トランスコードしたファイルにウォーターマークが表示されない場合

Compressor 4.2 で、ソースファイルが正しくトランスコードされない原因と、その解決方法について説明します。

ソースファイルに以下が含まれている場合:

  • ビデオのウォーターマークエフェクト
  • ソースファイルの開始点から、ウォーターマークエフェクトの長さを超えた位置にイン点が設定されている

このような場合は、ジョブのプレビューやトランスコードしたファイルに、ウォーターマークが表示されません。たとえば、ソースファイルに 2 分の長さのビデオウォーターマークフィルタが設定されており、イン点が 3:00 の位置に設定されている場合、ウォーターマークが表示されないことがあります。

この問題を解決するには、ファイルを 2 回トランスコードします。1 回目のトランスコードでイン点が不要なムービーを作成し、2 回目のトランスコードでウォーターマークを追加します。以下の手順に従ってください。

  1. オリジナルのソースファイルからウォーターマークを削除します。イン点は削除しないでください。
  2. ProRes 422 HQ などの高品質な設定にして、バッチをトランスコードします。
  3. Compressor で 2 つ目のバッチを作成します。
  4. 2 つ目のバッチにトランスコードしたムービーを追加します。 
  5. ソースファイルにビデオウォーターマークを追加します。 
  6. 2 つ目のバッチをトランスコードします。 

これで、2 つ目のトランスコードしたファイルにウォーターマークエフェクトが含まれるようになります。 

詳しくは、「Compressor 4 ヘルプ」で、イン点とアウト点を設定してソースファイルの一部をトランスコードする方法、および「ウォーターマークエフェクト」を参照してください。

公開日: