Android の Apple Music で不適切な表現のコンテンツを阻止する

Apple Music App で「コンテンツ制限」を有効にして、不適切な表現を使った曲や、特定のレートのビデオコンテンツへのアクセスを制限できます。

  1. Android デバイスで Apple Music App を開きます。
  2. 左上隅の メニューアイコン をタップし、「設定」をタップします。
  3. スクロールして「制限」セクションを表示し、「コンテンツ制限」をタップします。
  4. 4 桁のパスコードを入力してから、確認のため、もう一度入力します。
    パスコードを入力しておけば、この設定をほかの人が無断で変更することはできなくなります。このパスコードは、コンテンツ制限の設定を変えたくなったときに入力が必要になるため、覚えておいてください。パスコードを忘れてしまった場合、回収する方法はありません。設定を変更するには、Apple Music をデバイスから削除し、再インストールする必要があります。
  5. 「コンテンツ制限を有効にする」をタップしてオンにしてから、以下のように設定してください。
    • 「ミュージック」をタップして、不適切な表現を使ったコンテンツへのアクセスを拒否します。
    • 「映画」をタップして、アクセスを認めるレートを選択するか、映画全般へのアクセスを拒否します。
    • 「テレビ番組」をタップして、アクセスを認めるレートを選択するか、テレビ番組全般へのアクセスを拒否します。
    • 「プロフィールと投稿」をタップして、ほかの Apple Music ユーザのプロフィールや投稿へのアクセスを拒否します。

「コンテンツ制限」を設定した後も、不適切な表現を使った楽曲としてマークされた曲やアルバム、または制限したレートのビデオコンテンツが検索結果や Apple Music のタブに表示される場合がありますが、再生することはできなくなります。Radio でも、クリーンなバージョンの曲だけが再生されるようになります。

不適切な表現を使った曲や特定のレートのビデオビデオコンテンツへのアクセスを制限したいすべてのデバイスで、「コンテンツ制限」をそれぞれ設定しておく必要があります。設定内容がデバイス間で同期されることはありません。


Apple 製のデバイスをお持ちの場合

iPhone、iPad、iPod touch でペアレンタルコントロールを使う方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: