Apple Watch で Keynote を操作する

Keynote のプレゼンテーションを Apple Watch で操作できます。

はじめに

以下の準備が必要です。

  • ペアリング済みの Apple Watch と iPhone
  • iOS 用 Keynote 2.5.3 以降が iPhone にインストールされている。Apple Watch で Keynote をお使いになる前に、iOS 用 Keynote 2.5.3 以降を iPhone 上で 1 回は開いておいてください。
  • Keynote が Apple Watch にインストールされている。iPhone の Apple Watch App を使って、最新バージョンの Keynote をインストールしてください。Keynote がインストールされているかどうか確認するには、iPhone で Apple Watch App を開き、「マイウォッチ」をタップし、「Keynote」をタップして、「App を Apple Watch で表示」の順にタップします。

Apple Watch で以下のように設定しておくと、Keynote を快適に操作できます。

  1. Apple Watch のホーム画面で「設定」をタップします。
  2. 「一般」をタップし、「画面をスリープ解除」をタップします。
  3. 下にスクロールして、「Keynote」をタップします。
  4. 「カスタム」をタップし、「Crown が押されたあと」をタップします。

これらの設定は iPhone からも調整できます。

  1. iPhone で Apple Watch App を開き、「マイウォッチ」タブをタップします。
  2. 「一般」をタップし、下にスクロールして「画面のスリープ解除」をタップします。
  3. 下にスクロールして、「Keynote」をタップします。
  4. 「カスタム」をタップし、「Crown が押されたあと」をタップします。


Apple Watch から Keynote プレゼンテーションを操作する

次の条件が揃っている場合は、Apple Watch で iPhone 上のプレゼンテーションを操作できます。

  • アダプタまたは AirPlay を使って iPhone に外部ディスプレイが接続されている。
  • Mac や iPad などのほかのプレゼンテーション用デバイスが、iPhone 上の iOS 用 Keynote に対応付けられていない。
  • iPhone 上の iOS 用 Keynote でプレゼンテーションが開いているか、すでに再生中である。

Mac などの別のデバイス上のプレゼンテーションも、以下の条件が揃っていれば、Apple Watch で操作できます。

  • iOS 用 Keynote が開いて、「Keynote Remote」画面が表示されている。
  • Mac や iPad などのプレゼンテーション用デバイスが、iPhone 上の iOS 用 Keynote に対応付けられていて、iPhone にはアダプタや AirPlay で外部ディスプレイが接続されておらず、iPhone 上の iOS 用 Keynote ではプレゼンテーションが開かれても再生中でもない。

プレゼンテーション用デバイスを iPhone 上の iOS 用 Keynote に対応付ける方法については、こちらの記事を参照してください。

プレゼンテーションを再生する/次のスライドまたはビルドに進む

Keynote プレゼンテーションの用意ができたら、Apple Watch で Keynote App を開きます。

  • スライドショーを開始する必要がある場合は、再生ボタン 再生ボタン が表示されます。再生 をタップすると、プレゼンテーションが開始します。
  • スライドショーが再生中の場合は、「次へ」ボタン 「次へ」ボタン が表示されます。「次へ」 をタップすると、次のスライドまたはビルドに進みます。

前のスライドに戻る/プレゼンテーションを終了する

画面を強めに押すと (感圧タッチ)、次のオプションが表示されます。

  • 「戻る」ボタン 「戻る」ボタン をタップすると、前のスライドに戻るか、現在のスライド上のビルドがリセットされます。
  • 「終了」ボタン 「終了」ボタン をタップすると、スライドショーが終了します。

「戻る」を選択すると、Keynote を終了するか、または Apple Watch がスリープ状態になるまで、Apple Watch に  「次へ」 の両方が表示されます。

公開日: