Apple Musicとプライバシー

Apple Musicはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

  • Appleは、登録されている場合にサービスのパーソナライズまたは提携先を補う目的で、再生した曲や再生時間などのApple Musicのアクティビティに関する情報を収集します。
  • iCloudミュージックライブラリでは、Apple Musicでも利用可能ないずれかの曲のコピーを特定およびロック解除するために、曲やアーティストの名前など、お使いのミュージックライブラリの情報がAppleに送信されます。
  • お使いのiCloudミュージックライブラリの情報は、登録されている限りおよびその後短期間、あなたと関連付けられます。あなたが再生した曲の記録は、財務報告関連の適用法によって指定された期間保持されます。
  • 詐欺行為の発見と防止に役立てるため、購入時に、デバイスの使用状況に関する情報(通話やメール送受信のおおよその回数など)に基づいて、デバイスのトラストスコアが計算されます。送信データは、お客様のデバイスの実際の値がAppleには分からないように設計されています。スコアは一定の期間、Appleのサーバに保存されます。

お客様情報のプライバシーと安全の確保を最優先課題として、Appleでは全社一丸となって取り組んでいます。お客様によりお楽しみいただくために最低限必要なデータだけを収集するように努め、またデータを収集する際は、どのような情報をどのような理由で集めているのかをお客様にお知らせし、お客様ご自身によくご理解いただいた上で判断していただくことが大事だと考えています。Apple Musicも、ほかのすべてのApple製品と同様、この原則を念頭に設計されています。

Appleは、Apple Musicのご利用状況について情報収集し、その情報を基に各種機能をお客様の音楽の好みに合わせて調整します。こうした調整の対象となるのは、“For You”(好みに合わせてピックアップされたアルバムやプレイリストが表示されます)、“Radio”(お気に入りのアーティストやジャンルから厳選された曲を聴くことができます)、“Connect”(フォロー推奨の新人アーティストや、興味を引きそうな投稿内容を紹介してくれます)などの機能です。こうして集めた情報をさらに活用し、新作リリース、新人アーティスト、Apple Musicで起きているさまざまな出来事の中から、お客様の興味に合いそうなものをお知らせします。

Apple Musicを使っているほかの人とつながり、情報共有したい場合は、パーソナルプロフィールを作成いただけます。作成に際しては、ユーザハンドル(@johnappleseedなど)と表示名、さらに差し支えなければ、プロフィール写真などの情報をご提示ください。Appleでは、この情報をお客様のアカウントに保存するので、お使いのどのデバイスからでもお客様ご自身にアクセスしていただけます。ユーザハンドル、表示名、およびプロフィール写真は、ご自身が投稿したコンテンツや、Apple Musicで共有したアクティビティに添えて表示される場合があります。コンテンツの共有および投稿機能は現在、お子様向けには用意されていません。そのため、お子様用のApple IDから利用することはできません。

また、提示いただいた情報は、Apple Musicを使っているほかの方が、お客様のApple Musicのプロフィールを検索する際にも使われます。

再生状況やプレイリストなどのプロフィールの内容は、あなたが選択した人たちだけに公開できます。ただし、あなたのプロフィール情報(ハンドル、表示名、写真、あなたのフォロワー、あなたがフォローしている人)はいつでもすべての人が見ることができます。

Apple Music上にプロフィールを作成するときは、あなたが友達としてつながりたいと思うようなほかのApple MusicメンバーをAppleから推奨します。Appleは推奨する友達を確認するとき、連絡先からの情報を調査したり保存したりしません。連絡先の電話番号とメールアドレスの短縮および暗号化されたハッシュ値のみがAppleに送信されます。推奨候補のApple Musicメンバーとのマッチングは、あなたのデバイス上でローカルに決定されます。Apple Musicでは、定期的に連絡先をチェックして今後の新しい友達を推奨してもらうことができます。この機能は“アカウント設定”の“‘連絡先’にいるApple Musicメンバー”を無効にすることで制御できます。ほかの人がその人の連絡先内にあるApple IDの連絡先情報に基づいてあなたを見つけてほしくない場合は、“アカウント設定”で“Apple IDで見つけられるようにする”を無効にすることで、この動作を変更できます。

Apple Music上でつながりたい人をもっと多く見つけたり、ほかの人から見つけてもらったりすることもできます。Facebookなど、ソーシャルネットワークのアカウントを接続してみましょう。すると、Apple MusicがあなたのApple Musicアカウントをソーシャル・ネットワーク・アカウントにリンクして、そのソーシャルネットワーク上でApple Musicメンバーである友達を見つけてくれます。Apple Musicメンバーでない友達の情報は保持されません。後でソーシャルネットワークをApple Musicアカウントから接続解除したくなった場合は、それらの接続済みソーシャルネットワーク用の設定で解除できます。

プロフィールに公開いただいた情報は、いつでもアップデートまたは削除していただけます。オンラインで情報を共有する際は、公開しても支障ないかどうか慎重に検討してください。Apple MusicからほかのWebサイトやソーシャルネットワークに共有する場合、共有した情報には、共有先のほかのサービスのプライバシーポリシーが適用されます。

ご契約の携帯電話会社がApple Musicのメンバーシップをご案内した場合、Appleでは、提携先の携帯電話会社を通じてご登録いただいたかどうかを判断するため、お客様の電話番号を調べることがあります。携帯電話会社を通じて登録いただいた場合は、お使いの電話番号がアカウントの確認に使われます。メンバーシップに関連付けられている電話番号は、サインイン時のアカウント確認と、Apple Musicでの活動内容をアカウントに対応付ける目的に限り使われます。

Apple Musicのメンバーシップ特典としてご利用になれるiCloudミュージックライブラリでは、お使いのすべてのデバイスからライブラリ内の曲やプレイリストにアクセスできます。この機能は、お客様のミュージックライブラリからAppleに、曲名やアーティスト名などの情報を送信します。お持ちの曲のコピーがApple Musicにもあるか確認し、そのコピーのロックを解除するために、この情報が必要です。Apple Musicにない曲は、個人用のiCloudミュージックライブラリにアップロードされるので、どのデバイスからでも、完全なコレクションにアクセスいただけます。iCloudミュージックライブラリはお使いのデバイスの“設定”、またはiTunesでオフにできます。

Apple Musicをお使いいただく場合、Appleは、お客様が再生した曲やビデオ、ご自身のミュージックライブラリやプレイリストに追加した曲やビデオ、お気に入りの、コメントした、または共有したコンテンツに関する情報を収集します。再生時に使ったアカウント、IPアドレス、デバイス、App、車載インタフェース、再生時にApple Musicで表示していた画面、再生時刻、再生時間などの情報が、Appleに通知および送信されます。Appleはこの情報を使って、お客様の好みに合わせてApple Musicをカスタマイズし、さらに、Apple Musicの利用傾向を把握して今後の機能改善に役立たせていただきます。たとえば、この情報を参考にして、“For You”、“Radio”、“Connect”に表示する曲、ビデオ、アーティストの投稿を厳選します。また、お客様の好みに合わせてその他さまざまな情報をおすすめする、ロイヤルティを支払う、Appleメディアサービスの利用規約または適用法に違反する活動、または違反が疑われる活動を阻止したり対策を講じたりする上でも、役立てます。メールの環境設定や、Apple Musicの新しいコンテンツに関するお知らせメールの受信希望については、appleid.apple.comで変更いただけます。

また、Appleは、あなたが購入を試みたときに、デバイスの使用方法に関する情報を使用して、お使いのデバイスでデバイスのトラストスコアを計算します。送信データは、Appleがデバイスのこれらの内在する回数を把握できないように設計されています。デバイスのトラストスコアはAppleのサーバ上で一定期間保管されます。

Appleは、個人を特定しない情報を、目的を問わず収集、使用、転送、および開示する場合があります。たとえば、お客様から収集した個人を特定しない情報を、Apple Musicをお使いのほかのお客様からの情報と合わせて集計し、サービスの向上に役立てます。

これらの情報はすべて、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy を参照)に従って収集、利用されます。

第三者への開示

Appleは、お客様によるApple Musicの利用状況に関し、個人を特定しない一部の情報を、同サービスに関して戦略上提携しているパートナー(レコードレーベルなど)に提供する義務を負っています。パートナー各社はその情報を基に、自社の創作活動の成果を自己評価し、ロイヤルティや会計上の要件を満たし、自社の製品やサービスの向上を図ります。アーティストがそれぞれのオーディエンスに対する理解を深めることができるように、再生状況やユーザ層に関する個人を特定しない集約統計(年齢や性別など)をアーティストにも提供します。また、お客様がご利用の携帯電話会社などの所定の個人情報を、Appleの製品やサービスの提供に関与するパートナー、またはAppleのマーケティングに協力するパートナーに開示する場合もあります。

iOS AppからApple Musicおよびメディアライブラリへのアクセスを要求される場合があります。Appにそのようなアクセスを許可すると、そのAppはあなたのデバイス上のメディアライブラリ、あなたがApple Musicメンバーかどうか、音楽およびビデオの再生状況、“For You”から推奨されるものなどの情報にアクセスできます。許可されたAppは、どの曲がライブラリやプレイリスト内にあるかなど、アカウントに関連付けられたデータを変更することもできます。AppによるiOSデバイスへのアクセスは、“設定”>“プライバシー”>“メディアとApple Music”で無効にできます。iOS 11より前のバージョンのiOSを使って、そのAppを削除してしまった場合またはAppにアクセスを許可してしまった場合には、iTunesアカウント設定でそのアクセスを無効にできます。

Apple Musicに関する詳しい情報

Apple Musicの機能や価格体系など、詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT204881

Apple Music Webプレイヤーとプライバシーについて詳しくは、https://support.apple.com/ja-jp/HT208364 を参照してください。

 

公開日: