Logic Pro および Logic Express:外部エディタに送信した後にオーディオが再生されなくなる

外部サンプルエディタを起動するキーボードコマンドを使って、Logic で現在使用しているオーディオファイルを別の外部オーディオエディタ (例:Soundtrack) で開いた後に保存した場合、そのオーディオが Logic で再生されない場合があります。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

この問題が発生するのは、スプリットステレオの AIFF または WAV ファイルを外部サンプルエディタに送信した場合です。Logic では、スプリットステレオの AIFF または WAV ファイルを問題なく取り扱うことができますが、大部分のサンプルエディタは、インターリーブステレオの AIFF または WAV ファイルにのみ対応しています。スプリットステレオの SD2 ファイルを外部エディタに送信することもできますが、通常は、Logic ではインターリーブステレオの AIFF または WAV ファイルを使うようにお勧めします (特にワークフローの一部として外部エディタに送信する場合)。

公開日: