「どこでも My Mac」の設定と使い方

「どこでも My Mac」を使うと、インターネット経由でほかの Mac に安全に接続できます。

「どこでも My Mac」は iCloud の機能です。複数の Mac コンピュータでネットワークを形成しておいて、離れた場所からアクセスすることができます。「どこでも My Mac」には、以下のような活用法があります。

  • ファイル共有:リモートの Mac にあるファイルやフォルダを見つけて、ローカルの Mac にドラッグできます。
  • 画面共有:リモートの Mac を、目の前にあるかのように遠隔操作できます。目の前にあるマウスとキーボードを使って、リモートの Mac にあるアプリケーションを開いたり書類を編集したりできます。

macOS Mojave 以降では、「どこでも My Mac」をご利用いただけなくなりました。代わりに、iCloud Drive、画面共有、Apple Remote Desktop をお使いください。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

必要な環境

「どこでも My Mac」を設定して使うには、以下の準備が必要です。

  • OS X Lion v10.7.5 以降、macOS High Sierra 以前を搭載した 2 台以上の Mac コンピュータ。各コンピュータで同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしていることが必要です。
  • AirMac Time Capsule、AirMac Extreme、または AirMac Express ベースステーションか、UPnP または NAT-PMP 対応の他社製インターネットルーター。公開されている最新のファームウェアをインストールしておいてください。AirMac ベースステーションを使うには、ファームウェアバージョン 7.6.1 以降と AirMac ユーティリティ 6.3 以降が必要です。
  • 画面共有を使うには、コンピュータ間で 300 Kbps (以上) の双方向 (アップ/ダウン) のインターネット接続が必要です。これより遅い接続でもファイル共有は使える場合があります。ファイル共有が正常に機能しない場合は、設定と接続状況を確認してください。
  • リモート接続が可能なファイアウォール。ファイアウォールによっては、「どこでも My Mac」の一部の接続が阻止されることがあります。たとえば、自宅から職場の Mac にアクセスできなくても、職場から自宅の Mac にはアクセスできる場合が考えられます。ファイアウォールで「どこでも My Mac」の接続が許可されているかどうかわからない場合は、所属組織のネットワーク管理者にお問い合わせください。 

AirMac Extreme または AirMac Time Capsule を使って外付けのハードドライブにあるファイルにアクセスするには、Mac OS 拡張 (ジャーナリング) でフォーマットされている USB ハードドライブが必要です。この USB ハードドライブは、「どこでも My Mac」で使用する際には、Finder のサイドバーの「共有」セクションに表示されます。

「どこでも My Mac」を設定する

まず、使いたい各 Mac で「どこでも My Mac」を設定する必要があります。

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。
  2. iCloud にサインインしていない場合は、iCloud 用に使っている Apple ID を入力して「サインイン」をクリックします。
  3. 「どこでも My Mac」を選択します。
  4. 「どこでも My Mac」の横に表示される手順に従って設定します。
  5. セキュリティオプションを設定します。

AirMac Extreme や AirMac Time Capsule に接続しているハードドライブ上のファイルにアクセスしたい場合は、以下の手順にそって、ベースステーションで「どこでも My Mac」を設定してください。

  1. 設定したい AirMac ベースステーションが Mac と同じローカルエリアネットワーク (LAN) に接続されていることを確認します。
  2. AirMac ユーティリティを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  3. 「どこでも My Mac」で使いたい AirMac ベースステーションを選択し、「編集」をクリックします。目的のベースステーションが表示されない場合は、「その他の Wi-Fi デバイス」をクリックすると、利用できるベースステーションのリストが表示されます。必要に応じて、ポップアップメニューから別のネットワークインターフェイスを選択してください。
  4. ベースステーションのパスワードを入力します。このパスワードは、iCloud のパスワードとは違います。
  5. 「ベースステーション」タブをクリックします。
  6. 「どこでも My Mac」セクションの「+」(追加) ボタンをクリックし、「どこでも My Mac」用に使う Apple ID とパスワードを入力します。緑色のステータスインジケータが表示されたら、「どこでも My Mac」がオンになった印です。
  7. 「アップデート」をクリックして変更内容を保存します。

「どこでも My Mac」ネットワークのリモートの Mac や AirMac ベースステーションに接続する

Mac や AirMac ベースステーションをそれぞれ設定したら、以下の手順にそって、それらにリモートから接続できます。

  1. Finder のメニューバーから「Finder」>「環境設定」の順に選択し、「サイドバー」タブをクリックします。
  2. 「共有」セクションで「どこでも My Mac」を選択します。 
  3. Finder のウインドウを開いて、サイドバーの「共有」セクションを確認します。共有しているコンピュータやベースステーションが表示されない場合は、「共有」という文字の上にマウスのポインタを合わせて、「表示」をクリックします。
  4. アクセスしたいリモートのコンピュータやベースステーションを選択して、「別名で接続」をクリックします (リモートの Mac と画面を共有する場合は、その Mac を選択して「画面を共有」をクリックします)。目的の Mac やベースステーションが見つからない場合は、「すべて」をクリックすると、利用できる Mac コンピュータとベースステーションのリストが表示されます。

Mac や AirMac ベースステーションを「どこでも My Mac」ネットワークから削除する

「どこでも My Mac」はいつでもオフに切り替えられます。オフにすると、その Mac や AirMac ベースステーションが「どこでも My Mac」ネットワークから削除されます。

削除したい Mac 上で、以下の手順を実行してください。

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。
  2. 「どこでも My Mac」の選択を解除すると、オフになります。または、「サインアウト」をクリックすると、iCloud から完全にサインアウトします。

ベースステーションを削除するには、以下の手順を実行してください。

  1. AirMac ユーティリティを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  2. 今後使う予定のない AirMac ベースステーションを選択し、「編集」をクリックします。目的のベースステーションが表示されない場合は、「その他の Wi-Fi デバイス」をクリックすると、利用できるベースステーションのリストが表示されます。必要に応じて、ポップアップメニューから別のネットワークインターフェイスを選択してください。
  3. ベースステーションのパスワードを入力します。このパスワードは、iCloud のパスワードとは違います。
  4. 「ベースステーション」タブを選択します。
  5. 「どこでも My Mac」セクションの「-」(削除) ボタンをクリックし、「どこでも My Mac」用に使っている Apple ID を入力します。「どこでも My Mac」がオフになると、緑色のステータスインジケータが消えます。
  6. 「アップデート」をクリックして変更内容を保存します。

問題がある場合

「どこでも My Mac」を設定できない場合や使っていて問題がある場合は、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: