ホールドスイッチ (HOLD) を使って iPod のバッテリーを長持ちさせる

iPod のホールドスイッチ (HOLD) について学びます。

「iPod shuffle」のボタンを使用できないようにする (HOLD) 方法についてはこちらをご覧ください。

iPod にはヘッドフォンポートの横にホールドスイッチ (HOLD) があります。また iPod のワイヤードリモコン(全ての機種に付属しているわけではありません)にも、ホールドスイッチ (HOLD) が付いています。ホールドスイッチ (HOLD) は、ポケットやバッグの中で iPod が誤って起動し、バッテリーが消耗してしまわないようにするときに使用してください。

iPod 本体のホールドスイッチ (HOLD)
ホールド状態にするには、ホールドスイッチ (HOLD) を iPod の中央方向にスライドさせます。

iPod をホールド状態に設定すると、ホールドスイッチ (HOLD) のオレンジ色のバーが見えて、iPod の画面の左上隅に小さい鍵アイコンが表示されます。







iPod mini のホールドスイッチ (HOLD) は向かって左側にあります。





iPod のどのボタンを押しても反応しない場合は、iPod のホールドスイッチ (HOLD) が設定されていないかを確認し、解除してください。

バッテリーを節約するため、「再生/一時停止 (PLAY/PAUSE)」ボタンを数秒間押しつづけて iPod の電源を切ってください。また、ホールドスイッチ (HOLD) をオンに設定してボタンの動作を無効にすれば、誤ってボタンが押されないようにすることができます。

ワイヤードリモコンのホールドスイッチ (HOLD)
ワイヤードリモコンの側面にあるホールドスイッチ (HOLD) を下方向にスライドさせるとホールド状態にすることができます。赤いラベルが見えて、ワイヤードリモコン上のボタンは動作しなくなります。ホールドスイッ チ (HOLD) を上方向にスライドさせるとリモートでの操作ができるようになります。

iPod 本体のホールドスイッチ (HOLD) は、ワイヤードリモコンでのボタン操作には影響がありません。またワイヤードリモコン上のホールドスイッチ (HOLD) は、iPod 本体のボタン操作には影響がありません。両方のホールドスイッチ (HOLD) をホールドに設定しておくと、すべてのボタン操作を受け付けなくすることができます。

公開日: