macOS 用の写真 App のステータスバーについて

macOS 用の写真 App では、フォトライブラリについて、写真の枚数やビデオの本数、ライブラリが最後に iCloud 写真と同期 (更新) されたのはいつかなど、詳しい情報を確認できます。

ステータスバーを調べる

ライブラリに写真やビデオがどれくらい入っているのか確認するには、「写真」を選択し、「モーメント」をクリックしてから、一番下までスクロールします。iCloud 写真を有効にしている場合は、Mac のフォトライブラリを iCloud 写真の中身と比較した状況もステータスバーに表示されます。写真を iCloud 写真にアップロードしている場合は、ここで「一時停止」または「再開」をクリックできます。

ステータスバーが下部に表示されているスクリーンショット。

「この Mac にのみ存在」する項目を管理する

Mac 上のライブラリに「参照ファイル」の写真やビデオがある場合は、ステータスバーに「[数] 項目はこの Mac にのみ存在」と表示されます。参照ファイルになっている項目は、iCloud 写真にアップロードされないので、ほかのデバイスでは表示できません。これらの項目も iCloud 写真に入れるには、以下の手順を実行してください。

  1. 「ファイル」>「新規スマートアルバム」の順に選択します。
  2. このスマートアルバムに「参照ファイル」という名前を付けて、「写真が」「参照ファイル」「である」と選択します。「OK」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで「参照ファイル」を選択します。
  4. 「command + A」キーを押してこのスマートアルバムの中の写真をすべて選択し、「ファイル」>「統合」の順に選択します。

Mac から写真をアップロードできない場合

Mac 上の写真やビデオを iCloud 写真にアップロードできなかった場合は、「[数] 項目をアップロードできません」と表示されます。この症状は、以下の手順で修復できます。該当する写真を編集してある場合やキーワードを適用してある場合、編集内容やキーワードは失われるため注意してください。

  1. 「ファイル」>「新規スマートアルバム」の順に選択し、新しいスマートアルバムを作成します。
  2. このスマートアルバムに「アップロードできない」という名前を付けて、3 つのポップアップメニューを「写真が」「iCloud 写真にアップロード不可能」「である」と設定します。
    新規スマートアルバムの名前を指定するフィールドが表示されているスクリーンショット。
  3. 左側のサイドバーで「アップロードできない」を選択します。
  4. 「command + A」キーを押してこのスマートアルバムの中の写真をすべて選択し、「ファイル」>「書き出す」>「[数] 枚の写真の未編集のオリジナルを書き出す」の順に選択します。
  5. 続いて表示されるダイアログで、ファイル名とフォーマット、写真の書き出し先を選択します。「書き出す」をクリックし、「オリジナルを書き出す」をクリックします。
  6. 写真が書き出されたら、写真がスマートアルバムの中でまだ選択されていることを確認します。その上で、それらの写真を右クリックまたは「control」キーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「[数] 枚の写真を削除」を選択します。
  7. 「削除」をクリックしてから「OK」をクリックします。
  8. これらの写真をライブラリに読み込み直すには、「ファイル」>「読み込む」の順に選択し、手順 5 で選択した場所にある写真を探します。
公開日: