iCloud ミュージックライブラリを有効にする

iCloud ミュージックライブラリを有効にすると、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコンのどこからでも、ミュージックコレクション全体を楽しめます。

Apple Music に登録している場合は、お使いのすべてのデバイスで同じ Apple ID でサインインし、iCloud ミュージックライブラリを有効にしてあれば、どのデバイスからでもミュージックライブラリにアクセスできます。

Apple Music の機能とコンテンツは、国や地域によって異なります。

iCloud ミュージックライブラリを有効にする

Apple Music の登録に使っている Apple ID で、お使いのすべてのデバイスにサインインしてください。その上で、以下の手順にそって、iCloud ミュージックライブラリを有効にします。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「ミュージック」の順に選択し、「iCloud ミュージックライブラリ」をタップしてオンに切り替えます。
  2. デバイスに楽曲が入っている場合は、デバイス上の楽曲を残すかどうかを確認するメッセージが表示されます。
    「ミュージックを残す」* を選択した場合、デバイスにある楽曲が iCloud ミュージックライブラリに追加されます。
    「削除して置き換える」を選択した場合は、デバイスの楽曲が、iCloud ミュージックライブラリにあるコンテンツで置き換えられます。 

Mac または Windows パソコンの場合

  1. Mac:コンピュータの画面上部に表示されているメニューバーから、「iTunes」>「環境設定」の順に選択します。

    Windows:iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、「編集」>「設定」の順に選択します。
  2. 「一般」タブで、「iCloud ミュージックライブラリ」を選択して有効にします。
  3. 「OK」をクリックします。

コンテンツがすべてのデバイスに表示されない場合

オリジナルのミュージックライブラリが入っているコンピュータで、Apple Music で使っている Apple ID で iTunes にサインインし、iCloud ミュージックライブラリを有効にしているか確認してください。その上で、コンピュータ画面の上部または iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、「ファイル」>「ライブラリ」>「iCloud ミュージックライブラリをアップデート」の順に選択します。

Apple Music で使っている Apple ID でサインインするために、最新バージョンの iOSmacOSiTunes をデバイスにインストールしておいてください。

関連情報

Apple Music に登録していない場合は、すべてのデバイスで音楽を楽しめるようにする一番の方法をこちらの記事でご確認ください。また、お使いのどのデバイスからでも、iTunes Store で以前に購入したコンテンツを再ダウンロードできます。

 

*「結合」を選択した場合、デバイス上の曲で Apple Music カタログにあるものはすぐに、お使いのほかのデバイスからでも聴けるようになります。iPhone、iPad、iPod touch では、カタログに一致するものがない曲は、ほかのデバイスに表示されますが、Mac または Windows パソコンから iTunes でアップロードしなければ、ほかのデバイスで再生することはできません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: