーをダウンロード」の順に選択します。
    このバージョンは使わない場合は、そのタブまたはウインドウを閉じます。

書類が、選択したバージョンで置き換えられます。上記の変更を元に戻したり、書類の別のバージョンを復元したりする場合は、同じ手順を繰り返してください。

関連情報

書類をほかの人と共有している場合は、編集権限を持つ人ならだれでも、その書類が共有された時点以降に作成されたバージョンに限り、コピーしたり復元したりできます。

書類にパスワードを追加した場合や、既存のパスワードを変更した場合は、書類のその時点とそれ以降のバージョンにのみ適用されます。

書類を共有している場合、書類の保護されていないバージョンや、古いパスワードが適用されたバージョンをほかの人が復元しないように、書類の共有をいったん停止し、一意のパスワードを追加してから再び共有してください。

書類を関連する App のフォルダの外に (たとえば、「iCloud Drive」フォルダの最上位に) 移動すると、以前のバージョンに復元できなくなる場合があります。書類を移動すると、書類を iCloud から共有している場合に、ほかの人が表示または編集できなくなることもあります。

公開日: