OS X Yosemite にアップグレードした後で App で会計書式を使えなくなった場合

App で数値を会計書式で表示するオプションを使えなくなる場合や、負の数値がかっこの中に表示されなくなる場合があります。

App を新しいバージョンにアップデートいただく必要があると考えられます。アップデートが提供されていない場合や、アップデートしても問題が解決しない場合は、以下の手順で対処してください。

  1. OS X El Capitan にアップグレードします。
  2. すべての App を終了します。
  3. ターミナルを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  4. 次のコマンドを入力して「return」キーを押します。

    defaults read -g AppleLocale

    このコマンドは、「en_US」または「en_US@appleseed=john」のような結果を返します。

  5. 次のコマンドを入力します。ただし、result の部分は、先ほどのコマンドで返された文字列で置き換えてください。続けて、「return」キーを押します。

    defaults write -g AppleLocale 'result;cf=account'

    たとえば、次のように入力します。
    defaults write -g AppleLocale 'en_US;cf=account'
    defaults write -g AppleLocale 'en_US@appleseed=john;cf=account'

  6. ターミナルを終了して、会計 App を開きます。会計書式を元通りに使えるようになっているはずです。
公開日: