iPhoto および Aperture のコンテンツやメタデータを「写真」に移行するとどうなるか

iPhoto または Aperture のコンテンツやメタデータが「写真」にどのように移行され、取り扱われるかについて説明します。

iPhoto から移行したコンテンツやメタデータが「写真」ではどうなるか

写真および構成:

  • 写真やムービーは、そのまま移行され、何も変更されません。iPhoto で画像を調整したりフィルタを適用したりした場合は、編集後の画像が移行されます。それらの編集内容に「写真」でさらに手を加えることはできませんが、編集前の状態に画像を戻すことはできます。
  • イベントは、「アルバム」ビューの「iPhoto イベント」という名前のフォルダに移行されます。
  • 「写真」でもアルバムはそのまま維持されます。
  • 「写真」では、大半のスマートアルバムが維持されます。スマートアルバムに指定されている選択条件の中に「写真」が対応していないものがある場合、移行後のスマートアルバムの名前に「(変更済み)」と書き添えられます。スマートアルバムで使われている選択条件のどれにも「写真」が対応していない場合、そのスマートアルバムは移行されません。
  • 「写真」ではサポートされなくなったテーマを使っている一部のフォトブックやカレンダーは、「アルバム」に移行されます。 
  • スライドショーは「写真」でもそのまま維持されます。スライドショーのテーマが「写真」で使えないものである場合、「写真」のデフォルトのスライドショーテーマが使われます。
  • 「人々」のデータは「写真」に引き継がれます。

キーワードおよびその他のメタデータ:

  • 「写真」はキーワードを引き継ぎます。 
  • ユーザが定義したタイトルは「写真」にもそのまま引き継がれます。ユーザ定義のタイトルが付いていない画像は、「写真」では「名称未設定」として表示されます。
  • 星のレートは、「写真」では「星 1 つ」「星 2 つ」などの似たようなキーワードに変換されます。
  • フラグ付きの画像は、「フラグ付き」というキーワードを添えて移行され、「アルバム」ビューの「フラグ付き」スマートアルバムの中に表示されます。
  • 多くのメタデータは「写真」でもそのまま残っています。一部の IPTC (International Press Telecommunications Council) メタデータ (コピーライト情報など) は「写真」には表示されませんが、画像には関連付けられたままになっているので、iPhoto、Aperture など、IPTC メタデータを表示可能なアプリケーションには表示されます。 

Aperture から移行したコンテンツやメタデータが「写真」ではどうなるか

写真および構成:

  • 写真やムービーは、そのまま移行され、何も変更されません。Aperture で画像を調整したりフィルタを適用したりした場合は、編集後の画像が移行されます。それらの編集内容に「写真」でさらに手を加えることはできませんが、編集前の状態に画像を戻すことはできます。
  • プロジェクトやサブフォルダは、「アルバム」ビューの「Aperture プロジェクト」および「iPhoto イベント」というフォルダに移行されます。
  • 「写真」でもアルバムはそのまま維持されます。
  • 「写真」では、大半のスマートアルバムが維持されます。スマートアルバムに指定されている選択条件の中に「写真」が対応していないものがある場合、移行後のスマートアルバムの名前に「(変更済み)」と書き添えられます。スマートアルバムで使われている選択条件のどれにも「写真」が対応していない場合、そのスマートアルバムは移行されません。
  • フォトブックは、「アルバム」に移行されます。
  • スライドショーは「写真」でもそのまま維持されます。スライドショーのテーマが「写真」で使えないものである場合、「写真」のデフォルトのスライドショーテーマが使われます。 
  • 「人々」のデータは「写真」に引き継がれます。

キーワードおよびその他のメタデータ:

  • 「写真」はキーワードを引き継ぎます。
  • ユーザが定義したタイトルは「写真」にもそのまま引き継がれます。ユーザ定義のタイトルが付いていない画像は、「写真」では「名称未設定」として表示されます。
  • 星のレートは、「写真」では「星 1 つ」「星 2 つ」などの似たようなキーワードに変換されます。
  • フラグ付きの画像は、「フラグ付き」というキーワードを添えて移行され、「アルバム」ビューの「フラグ付き」スマートアルバムの中に表示されます。
  • 色ラベルは、「グリーン」「パープル」などのキーワード付きで移行されます。
  • キャプションは「写真」に引き継がれます。
  • 多くのメタデータは「写真」でもそのまま残っています。一部の IPTC メタデータ (コピーライト情報など) は「写真」には表示されませんが、画像には関連付けられたままになっているので、iPhoto、Aperture など、IPTC メタデータを表示可能なアプリケーションには表示されます。
  • カスタムメタデータフィールドは「写真」には移行されません。 
公開日: