Apple Watch の Bluetooth と Wi-Fi について

Apple Watch の Wi-Fi と Bluetooth について、また、両方とも使わなければならない理由について説明します。

iPhone のコントロールセンター

Apple Watch のすべての機能をご利用いただくには、ペアリングされた iPhone 上で Wi-Fi と Bluetooth を有効にする必要があります。iPhone で上にスワイプしてコントロールセンターを開き、Wi-Fi と Bluetooth が有効になっていることを確認してください。

Apple Watch は Wi-Fi と Bluetooth を使ってペアリングされた iPhone と通信し、必要に応じて、これらの 2 つの接続を切り替えます。

  • iPhone が近くにあるときは Bluetooth を使い、消費電力を節約します。 
  • Bluetooth が利用できない場合、Apple Watch は Wi-Fi を使います。たとえば、接続可能な Wi-Fi を利用できる環境下では、iPhone が Bluetooth の通信範囲内にない場合、Apple Watch は Wi-Fi を使います。


コントロールセンターに表示されている Wi-Fi アイコン

Apple Watch で接続できる Wi-Fi

Apple Watch は、次のような Wi-Fi ネットワークに接続できます。

  • iPhone が (Apple Watch に Bluetooth で接続された状態で) 以前に接続したことがあるネットワーク
  • 802.11b/g/n 2.4GHz 準拠の Wi-Fi ネットワーク

たとえば、5GHz の Wi-Fi や、ログイン、サブスクリプション、プロファイルが必要な公共ネットワークには、Apple Watch から接続できません。Apple Watch が iPhone ではなく、接続可能な Wi-Fi ネットワークに接続されている場合は、Wi-Fi アイコン がコントロールセンターに表示されます。

デバイス間の接続状況を確認する

Apple Watch と iPhone 間の接続状況は、2 つの方法で確認できます。

  • 文字盤に 赤い「接続されていません」アイコン または X アイコン が表示されている場合は、接続されていません。
  • 文字盤を上にスワイプしてコントロールセンターを開くと、デバイスが接続されているかどうかを確認できます。iPhone のアイコン をタップする方法もあります。接続されている場合は、iPhone で「ピーン」という音が鳴ります。

コントロールセンターに表示されている「接続されていません」アイコンとテキスト

 

コントロールセンターに表示されている「接続済み」のアイコン

 

モバイルデータ通信ネットワークを使う

Apple Watch Series 3 (GPS + Cellular) がモバイルデータ通信に接続されていれば、iPhone や Wi-Fi に接続されていなくても、電話をかけたりデータや App を使ったりできます。モバイルデータ通信プランに Apple Watch を追加する方法については、こちらの記事を参照してください。

信号強度を確認するには、上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。 

コントロールセンターに表示されている信号強度

接続されているときは「モバイル通信」ボタンが緑色になります。緑色の丸印は信号強度を表しています。 

 

コントロールセンターに表示されている iPhone との接続状況

モバイルデータ通信プランがアクティブで、Apple Watch が iPhone または Wi-Fi に接続されているときは、「モバイル通信」ボタンが白くなります。

モバイルデータ通信のオン/オフを切り替えるには、上にスワイプしてコントロールセンターを開いて、緑のモバイル通信アイコンのボタン をタップして、モバイルデータ通信をオフにします。

App によっては、iPhone に接続されているときにしかアップデートされないものもあります。

関連情報

  • Apple Watch が iPhone に接続されない場合は、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Watch をペアリングされた iPhone なしで使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • モバイルデータ通信の使い方については、こちらの記事を参照してください。
公開日: