OS X Server 4.1 について

OS X Server v4.1 アップデートによる変更点について説明します。

インストールの方法

このソフトウェアは、OS X Server v4.0 〜 v4.0.3 をアップデートします。インストールするには、OS X Yosemite v10.10.3 が必要です。

OS X Server v4.1 は、Mac App Store から入手していただけます。OS X Server (Yosemite) がインストールされている場合は、このアップデートが「アップデート」パネルに表示されます。インストールするには、「アップデート」ボタンをクリックします。サービスの中断を防ぐため、Mac App Store からほかのアップデートを自動的にインストールすることを選択している場合も、Server のアップデートは自動的にインストールされません。

インストール中に「Server アプリケーションの置き換えが検出されました」というメッセージが表示されることがありますが、これは正常なアップデートプロセスです。サーバの設定とデータはすべてアップデート中に保存されます。

インストールが完了した後、Server App を開いて、以前構成したサービスの設定を完了してください。

アップデートによる変更点

Server v4.1 では、OS X Server の全体的な安定性が向上しているほか、以下の点が改善されています。

  • OS X Yosemite v10.10.3 に合わせたアップデート
  • iOS 8.3 で導入された新機能、モバイルデバイス管理のコマンド、およびペイロードにプロファイルマネージャが対応
  • キャッシュサーバの構成に、DNS TXT レコードを Windows フォーマットで出力するオプションを追加
  • グループアクセス用にメッセージサービスを改善
  • プロファイルマネージャのデバイス検索機能を強化
  • ユーザアカウントおよびグループアカウントをファイルに書き出し可能
  • Time Machine のバックアップと復元の信頼性が向上
  • プロファイルマネージャおよび Wiki サービスのアップデート中に Server の反応が遅くなる場合がある問題を解決

旧バージョンの Server からアップグレードする場合は、まず、OS X Yosemite にアップグレードした後、Server 4 を購入してインストールしてください。Apple サポート Web サイトで、アップグレードと移行に関する詳しい情報をご確認いただけます。

公開日: