iPhoto を macOS 用の「写真」にアップデートする

OS X Yosemite 10.10.3 から、Mac には「写真」App が付属するようになりました。アップデート前に iPhoto または Aperture をお使いいただいていた場合は、以下の情報を参考に、Mac で「写真」にアップグレードしてください。

iPhoto からのアップグレードは自動で完了します。OS X Yosemite 10.10.3 以降をインストールする場合は、そのアップデートに「写真」が含まれます。多くの場合、「ピクチャ」フォルダに iPhoto ライブラリが 1 つしかなければ、「写真」をはじめて開いたときにライブラリ全体 (写真、ビデオ、プロジェクト、アルバムなど) が自動的に表示されます。 

複数のライブラリを移行する場合

Mac 上にライブラリが複数ある場合は、「写真」を開くと、アップグレードの対象とするライブラリの選択画面が表示されます。「写真」では、iPhoto または Aperture で作成されたライブラリを開いて扱うことができます。 

別のフォトライブラリを手動で移行する場合は、次の手順を実行してください。

  1. 「写真」を終了します。 
  2. 「option」キーを押しながら「写真」を開きます。
  3. 開きたいライブラリを選択し、「ライブラリを選択」をクリックします。目的のライブラリがリストに表示されない場合は、「その他のライブラリ」をクリックします。目的のライブラリを選択して「開く」をクリックします。

開きたいライブラリを Dock の「写真」アイコンにドラッグする方法もあります。または、「新規作成」をクリックして、空の新しいライブラリを作成することもできます。 

「写真」では、iPhoto 8.0 以降および Aperture のすべてのバージョンで作成したライブラリを扱うことができます。iPhoto 7 以前のライブラリを移行する必要がある場合は、Apple より無償で提供している iPhoto ライブラリアップグレーダツールを使って、事前にライブラリの移行準備をしてください。

「写真」の新しいライブラリについて

  • 「写真」では、デフォルトで Mac の「ピクチャ」フォルダにライブラリが保管されます。 
  • iPhoto または Aperture のライブラリをアップグレードした場合は、そのライブラリがあったのと同じ場所に「写真」のライブラリが作成されます。「写真」は iPhoto または Aperture と同じマスターファイルを使うため、両方の App を実行しても容量が倍必要になるわけではありません
  • 「写真」では、iPhoto のイベントはアルバムになり、「アルバム」ビューの「iPhoto イベント」というフォルダに表示されます。 
  • 星のレートやフラグなど、一部のメタデータはキーワードに変換されるため、検索がしやすくなります。 「写真」でのスマートフォルダの扱いについてはこちらの記事、iPhoto および Aperture のコンテンツとメタデータがどうなるかについてはこちらの記事を参照してください。
  • ライブラリが複数ある場合は、システムフォトライブラリを指定しておいた方が、iCloud やその他の App (メール、iMovie など) から使いたい写真にアクセスできて便利です。

  「写真」のライブラリをクラウドサービス上の場所 (Dropbox、Box、Google Drive など) に保管する場合は、同期の際にライブラリが破損する恐れがあります。 結果的に、写真がなくなることもあり得ます。
お使いのすべてのデバイスで写真を閲覧するには、iCloud フォトライブラリをご利用になれます。 ライブラリのバックアップには、Time Machine をお使いいただけます。

「写真」に移行した後で iPhoto および Aperture を使う

iPhoto (およびダウンロード済みの場合は Aperture) は、システムの「アプリケーション」フォルダに残っていて、引き続き使うことができます。「写真」にアップグレードした後で iPhoto または Aperture を開くと、それらの App でライブラリを開くか、「写真」で開くかを確認するメッセージが表示されます。 

iPhoto または Aperture で補正や編集をした場合、「写真」には反映されません。「写真」で補正や編集をした場合も、iPhoto または Aperture に反映されません。

iCloud フォトライブラリを有効にして Apple 製のほかのデバイスでも同じ写真を見る

「写真」にアップグレードした後で iCloud フォトライブラリを使う場合は、「写真」>「環境設定」>「iCloud」で有効にすることができます。有効にすると、システムフォトライブラリの写真やビデオが最大解像度、オリジナルフォーマットで iCloud にアップロードされ始めます。 「写真」がコレクションの推定サイズを計算し、必要に応じて別の iCloud ストレージプランを選択いただけるようご案内します。フォトライブラリのサイズが 1 TB を超える場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

Mac または iOS デバイスで、本体に保存されているフォトライブラリのサイズを自動的に管理できます。フォトコレクションが大容量の場合や、デバイスの空き容量が少ない場合に便利な機能です。Mac では、「写真」>「環境設定」>「iCloud」で「Mac ストレージを最適化」を選択します。iOS デバイスでは、「設定」>「写真」の順に選択し、「[デバイス] のストレージを最適化」を選択します。

「ストレージを最適化」を選択すると、自動的にオリジナルのフル解像度の写真やビデオが iCloud に保存され、各デバイスにはそれぞれに適したサイズの軽量版が残されるため、容量の節約になります。たとえオフラインでも、デバイスですべてのデータにいつでもアクセスできます。

iCloud フォトライブラリを使うと、すべてのデバイス上で 1 つのライブラリ、つまりシステムフォトライブラリが最新の状態で維持されます。システムフォトライブラリを変更した場合、変更後の新しいライブラリのコンテンツが、iCloud にすでにあるコンテンツと統合されます。この処理は元に戻せないので、変更前後のライブラリを統合するつもりがない限りは、ライブラリの変更はしないでください。

Time Machine を使って「写真」のライブラリをバックアップする

写真やビデオは大切なデータです。iCloud フォトライブラリをお使いの場合でも、Time Machine を使って、フォトライブラリも含めて Mac のバックアップを作成しておくことをお勧めします。

「写真」のライブラリと Time Machine のバックアップは別のディスクに保管してください。やりやすい方法としては、「写真」のライブラリは「ピクチャ」フォルダ (デフォルトの場所) に置いたままにし、Time Machine の方で外付けのドライブ、ネットワーク上のディスク、または Time Capsule にバックアップするよう設定しておきます。

公開日:Thu Nov 30 16:03:25 GMT 2017