iMac をターゲットディスプレイモードでディスプレイとして使う

ターゲットディスプレイモードでは、サポート対象の iMac の内蔵ディスプレイを別の Mac の外付けディスプレイとして利用できます。

ターゲットディスプレイモードについて

iMac をディスプレイとして使うには、適正なケーブル (以下の「システム条件」を参照) で iMac を別の Mac に接続してから、iMac に接続されているキーボードで「command + F2」キーを押します。終わったら、もう一度「command + F2」キーを押します。

システム条件

ターゲットディスプレイモードを使うには、以下の環境が必要です。

ターゲットディスプレイモードに対応している iMac のモデル、その iMac モデルの接続に必要なケーブルの種類、もう 1 台の Mac の方に必要なポートの種類については、以下の一覧を参照してください。

ディスプレイとして
使える iMac

必要な
ケーブル

もう 1 台の Mac に
必要なポート

iMac (27-inch Late 2009)

Mini DisplayPort - Mini DisplayPort

Mini DisplayPort または Thunderbolt

iMac (27-inch Mid 2010)

Mini DisplayPort - Mini DisplayPort

Mini DisplayPort または Thunderbolt

iMac (Mid 2011)

Thunderbolt

Thunderbolt
iMac (Mid 2012-Mid 2014) Thunderbolt Thunderbolt

注意:iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) 以降の iMac モデルは、ターゲットディスプレイモードでディスプレイとして使うことはできません。

ターゲットディスプレイモードを使う

iMac をディスプレイとして使い始めるには、次の手順を実行してください。

  1. 両方のコンピュータの電源が入っていることを確認します。 
  2. Mini DisplayPort ケーブルまたは Thunderbolt ケーブルで 2 台のコンピュータを接続します。
  3. ディスプレイとして使う iMac のキーボードで「command + F2」キーを押します。

「command + F2」キーを押した後、接続先の Mac のデスクトップが iMac に表示されます。

「command + F2」キーが機能しない場合

「command + F2」キーを押しても iMac がターゲットディスプレイモードに切り替わらない場合は、以下の点をご確認ください。

  • ディスプレイとして使おうとしている iMac が、ターゲットディスプレイモードに対応しているかどうか確認してください。
  • ディスプレイとして使う iMac に接続されているキーボードの「command + F2」キーを押していることを確認してください。
  • システム環境設定の「キーボード」パネルで「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」チェックボックスが選択されている場合、キーボードコンビネーションは「command + Fn + F2」になります。
  • Mini DisplayPort ケーブルまたは Thunderbolt ケーブルが両方のコンピュータに接続されていることを確かめてください。
  • ディスプレイとして使う iMac にログインしている場合は、ログアウトしてログインウインドウに戻ってから、もう一度「command + F2」を押してみてください。
  • 一部の古い Apple 製キーボードや、他社製のキーボードでは、「command + F2」キーでディスプレイモードを切り替えられない場合があります。その場合は、iMac に付属していたキーボードを使ってターゲットディスプレイモードのオンとオフを切り替えてください。 
  • iMac が Windows で起動している場合は、ターゲットディスプレイモードに切り替わりません。ターゲットディスプレイモードは、Boot Camp ではサポートされていません。

ターゲットディスプレイモードを終了する

ターゲットディスプレイモードを終了するには、iMac のキーボードで再び「command + F2」キーを押します。2 台のコンピュータを接続しているケーブルを外した場合や、どちらかのコンピュータをシステム終了したりスリープ状態にしたりした場合も、iMac のターゲットディスプレイモードは終了します。

接続先の Mac の方がスリープモードになると、そのコンピュータのスリープを解除するか、iMac のディスプレイターゲットモードを終了するまで、iMac の画面は電源が切れます。

ディスプレイのオプション

ターゲットディスプレイモード中の iMac ディスプレイの明るさは、接続先の Mac から調整できます。接続先の Mac のシステム環境設定の「ディスプレイ」パネルを使うか、接続先の Mac のキーボードの明るさ調節キーを使います。

接続先の Mac からの出力音声を iMac の内蔵スピーカーで聞くには、システム環境設定の「サウンド」パネルで iMac を選択します。接続先の Mac のキーボードの音量調節キーやメディアキーを使って、iTunes やほかのメディアの音量を調節したり、再生を制御したりすることもできます。

複数のディスプレイを接続する

複数の iMac をディスプレイとして使えますが、各 iMac を Thunderbolt ケーブルでコンピュータの Thunderbolt ポートに直接接続する必要があります。ディスプレイとして接続した各 iMac は、お使いの Mac に同時接続可能なディスプレイの最大数のうちの 1 台としてカウントされます。

ターゲットディスプレイモードの iMac コンピュータを相互に (チェーン) 接続しないでください。ターゲットディスプレイモードの各 iMac は、その iMac をディスプレイとして使う Mac の Mini DisplayPort または ThunderBolt ポートに直接接続する必要があります。

iMac の App を使う

iMac で開いている App は、iMac がターゲットディスプレイモードの間も開いてアクティブなままの状態になります。たとえば、iMac の iTunes で音楽の再生を始めてからターゲットディスプレイモードを有効にした場合、iMac の iTunes は一時停止しません。

iMac を自動的にログアウトするように設定してある場合は、その際に App は一時停止または終了しますが、iMac はターゲットディスプレイモードのままになります。

デバイスを Mac に接続する

ターゲットディスプレイモードの iMac に接続している Mac では、iMac の内蔵カメラや USB、ThunderBolt、FireWire ポート、それらのポートに接続されているデバイスは使えません。外付けのデバイスを Mac で使うには、それらのデバイスを使う予定の Mac に直接接続してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日: