Apple Watch でアクティビティ App を使う

Apple Watch のアクティビティ App を使って、毎日どの程度動いているか (ムーブ)、運動しているか (エクササイズ)、立っているか (スタンド) を把握できます。 

「3 つすべてのゴールを達成しました!」

 

アクティビティを管理する

まずは、Apple Watch でアクティビティ App を開いて、ご自分についての情報を入力してください。Apple Watch は、目標値を達成すると知らせてくれるほか、どうすればリングを閉じることができるのか提案したり励ましたりしてくれます。どうすれば各リングが完成するのか、以下にご説明します。

ムーブ

「ムーブ」のリングには、その時点までのアクティブカロリーの消費量が表示されます。毎日のムーブゴールは、1 日に所定のアクティブカロリーを消費することで達成できます。アクティブカロリーは、基礎代謝とは異なり、立ち上がったり体を動かしたりしたときに消費されるカロリーです。ムーブとエクササイズのクレジットを獲得できない場合は、こちらの記事を参照してください。

ムーブゴールを変更する方法は、以下の通りです。

  1. Apple Watch でアクティビティ App を開きます。
  2. リングを表示し、画面を強めに押します。
  3. タップして、1 日のムーブゴールのアクティブカロリー消費量を増減します。
    1 日のムーブゴールを変更:450 カロリー
  4. 設定が終わったら、「アップデート」をタップします。

ムーブゴールは変更できますが、エクササイズとスタンドのゴールは変更できません。 

エクササイズ

「エクササイズ」のリングには、それまでに早歩き以上の運動をした時間が分単位で表示されます。毎日のエクササイズゴールは、1 日あたり 30 分程度の運動をすれば達成です。エクササイズゴールは変更できませんが、ムーブゴールは変更できます。

エクササイズゴールを達成する方法についてはこちらの記事を参照してください。

スタンド

「スタンド」のリングには、立ち上がって 1 分以上体を動かした時間の合計が、1 時間単位で表示されます。毎日のスタンドゴールは、1 日 12 時間、1 時間あたり 1 分以上立ち上がって少し体を動かせば達成です。一日中立っている場合でも、体を動かす必要があります。

車椅子を使用すると設定した場合、「スタンド」のリングは「ロール」のリングに切り替わります。「ロール」には、車椅子で 1 分以上動き回った時間が表示されます。 

スタンドゴールまたはロールゴールは変更できませんが、ムーブゴールは変更できます。

アクティビティの履歴を調べる

一日の進捗具合を Apple Watch で確認できます。また、iPhone のアクティビティ App では、履歴全体を見ることができます。

iPhone の場合

  1. iPhone でアクティビティ App を開きます。
  2. 「履歴」タブをタップすると、終日のアクティビティの状況が表示されます。カレンダーで、ワークアウトを行った日の横には緑の丸印が表示されます。
    6 月のアクティビティの履歴
  3. 詳しく確認するには、該当する日をタップします。
  4. ワークアウトについて詳しい情報 (経路や合計距離など) を確認するには、「ワークアウト」タブをタップして、該当するアイテムをタップします*。 

Apple Watch の場合

  1. Apple Watch でアクティビティ App を開きます。 
  2. 上にスワイプすると、各リングの詳細情報が表示されます。
    Apple Watch のムーブ、エクササイズ、スタンドのゴール
  3. もう一度上にスワイプすると、合計歩数、距離、ワークアウトなど、さらに詳しい情報が表示されます。 
  4. 一週間の概要を確認するには、画面を強めに押して、「週ごとの概要」をタップします。

リマインダーを設定する

  1. iPhone で Apple Watch App を開きます。 
  2. 「マイウォッチ」タブをタップして、「アクティビティ」をタップします。
  3. 通知やリマインダーについて選択します。たとえば、コーチングの通知は、前回の達成度に基づいて行われます。 
    iPhone の Watch App のアクティビティの設定画面

* 表示される数値はワークアウトの種類によって異なります。たとえば、ルートは、GPS が利用できるときに、ウォーキング、ランニング、オープンウォータースイミング、サイクリングで表示されます。

公開日: