iPhone、iPad、または iPod touch でタッチ調整を使う

iOS デバイスのアクセシビリティ機能であるタッチ調整を使って、デバイスのタッチパネルの反応を変更できます。

タッチ調整には、いくつかの機能があります。これらの機能を使うには、まず、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「タッチ調整」の順にタップし、「タッチ調整」をオンにします。

選択できるオプションについて、以下に紹介します。

一定期間タッチし続けたときにだけ反応するようにしたい場合

画面上に指を一定期間 (保持継続時間) ずっと置き続けたときにだけ、タッチパネルが反応するようにデバイスを設定できます。

保持継続時間を使う場合は、次の手順で設定してください。

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「タッチ調整」の順にタップします。
  2. 「保持継続時間」をオンにします。
  3. 「-」ボタンと「+」ボタンをタップして、時間を変更します。

数回続けてタッチしてしまっても無視してくれるようにしたい場合

画面を 1 回だけタッチするのが難しく、続けて数回タッチしてしまう場合は、「繰り返しを無視」をオンにしておくと、画面をすばやく数回タッチしてしまった場合も、デバイスはタッチ 1 回として認識してくれます。数回のタッチをデバイスが 1 回と認識してくれる時間の長さは変更できます。

「繰り返しを無視」を使う場合は、次の手順で設定してください。

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「タッチ調整」の順にタップします。
  2. 「繰り返しを無視」をオンにします。
  3. 「-」ボタンと「+」ボタンをタップして、時間を変更します。

最初または最後にタッチした位置に反応してほしい場合

画面上の目的の位置をタッチした後、指を別の位置まで引きずってしまって、適切な選択ができないときは、「タップ補助」の「タッチ開始位置を使用」をオンにします。 

画面上の目的の位置を直接タッチするのが難しくても、別の位置から指をドラッグして目的の位置まで動かすことができる場合は、「タップ補助」の「タッチ開始位置を使用」をオンにします。

「タップ補助」を使う場合は、次の手順で設定してください。

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「タッチ調整」の順にタップします。
  2. 「タッチ開始位置を使用」または「タッチ終了位置を使用」をタップします。 

「タップ補助」を使う場合、一定の期間 (ジェスチャ開始までの時間) 内に指を放したときに、デバイスがタップ操作として反応します。ほかのジェスチャ (ドラッグなど) として認識させるには、ジェスチャ開始までの時間より長い間タッチし続けてください。

「-」ボタンと「+」ボタンをタップして、ジェスチャ開始までの時間を変更します。

iPhone 6s および iPhone 6s Plus では、タップ補助を 3D Touch でも使えます。デバイスは、タッチ開始位置またはタッチ終了位置、弱いタッチまたは強いタッチに反応します。

公開日: