iPhone、iPad、および iPod touch の VoiceOver ローターについて

VoiceOver ローターを使って VoiceOver の動作を変更できます。VoiceOver の音量や話す速さを変更したり、画面上で項目間を移動したりすることができ、その他の操作も可能です。

VoiceOver ローターを使う

まず、VoiceOver をオンにしていない場合は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」でオンにします。

ローターを使うには、iOS デバイスの画面でダイヤルを回すように 2 本の指を回転させます。VoiceOver は 1 つ目のローターオプションを読み上げます。ほかのオプションを聞くには続けて指を回します。指を離すとオプションが選択されます。

オプションを選択した後、画面上で指を上または下にフリックするとそのオプションが使われます。たとえば、書類が開いているときに「単語」を選択した場合、下または上にフリックすると VoiceOver が次または前の単語に移動します。

次に、ローターオプションとその動作の一覧を示します。

ナビゲーションのオプション

これらすべてのオプションで、上から下に 1 本指で画面をフリックすることによって、次の項目に移動できます。下から上にフリックすると、VoiceOver の前の項目に移動できます。

「文字」「単語」および「行」を使って、入力したテキストを確認できます。

  • 「文字」:1 文字ずつ読み上げます。
  • 「単語」:1 単語ずつ読み上げます。
  • 「行」:1 行ずつ読み上げます。 

次のオプションを使って、ページまたは画面の構成単位間を移動します。

  • 「コンテナ」:次のオンスクリーンコンテナに移動します。たとえば、Dock やホーム画面がコンテナです。 
  • 「見出し」:次の見出しに移動します。「設定」>「メール」「連絡先」「カレンダー」でこのローターを使うことをお勧めします。
  • 「ランドマーク」:HTML コンテンツ (Web ページや HTML E メールなど) のバナー、ナビゲーション、およびボタンの間を移動します。
  • 「同じ項目」:同じ種類の次の項目に移動します。このオプションは、Safari Web 検索の結果のリンクで使うことをお勧めします。
  • 「縦方向のナビゲーション」:1 本指の縦方向のフリックで上または下に移動します。このオプションはホーム画面で使うことをお勧めします。
  • 「静的テキスト」:静的 HTML テキストの次の行に移動します。静的テキストはページのメインテキストで、たとえばリンクやボタン名ではありません。

次のオプションを使って、リンク間を移動します。

  • 「リンク」:次のリンクに移動します。
  • 「訪問済みリンク」:次のリンクに移動しますが、すでにクリックしたリンクのみを移動対象にします。
  • 「未訪問リンク」:次のリンクに移動しますが、まだクリックしていないリンクのみを移動対象にします。
  • 「ページ内リンク」:Web ページ上で次のページ内リンクに移動します。

ほかに、ページ内で移動する方法には次のものがあります。

  • 「表」:VoiceOver カーソルを Web ページの表の先頭に移動します。
  • 「リスト」:VoiceOver カーソルを Web ページのリストの先頭に移動します。
  • 「ボタン」:HTML コンテンツ内で次のボタンに移動します。
  • 「フォームコントロール」:フォームの使用時にボタンとメニューの間を移動します。
  • 「テキストフィールド」:HTML コンテンツ内で次のテキストフィールドに移動します。
  • 「検索フィールド」:HTML コンテンツ内で次の検索フィールドに移動します。
  • 「イメージ」:イメージに移動します。

VoiceOver の発話、読み上げ、およびサウンドを変更する

「読み上げ速度」:VoiceOver が話す速さを変更します。1 本指で上または下にフリックして、話す速さを加速または減速します。フリックするたびに 5% ずつ変化します。

「音量」:VoiceOver が話す声の大きさを変更します。これはシステムの音量とは独立しています。1 本指で上または下にフリックして、声を大きくしたり小さくしたりします。フリックするたびに 5% ずつ変化します。 

「句読点」:VoiceOver が句読点を読み上げる方法を変更します。1 本指で上または下にフリックして、すべての句読点、一部の句読点、または句読点なしに切り替えます。

「サウンド」:VoiceOver のサウンド効果 (クリックとカーソルのサウンド) をオンまたはオフにします。1 本指で上または下にフリックします。

「ヒント」:VoiceOver のヒントをオンまたはオフにします。1 本指で上または下にフリックします。

「オーディオダッキング」:VoiceOver が話すときにほかのオーディオコンテンツの音量を下げます。1 本指で上または下にフリックします。

入力方法を変更する

「入力モード」オプションを使って、標準入力モード、タッチ入力モード、およびダイレクトタッチ入力モードを切り替えます。1 本指で上または下にフリックしてモードを切り替えます。

ローターを使う代わりに、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「VoiceOver」>「入力モード」に進んで入力モードを選択することもできます。

次に、入力モードの使い方を説明します。

標準入力モード

左右にスワイプしてキーボードのキーを選択してから、ダブルタップして文字を入力します。または、指をキーボードの中で動かしてキーを選択し、1 本指でキーをタッチし続けたまま別の指で画面をタップします。

キーを選択すると VoiceOver からキーが読み上げられ、文字を入力するときにもう一度読み上げられます。

タッチ入力モード

キーボードのキーにタッチして選択し、指を離して文字を入力します。間違ったキーをタッチした場合は、使用したいキーに指をスライドさせます。

キーをタッチすると、VoiceOver からそれぞれのキーの文字が読み上げられます。指を離すと、VoiceOver は文字を入力します。

ダイレクトタッチ入力モード

VoiceOver がオフの場合と同じように入力します。このモードでは、入力時のみ VoiceOver がオフになります。

入力、アクション、および拡大/縮小のオプション

「手書き」:キーボードで入力する代わりにテキストを手書きできます。

「点字画面入力」:オンスクリーン点字キーボードをオンにします。

「アクション」:1 本指でダブルタップしたときの動作を選択します。たとえば、メールでは、削除、項目をアクティブにする、開封済みにする、フラグ、およびその他の動作をこのローターによって選択します。

「拡大/縮小」:画面を拡大/縮小します。1 本指で上から下へ、または下から上へフリックします。カメラ App で使うことをお勧めします。アクセシビリティ機能の拡大/縮小は制御しません。

オプションを選択する

上記のオプションのいくつかはデフォルトでローターに表示され、いくつかは指定に応じて表示されます。

ローターオプションを選択するには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「VoiceOver」>「ローター」に進みます。その後、ローターに表示するオプションを選択します。

一部のオプションは、状況によってはローターに表示されません。たとえば、「入力モード」はキーボードがある場合のみローターに表示されます。

公開日: Fri Jan 08 19:36:03 GMT 2016