iOS でカスタムのエンタープライズ App をインストールする

所属組織で独自開発したカスタムの App をインストールし、信頼を確立する方法について説明します。

 この記事は、学校、企業、その他の組織のシステム管理者を読者として想定しています。

Apple Developer Enterprise Program を利用すれば、社内専用の iOS App を開発し、社内利用を目的に配布できます。こうした App は、信頼が確立されていないと開けません。

App をモバイルデバイス管理 (MDM) でインストールした場合は、自動的に信頼が確立します。App を手動でインストールする場合は、信頼も手動で確立する必要があります。

Apple では、App の配布には MDM ソリューションを利用することを推奨しています。その方が安全で、ユーザの介入も不在です。所属組織が運用する安全な Web サイトからカスタム App をインストールできるという利点もあります。App を所属組織からインストールするのでなければ、Apple App Store からのみ App をダウンロードし、インストールするようにします。iPhone、iPad、iPod touch を保護するには、これが最善の策です。

App を手動でインストールして信頼する

エンタープライズ App を手動でインストールし、はじめて開くと、App の開発元がデバイスで信頼されていないという通知メッセージが表示されます。このメッセージはそのまま閉じることができますが、App を開けるようにはなりません。

このメッセージを閉じた後で、App の開発元について信頼を確立できます。「設定」>「一般」>「プロファイル」または「プロファイルとデバイス管理」の順にタップします。「エンタープライズ App」見出しの下に、該当する開発元のプロファイルが表示されます。

「エンタープライズ App」見出しの下で開発元のプロファイルの名前をタップし、その開発元を信頼するように設定します。

選択内容の確認を求めるメッセージが表示されます。プロファイルを信頼すると、同じ開発元によるほかの App も手動でインストールし、すぐに開けるようになります。この開発元は、「App を削除」ボタンを使ってその開発元の App をすべて削除しない限り、信頼されたままになります。

信頼を確立する際は、App の開発元の証明書を検証するため、インターネットへの接続が必要です。ファイアウォールをお使いの場合は、https://ppq.apple.com への接続を許可するように設定しておいてください。App を信頼する際にインターネットに接続されていないと、デバイスには「未検証」と表示されます。この状態の App を使うには、インターネットに接続してから、「App を検証」ボタンをタップしてください。

App の初回の検証が済んだ後、信頼を維持し続けるため、iPhone、iPad、iPod touch で App 開発元の証明書を定期的に再検証する必要があります。再検証できない場合は、状況に応じて、間もなく検証が期限切れになるというメッセージが表示されます。信頼を維持するには、デバイスをインターネットに接続し、「App を検証」ボタンをタップするか、App を起動してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: Thu May 25 16:45:38 GMT 2017