「写真」でシステムフォトライブラリを指定する

Mac 上に複数のフォトライブラリがある場合、そのうちの 1 つをシステムフォトライブラリとして選択できます。システムフォトライブラリは、iCloud フォトライブラリ、iCloud 写真共有、マイフォトストリームで使える唯一のライブラリです。

システムフォトライブラリの写真は、iMovie、Pages、Keynote などの App で使えます。iOS デバイスや Apple TV に iTunes を使って同期することもできます。画像をデスクトップピクチャやスクリーンセーバとして使いたい場合は、その画像をシステムフォトライブラリに入れておかないと、システム環境設定で選択できません。

フォトライブラリが 1 つしかない場合は、それがシステムフォトライブラリになります。それ以外の場合は、「写真」で最初に作成した、または開いたフォトライブラリがシステムフォトライブラリになります。 複数のライブラリがある場合、必要に応じてシステムフォトライブラリを指定すると、ほかの App から、使いたい写真やビデオにアクセスできるようになります。 

システムフォトライブラリを指定するには、以下の手順を実行してください。

  1. 「写真」を終了します。
  2. 「option」キーを押しながら、「写真」を開きます。フォトライブラリの 1 つがすでに「[ライブラリ名] (システムフォトライブラリ)」として指定されています。 
  3. システムフォトライブラリとして指定したいライブラリを選択します。
  4. 「写真」でそのライブラリを開いたら、メニューバーで「写真」>「環境設定」と選択します。
  5. 「一般」タブをクリックします。
  6. 「システムフォトライブラリとして使用」ボタンをクリックします。

「写真」で 2 つ目または別のライブラリを開き、そのライブラリがシステムフォトライブラリとして指定されていない場合、ほかのアプリケーションはオリジナルのシステムフォトライブラリにある写真を使います。「option」キーを押しながら「写真」を開くと、どのライブラリがシステムフォトライブラリとして設定されているかがわかります。

iCloud とシステムフォトライブラリ

iCloud フォトライブラリ、iCloud 写真共有、「自分のフォトストリーム」は、システムフォトライブラリでのみ使えます。システムフォトライブラリに指定していない別のライブラリを「写真」で選択すると、「写真」環境設定で「iCloud」タブが無効になります。

新しいライブラリをシステムフォトライブラリとして指定し、iCloud フォトライブラリをオンにすると、新しいライブラリの写真やビデオは、iCloud フォトライブラリにすでにある写真やビデオと統合されます。フォトライブラリの中身を別々にしておきたい場合は、「写真」の複数のライブラリに対して iCloud フォトライブラリをオンにしないようにします。

公開日: