書類を開くとプレビューが突然終了する場合

プレビューでマークアップに使われているフォントがインストールされていないか、書類が破損している可能性が考えられます。

OS X Yosemite では、プレビューでマークアップに使われているフォントを削除または無効にすると、書類を開いたときにプレビューが終了することがあります。そうした変更を書類に加えた場合は、以下のいずれかの方法で対処してください。

  • OS X El Capitan 以降にアップグレードします。
  • または、フォントを元の場所に戻します。その後で、プレビューを開いて、マークアップのフォントを変更できます。「表示」>「マークアップツールバーを表示」の順に選択し、「テキストスタイル」ボタン ボタン をクリックして、ポップアップメニューから違うフォントを選択してください。これで、以前のマークアップフォントを問題なく削除または無効にすることができます。
  • または、ターミナルを使って問題を解決します。プレビューを終了し、ターミナルを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。ターミナルに以下のコマンドを貼り付けて「return」キーを押します。
defaults delete ~/Library/Group\ Containers/com.apple.Preview/Library/Preferences/com.apple.Preview.plist com.apple.AnnotationKit.font

上記いずれの方法でも問題が解決しなかった場合、または Yosemite を使っていない場合は、書類が破損していると考えられます。Time Machine バックアップがある場合は、Time Machine を使って、そのファイルの以前のバージョンを復元してみてください。

公開日: