心拍数。その意味と Apple Watch での表示方法。

Apple Watch の心拍数測定のしくみと、より正確な測定結果を得るコツについて説明します。

     

心拍数の調べ方

watchOS 3 では、心拍数 App を使って、いつでも心拍数を確認できます。Apple Watch で心拍数 App を開いて、しばらく待てば、心拍数が計測されます。

また、文字盤に心拍数コンプリケーションを追加するか、心拍数 App を Dock に追加しておけば、心拍数 App を簡単に開くことができます。

     

Apple Watch で心拍数が測定されるタイミング

ワークアウト App を使っているときは、Apple Watch がワークアウト中の心拍数を継続的に測定してくれます。

この情報と Apple Watch が収集するその他のデータから消費カロリーが算出されます。さらに、Apple Watch は終日、安静時の心拍数を測定します。こうしてバックグラウンドで測定された心拍数は、iPhone のヘルスケア App で確認できます。Apple Watch でバックグラウンドで測定されるのは安静時の心拍数なので、測定間隔はさまざまに異なります。ヘルスケア App のヘルスケアデータにアクセス可能な他社製 App は「ソース」で管理できます。

Apple Watch の心拍数測定のしくみ

Apple Watch の心拍センサーは、光電式容積脈波記録法 (フォトプレチスモグラフィ) と呼ばれる方法を用いて心拍数を測定します。このテクノロジーは、名前は複雑ですが、「血液が赤いのは、赤色光を反射して緑色光を吸収するからである」という非常にシンプルな事実をベースにしています。Apple Watch では、緑色 LED ライトと感光性フォトダイオードを組み合わせて、手首を流れる血液の量を検出します。心臓が鼓動を打つと手首を流れる血液が増え、緑色光がより多く吸収される一方、鼓動と鼓動の間は光の吸収量が減ります。Apple Watch は毎秒数百回 LED ライトを点滅させ、心臓が 1 分間に鼓動を打つ回数、すなわち心拍数を計測します。 また、信号が弱い場合は LED の明るさとサンプリングレートを上げることで補正されます。

心拍センサーは赤外線も使います。バックグラウンドで心拍数を測定するときは、このモードが使われます。

正確な測定結果を得るには、まず正しく装着すること

理想的な状態であっても、Apple Watch は常に万人の心拍数を正確に測定できるとは限りません。ごく少数ですが、人によってはさまざまな要因で心拍数がまったく測定できない場合もあります。しかし一方で、Apple Watch が安定して正確に心拍を読み取れるようにするコツもあります。

緩すぎる

Apple Watch が上下左右にずれ動く場合や、センサーが心拍を読み取らない場合は、バンドを少し締めてください。

ちょうどよい

Apple Watch が手首にぴったりとフィットし、快適な状態です。

 

 

計測に影響を及ぼすその他の要因

Apple Watch の心拍センサーに影響を及ぼす要因はいろいろあります。その一つが皮膚灌流です。皮膚灌流とは皮膚を流れる血液の量のことで、人によって大きく異なり、環境によっても変化します。たとえば、寒い場所で運動している時などは、手首の皮膚灌流が低くなりすぎて心拍センサーが測定できないことがあります。

動きも心拍センサーに影響を及ぼす要因のひとつです。ランニングやサイクリングのようなリズミカルな動きをしている時のほうが、テニスやボクシングのような不規則な動きをしている時よりも測定しやすくなります。

タトゥー (刺青) などによる永続的ないし一時的な皮膚の変化も心拍センサーに影響を及ぼすことがあります。タトゥー (刺青) のインク、図柄、濃さによってはセンサーからの光が遮られ、正確な測定が難しくなることがあります。

上記のような理由で安定した測定結果が得られない場合は、Bluetooth チェストストラップなどの外部心拍モニターに Apple Watch をワイヤレスで接続することもできます。

ワークアウト App で「オープンウォータースイミング」* を行う場合、水中では心拍数が測定されないことがありますが、Apple Watch に内蔵の加速度センサーを使ってカロリーの測定は継続されます。ワークアウト App で「プールスイミング」* を行う場合、水中では心拍数が測定されないことがありますが、Apple Watch に内蔵の加速度センサーを使ってカロリー、往復回数、距離の測定は継続されます。

心拍数は、Apple Watch があなたの活動や運動を測定するために利用する多くの要素の一つにすぎません。Apple Watch はワークアウトの種類に応じて最適な測定方法を自動的に選択します。たとえば、室内で走っている時は加速度センサーを使い、屋外でサイクリングする時は Apple Watch Series 2 の GPS または Apple Watch (第 1 世代) の場合は iPhone の GPS を使います。特にワークアウトをしていない時でも、毎日どれだけ動いたかを記録します。このようにして、Apple Watch はフィットネスや健康の増進に役立つ情報を伝え、そして励まし続けてくれるのです。

* Apple Watch Series 2 でのみご利用になれます。Apple Watch Series 1 および Apple Watch (第 1 世代) はスイミングには適していません。Apple Watch の耐水性能については、こちらの記事を参照してください。

公開日: