Final Cut Pro X 10.2.2 で共有通知が間違った動画共有サイトにリンクしている場合

Final Cut Pro X から同じプロジェクトを 2 回目に共有する際に、プロジェクトを前回共有した Web サイトに案内される場合があります。

Final Cut Pro X では、プロジェクトを動画共有サービスの Web サイト (Vimeo、YouTube など) に共有できます。同じプロジェクトを 2 回目に共有する際に、表示される通知で「アクセス」をクリックすると、想定していたものとは違う動画共有 Web サイトに案内されることがあります。 

前回プロジェクトを保存した Web サイトに案内された場合でも、その時点のプロジェクトは正しい Web サイトに正常にアップロードされています。動画が正しく共有されたかどうか確かめるには、Web ブラウザを使って、プロジェクトをアップロードしたサイトに手動で移動してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

本ドキュメントは、新しい情報が入り次第、更新されます。

公開日: