音声解説機能でビデオクリップ、番組、または映画について説明するナレーションを聞く

OS X Yosemite 以降および iOS 8 以降には、ビデオファイルについて音声で解説するトラックを再生する機能があります (トラックが用意されている場合)。

音声解説は、クリップ、番組、または映画の映像について語る (解説する) ために別途用意されたオーディオトラックです。ビデオの視聴中に音声解説を聞けるので、視覚に障がいのある方にも、または画面を見ることのできない状況下でも、プログラムをお楽しみいただけます。

音声解説をデフォルトで有効にする

すべてのビデオに音声解説が用意されているわけではありません。解説が用意されている場合は、Mac または iOS デバイスで以下の手順を実行して、解説が自動的に流れるように設定できます。

解説オーディオトラックを作成する

Final Cut Pro X などのプロフェッショナル向けの映像編集アプリケーションでビデオを制作している場合は、独自の音声解説を個別のオーディオトラックとして追加できます。ビデオ解説用のオーディオトラックを作成する際は、その用途を示すため、メディア特性のタグを適用してください。メディアに適切にタグを設定しておけば、Quicktime Player、iTunes、Safari、ビデオを再生するその他の App で、ビューアに適したオーディオトラックが自動的に選択されます。

Final Cut Pro X では、解説オーディオトラックを標準のオーディオチャンネル構成で出力するため、ロール機能を使う必要があります。ロールを作成して、音声解説トラックの一部として使う予定のオーディオクリップに適用します。仕上がったプロジェクトを共有する際に、このオーディオを個別のチャンネルとして QuickTime ファイル形式で書き出すことができます。QuickTime ムービーのオーディオチャンネルと同様に (後出の「ムービーファイルの場合」を参照)、個別のオーディオチャンネルに音声解説トラックとしてタグを付けることもできます。Final Cut Pro X でのロールの適用についてはこちら、ロールを使った書き出しについてはこちらを参照してください。

ムービーファイルの場合

  1. メディア特性タグ「public.accessibility.describes-video」をビデオ解説トラックに適用します。 
  2. 言語タグをビデオ解説トラックに適用します。 

HLS オーディオストリームの場合

  1. メディア特性タグ「public.accessibility.describes-video」を、ビデオ解説ストリームを含むオーディオレンディションに追加します。 
  2. ビデオ解説ストリームの AUTOSELECT 属性を YES に設定します。 
  3. 言語タグをビデオ解説ストリームに適用します。 

サラウンドサウンドのオーディオコンテンツ

コンテンツに所定の言語の 5.1 サラウンドオーディオトラックが含まれている場合、ビデオ解説を追加する際も、そのオーディオ構成を維持する必要があります。解説トラックは 5.1 ミックスのセンターチャンネルにミキシングします。これらのトラックで 5.1 ミックスをステレオにミックスダウンしてはいけません。

公開日: