ターゲットディスプレイモードで iMac をディスプレイとして使う

ターゲットディスプレイモードを使えば、iMac を別の Mac の外付けディスプレイとして活用できます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。


以下に該当する古いモデルの iMac を別の Mac に接続して、外付けのディスプレイとして使うことができます。iMac のモデルの調べ方については、こちらの記事を参照してください。

ターゲットディスプレイモードを使うには、macOS High Sierra 以前が必要です。macOS Mojave 以降では使えません。

 


ターゲットディスプレイモードの使い方

  1. iMac が起動していること、上記のシステム条件が満たされていることを確認します。
  2. 別の Mac が起動していて、macOS ユーザアカウントにログインしていることを確認します。 
  3. 2 台のコンピュータを適切な Mini DisplayPort ケーブルまたは Thunderbolt ケーブルで接続します。 
    iMac が複数ある場合、各 iMac を Thunderbolt ケーブルでもう一方の Mac (iMac 以外) の Thunderbolt ポートに直接つないでいれば、それぞれをディスプレイとして使えます。 
  4. iMac のキーボードの「command + F2」キーを押します。別の Mac のデスクトップが表示されるはずです。
  5. ターゲットディスプレイモードを終了するには、「command + F2」キーをもう一度押します。または、ケーブルを取り外すか、いずれかの Mac を再起動します。

 


ターゲットディスプレイモードが機能しない場合

iMac にもう一方の Mac のデスクトップが表示されない場合は、以下の手順をまず試してください。

  1. iMac を再起動します。
  2. もう一方の Mac を再起動します。
  3. もう一方の Mac から Thunderbolt ケーブルまたは Mini DisplayPort ケーブルをいったん外してから接続し直します。
  4. iMac で「command + F2」キーを押します。

上記の方法でうまくいかない場合は、別の解決策 (下記) を試してください。

  • ディスプレイとして使いたい iMac にログインしている場合は、Apple メニュー  >「ログアウト」の順に選択し、ログインウインドウに戻ります。その後、もう一度「command + F2」を押します。
  • Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「キーボード」をクリックします。「F1、F2 などのキーを標準のファンクションキーとして使用」が選択されている場合、ターゲットディスプレイモードには「command + F2」の代わりに「command + Fn + F2」キーを使います。iMac に付属していたキーボードを使えば、うまくいく場合があります。一部の他社製のキーボードや古い Apple 製のキーボードは、ターゲットディスプレイモードに対応していない場合があります。 
  • iMac に macOS High Sierra 10.13.6 以前が搭載されていることを確認してください。それより新しいバージョンの macOS、または Boot Camp と Windows では、ターゲットディスプレイモードは使えません。

 


関連情報

  • iMac の内蔵スピーカーで別の Mac から出力されるオーディオを再生するには、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「サウンド」をクリックしてから「出力」をクリックします。サウンドを出力する装置として iMac を選択してください。これで、ほかの Mac のキーボードのサウンドキーやメディアキーを使って、音量を調節したりメディアの再生をコントロールしたりできるようになります。
  • ターゲットディスプレイモードで使っている iMac ディスプレイの明るさを調節するには、もう一方の Mac のシステム環境設定の「ディスプレイ」パネルを使うか、その Mac のキーボードの明るさ調節キー を使います。
  • ターゲットディスプレイモードに入った時点で iMac で開いていた App は、ターゲットディスプレイモードでも開いたままになります。たとえば、iMac で音楽の再生を始めてからターゲットディスプレイモードに入った場合、iMac での音楽再生は一時停止しません。 
  • もう一方の Mac で、iMac コンピュータの内蔵カメラやポートを使うことはできません。ほかの Mac で外付けのデバイスを使うには、iMac ではなく、もう一方の Mac の方にそれらのデバイスを直接つないでください。
  • もう一方の Mac がスリープ状態になると、その Mac のスリープを解除するか、ターゲットディスプレイモードを終了するまで、iMac の画面は電源が切れた状態になります。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: