iPad や iPhone を使って Mac の書類にスケッチまたはマークアップする

連係スケッチや連係マークアップの機能を使えば、iPad や iPhone で Mac の書類にすばやくスケッチを挿入したり、Mac 上の PDF や画像にリアルタイムでマークアップを実行できます。

デバイスを設定する

連係スケッチと連係マークアップは、対応モデルのデバイスが互いに近くにあり、それぞれ以下の通りに設定されている場合に機能します。

これらの機能は、Pages、Numbers、Keynote、メール、メッセージ、メモ、テキストエディットなど、それらの機能に対応するように作られた Apple 製の App や他社製の App で使えます。


連係スケッチを使う

連係スケッチを使えば、Mac から iPad や iPhone に新しいスケッチをリクエストし、それらのデバイスから Mac の書類にスケッチを挿入できます。

  1. Mac で書類を開きます。
  2. 「ファイル」メニューまたは「挿入」メニューから (App によって異なります)、「iPhone から挿入」または「iPad から挿入」> 「スケッチを追加」の順に選択します。
  3. デバイス上でスケッチウインドウが開き、Apple Pencil や指でスケッチを作成できるようになります。
    iPad Pro の連係スケッチ
  4. スケッチし終わったら、デバイスで「完了」をタップします。スケッチが Mac の書類に表示されます。
  5. 連係スケッチを挿入した Keynote の書類


連係マークアップを使う

連係マークアップを使えば、Mac から iPad や iPhone に書類のマークアップをリクエストできます。デバイスでマークアップを追加すると、その様子が Mac にリアルタイムで表示されます。書類に署名する、校正する、重要部分に丸を付けるなどの場面で便利に活用できます。 

  1. Mac の Finder で、マークアップしたい PDF や画像を探し、以下のいずれかの操作を行います。
    • 書類を選択し、スペースバーを押してプレビューウインドウで開きます。ウインドウの上部にあるマークアップボタン をクリックします。
    • または、「control」キーを押しながら書類をクリックし、ショートカットメニューから「クイックアクション」>「マークアップ」の順に選択します。
  2. プレビューウインドウの上部にあるマークアップツールバーで、注釈ボタン をクリックするか、 をクリックしてデバイス   を選択します。
    プレビューウインドウのマークアップツールバーでデバイス選択のドロップダウンメニューが開いているところ
  3. デバイス上でマークアップウインドウが開きます。Apple Pencil や指でスケッチツールを使うか、プラス記号 をタップしてマークアップツールを使い、テキスト、署名、拡大鏡、図形、矢印を追加します。
    iPad でスケッチとマークアップのツールが開いているところ
  4. デバイスで作業するに従い、その変更内容がリアルタイムで Mac に表示されます。
    Mac のプレビューウインドウに iPad での変更内容が反映されているところ
  5. 書類のマークアップが終わったら、デバイスで「完了」をクリックします。
  6. 変更内容を保存するには、Mac で「完了」をクリックします。
公開日: