ワークアウトとアクティビティの精度を高めるために Apple Watch Series 1 以前を調整する

Apple Watch を調整することで、歩行/走行距離やペース、カロリーの測定精度を上げることができます。調整しておけば、Apple Watch が普段の運動のレベルや歩幅を学習できるので、GPS が制限されていたり利用できない状況下での測定精度の向上にもつながります。

iPhone の「システムサービス」画面

設定を確認する

Apple Watch で必要な情報を確実に入手できるように、iPhone で以下の設定を確認してください。

  1. 「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」の順にタップし、「位置情報サービス」がオンになっていることを確認します。
  2. 「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「システムサービス」の順にタップし、「モーションの調整と距離」がオンになっていることを確認します。

Apple Watch Series 2 以降をお使いの場合、以上で準備作業は終了です。Apple Watch に GPS が内蔵されているので、屋外でワークアウトを行う間、ペアリングした iPhone を携帯しなくても正確な情報が記録されます。問題がある場合は、ワークアウトとアクティビティの精度を上げるためのヒントをこちらの記事でご確認ください。

Apple Watch Series 1 以前をお使いの場合は、以下の調整手順に進んでください。 

Apple Watch Series 1 以前を調整する

調整しておけば、ウォーキングやランニングのワークアウトを行うときに、室内や屋外を問わず、記録の精度が上がります。Apple Watch Series 1 以前の調整方法を以下に紹介します。


ワークアウト App -- ウォーキング

  1. Apple Watch を身に着けて屋外に出て、GPS の受信感度がよく、上空の見通しがよい、平坦で開けた場所に行きます。 
  2. GPS 受信のため、iPhone を携帯してください。iPhone を手に持つか、または、アームバンドまたはウエストバンドに取り付けて体に装着します。
  3. ワークアウト App を開きます。まず、「ウォーキング」または「ランニング」を選択します。始める前にゴールを設定しておくには、ドットのアイコン をタップします。
  4. 約 20 分間、通常のペースでウォーキングまたはランニングをします。

時間がなくてワークアウトが最後まで終わらなくても、戸外でのワークアウトセッションを複数回に分けて行い、合計で 20 分になればかまいません。歩く速度や走る速度をさまざまに変えて運動する方は、歩いたり走ったりする速度ごとに 20 分の調整を積み重ねてください。

上記の手順にそって屋外でウォーキングまたはランニングするたびに、さまざまな速度における歩幅を Apple Watch が学習し、加速度センサーが継続的に調整されていきます。調整しておけば、ワークアウト App でのカロリー推定値の精度、アクティビティ App でのカロリー、距離、ムーブ、エクササイズの推定値の精度も上がっていきます。 

iPhone の「プライバシー」画面

調整データをリセットする

調整データをリセットする方法は、以下の通りです。

  1. iPhone で、Apple Watch App を開きます。
  2. 「マイウォッチ」タブで、「プライバシー」>「フィットネス調整データをリセット」の順にタップします。

ワークアウトとアクティビティの精度を上げる

身長、体重、性別、年齢などの個人情報は、Apple Watch が消費カロリーなどの計算に用いる基礎情報の 1 つです。個人情報を変更する方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: