広告とプライバシー

Appleの広告プラットフォームはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

Appleの広告プラットフォームはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

Appleの広告プラットフォームによって配信される広告は、App Store、Apple News、“株価”に表示される場合があります。

広告を提供するために、以下のコンテクスト情報が使用される場合があります:

  • デバイスの情報: キーボードの言語設定、デバイスのタイプ、OSのバージョン、携帯電話通信業者、接続のタイプ。
  • デバイスの場所: 位置情報に基づくApple Adsシステムサービスが有効になっている場合は、地理的に関連のある広告を提供するために位置情報が使用される場合があります。デバイスの正確な場所はAppleの広告プラットフォームには保存されず、この情報からプロフィールが構築されることもありません。この設定にアクセスするには、“設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”>“システムサービス”>“位置情報に基づくApple Ads”と選択します。
  • App Storeでの検索: App Storeで検索を行うと、そのクエリーが関連する広告を提供するために使用される場合があります。
  • Apple Newsと“株価”: 閲覧する記事の種類が、適切な広告を選択するために使用される場合があります。

似たような特徴を持つユーザをグループにまとめてセグメントを作成し、これらのグループを使用してターゲット広告を配信します。あなたの情報は、割り当てるセグメントおよび配信する広告を決定するために使用されます。プライバシーを保護するため、ターゲット広告は5,000人以上のユーザがターゲット基準に該当する場合のみ配信されます。

Apple Newsと“株価”では、閲覧した記事のトピックやカテゴリのほか、フォロー、登録、または通知するように設定している出版物に応じてユーザをセグメントに割り当てる場合があります。セグメントはApp Storeでの検索用語からは作成されません。

App Store、Apple News、および“株価”では、セグメントに割り当てるために、以下のような情報が使用される場合があります:

  • アカウントの情報: アカウントに登録された名前、住所、年齢、デバイス。Apple ID登録ページの名前(名)やiTunesアカウントの敬称などの情報は、性別を推測するために使用される場合があります。
  • ダウンロードした項目とアクティビティ: ダウンロードした音楽、映画、ブック、テレビ番組、AppとApp内課金。
  • ほかのAppでのアクティビティ: 独自のプライバシーポリシーおよび適用法令の対象となるAppデベロッパは、App内課金およびアクティビティ(ゲームレベルの完了状況など)に関する情報を提供する場合があります。
  • 広告: Appleの広告プラットフォームによって配信された広告に対する操作。
  • その他のセグメント: 広告キャンペーンによっては、少なくとも5,000人以上を要するセグメントを作成するために、広告主がユーザに関する情報をAppleの情報と照合する場合があります。広告主は、Advertising Identifier(広告識別子)や、Appleの広告プラットフォームでユーザとセグメントを照合するための電話番号やメールなどのユーザに関するその他の情報を使用できます。照合プロセスの間は、個人を特定できる情報の公開を制限するために、これらの識別子は隠されています。ユーザと照合するセグメントを選ぶために、広告主がユーザとの対話から得た情報を使用することがあります。この情報は、広告主の独自のプライバシーポリシーに従って入手され、使用されます。

対象となる複数の広告から表示する広告を選択するときは、上記のいくつかの情報に加え、App Storeの閲覧アクティビティも使用して、ユーザに最も関連性が高いと考えられる広告を決定します。App Storeの閲覧アクティビティには、App Storeの閲覧中にタップして表示したコンテンツおよびAppが含まれます。この情報は複数のユーザから集約されるので、個人は特定されません。

Appleは、あなたの性的指向、宗教的信条、または支持政党に関する情報には関知せず、広告主にも提供しません。Apple Payの取引や“ヘルスケア” Appのデータは、Appleの広告プラットフォームによってアクセスされたり広告目的に使用されたりすることはありません。

Appleは、個人を特定できる情報は他社に販売または送信しません。Appleは、Appleと連携しながらAppleの製品およびサービスを提供したり、Appleのマーケティングに協力したり、Appleの代わりに広告を販売したりする戦略的パートナーに、個人を特定しない情報を提供する義務を負っています。

Appleが収集する情報は、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy を参照)に従って取り扱われます。

広告の環境設定を表示する

この広告について

特定の広告がApp Store、Apple News、または“株価”に表示された理由を知るには、“広告”ボタンをタップします。セグメントと、その広告の受信につながった人口統計情報などのその他の情報が表示されます。

広告の情報

Appleの広告プラットフォームでターゲット広告の配信に使用される可能性のある情報(あなたが属しているセグメントなど)を確認するには、iOSまたはiPadOSデバイスで“設定”>“プライバシー”>“広告”と選択し、“広告の情報を表示”をタップします。

この情報をmacOSで確認するには、アップルメニュー>“システム環境設定”>“セキュリティとプライバシー”と選択し、“プライバシー”をクリックしてから、“広告”を選択して、“広告の情報を表示”をクリックします。

“追跡型広告を制限”が有効になっている場合、Appleの広告プラットフォームにあなたの広告の環境設定のデータは保存されません。詳しくは、以下を参照してください。

ご自分に関する情報が不正確と思われる場合は、Apple IDおよびiTunesアカウントの情報を更新することができます。

広告の環境設定を選択する

位置情報に基づいてターゲティングされる広告を受信しない

iOSまたはiPadOSデバイスで位置情報に基づいた広告を受信しないようにするには、“設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”>“システムサービス”を開き、“位置情報に基づくApple Ads”をオフにします。

macOSデバイスで位置情報に基づいた広告を受信しないようにするには、アップルメニュー>“システム環境設定”>“セキュリティとプライバシー”と選択して、“プライバシー”をクリックし、“位置情報サービス”を選択して、“位置情報に基づくApple Ads”チェックボックスを選択解除します。

お使いのデバイスで“位置情報サービス”をオフにしている場合、Appleの広告プラットフォームは位置に基づく情報を受信しません。

ターゲティング広告を受信しない

iOSまたはiPadOSデバイスで“追跡型広告を制限”を有効にするには、“設定”>“プライバシー”>“広告”を開き、“追跡型広告を制限”をオンにします。Apple TVでは、“設定”>“一般”>“プライバシー”と選択し、“追跡型広告を制限”をオンにします。macOSデバイスで“追跡型広告を制限”を有効にするには、アップルメニュー>“システム環境設定”>“セキュリティとプライバシー”と選択し、“プライバシー”をクリックしてから、“追跡型広告を制限”チェックボックスを選択します。

“追跡型広告を制限”を有効にする場合は、使用しているデバイスにかかわらず、あなたのApple IDには関心に基づくターゲティング広告は配信されなくなります。Appleの広告プラットフォームを使用しないけれどもAdvertising Identifier(広告識別子)を使用するAppまたは広告主は、“追跡型広告を制限”設定を確認しなければならず、あなたが“追跡型広告を制限”を有効にした場合は、あなたにターゲティング広告を配信することはAppleのガイドラインによって禁止されます。iOS 10以降で“追跡型広告を制限”を有効にすると、このAdvertising Identifier(広告識別子)は非ユニーク値(すべてゼロ)に置き換えられ、ターゲティング広告が配信されなくなります。Advertising Identifier(広告識別子)は、“追跡型広告を制限”を無効にしたときに自動的にリセットされます。

Advertising Identifier(広告識別子)をリセットすることもできます。リセットすると、デバイスは新しい識別子をランダムで生成します。以前のAdvertising Identifier(広告識別子)に関連付けられていたデータは、新しい識別子に関連付けられません。iOSまたはiPadOSでAdvertising Identifier(広告識別子)をリセットするには、“設定”>“プライバシー”と選択し、“広告”をタップして、“Advertising Identifierをリセット”をタップします。Apple TVでAdvertising Identifier(広告識別子)をリセットするには、“設定”>“一般”と選択し、“プライバシー”を選択して、“Advertising Identifierをリセット”をクリックします。macOSでAdvertising Identifier(広告識別子)をリセットするには、アップルメニュー>“システム環境設定”>“セキュリティとプライバシー”と選択し、“プライバシー”をクリックして、“広告”を選択してから“Advertising Identifierをリセット”ボタンをクリックします。

“追跡型広告を制限”を有効にした場合でも、広告が継続して表示されることがありますが、広告の関連性は低くなる可能性があります。

公開日: