iPhone や iPad で低電力モードを使ってバッテリーを長持ちさせる

バッテリーの充電残量が少なくなったら、低電力モードを使って iPhone や iPad の消費電力量を抑えることができます。

低電力モードのオンとオフを切り替えるには、「設定」>「バッテリー」の順に選択します。コントロールセンターから低電力モードのオン/オフを切り替えることもできます。「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」の順に選択し、「低電力モード」を選択してコントロールセンターに追加します。

iPhone の「設定」>「バッテリー」画面。「低電力モード」がオンになり、ステータスバーに黄色いバッテリーアイコンが表示されています。

低電力モードがオンのときは、充電が必要になるまで iPhone や iPad を使い続けられる時間が長くなりますが、一部の機能は、アップデートしたり処理が終わるまでに時間がかかるようになる場合があります。また、タスクによっては、低電力モードをオフにするか、iPhone または iPad が 80 % 以上充電されるまで、実行できないものもあります。

低電力モードにすると、以下の機能が制限されるか、機能に影響が出ます。

  • iPhone 12 モデルの 5G (ビデオストリーミングは除く)1
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
  • ディスプレイの明るさ
  • ProMotion ディスプレイ搭載モデルの iPhone/iPad のディスプレイのリフレッシュレート (最大 60 Hz に制限)2
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • iCloud 写真 (一時的に停止)
  • 自動ダウンロード
  • メールの取得
  • App のバックグラウンド更新

低電力モードがオンの間、ステータスバーのバッテリーアイコンは黄色になります。黄色いバッテリーアイコン とバッテリー残量 (%) が表示されます。iPhone や iPad の充電量が 80 % 以上になると、低電力モードは自動的にオフになります。

1. iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max では、低電力モードにすると 5G が無効になり (ビデオストリーミングや大容量ダウンロードなど、一部の状況は除く)、5G スタンドアローン (提供されている場合) も無効になります。

2. ProMotion ディスプレイを搭載しているのは、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPad Pro 10.5 インチ、iPad Pro 11 インチの全モデル、iPad Pro 12.9 インチ (第 2 世代) 以降です。

関連情報

iOS 11.3 以降を搭載した iPhone には、バッテリーの状態が表示され、バッテリーの交換が必要な場合には交換するよう推奨してくれます。iPhone のバッテリーとパフォーマンスの詳細については、こちらの記事を参照してください。バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす方法については、こちらを参照してください。

公開日: