Time Machine のバックアップが予想以上に時間がかかる場合

大量のファイルを変更した場合や、前回のバックアップを中断した場合は、Time Machine のバックアップに時間がかかることがあります。

Time Machine メニューを使って、バックアップの進捗状況を確認できます。Time Machine でデータのバックアップが進行中は、「バックアップ作成中」と表示され、進捗具合を知らせてくれます。

Time Machine のメニューに警告メッセージが表示されたり、まったくバックアップできない場合は、こちらの記事を参照してください。

Time Machine でバックアップは実行されているが、予想以上に時間がかかる場合は、以下の点をご確認ください。

初回バックアップ

Mac を Time Machine ではじめてバックアップする場合は、時間がかかることがあります。Mac 上の大半または全部のデータがバックアップとしてコピーされるからです。Time Machine がバックグラウンドでデータをバックアップしている間、Mac は通常通りに利用できます。

初回のバックアップが完了した後は、前回のバックアップ以降に変更されたファイルだけがバックグラウンドでバックアップされるため、通常、次回以降のバックアップは初回よりも速く終わります。

バックアップを中断して後で終わらせたい場合は、Time Machine のメニューから「このバックアップ作成をスキップ」を選択してください。しばらく時間をおいてから、自動的にバックアップが再開されます。メニューから「今すぐバックアップを作成」を選択して、バックアップを手動で開始することもできます。 

変更点が多い場合のバックアップ

前回のバックアップ以降に大量のファイルを変更したり、サイズの大きなファイルに変更を加えたりした場合は、バックアップに時間がかかることがあります。このような場合は、Time Machine のメニューに長い間「準備中」と表示されます。たとえば、以下の状況が考えられます。

  • (旅行中や、バックアップディスクが接続されていない、または電源が入っていない場合などの理由で) バックアップディスクが利用できない場合、Time Machine はファイルをバックアップできません。バックアップドライブに数日間アクセスせずに Mac を使い続けた場合、次回バックアップドライブが利用可能になったときに、バックアップに時間がかかる場合があります。
  • お使いのコンピュータで Parallels や VMWare などの仮想化ソフトウェアをお使いの場合、これらのソフトウェアが、ほかのオペレーティングシステムの関連データを保存するために大容量のディスクイメージやその他のファイルを作成することがあります。このような場合は、たとえディスクイメージ中の数ファイルを変更しただけでも、Time Machine がディスクイメージ全体をバックアップしようとすることがあります。対策としては、ソフトウェアが最新バージョンであることを確認し、開発者のサポートサイトで、該当する App と Time Machine を併用する場合の情報を確認してください。これらのファイルを Time Machine でバックアップしなくてもよい場合は、Time Machine でバックアップの対象から除外することもできます。
  • 新しいソフトウェアをインストールしたり、macOS をアップグレードしたりした場合は、次回のバックアップに時間がかかることがあります。Time Machine で新しいソフトウェアのバックアップが終われば、次回からバックアップが速く済みます。 
  • 前回のバックアップをキャンセルしたり、バックアップが予期せず中断したりした場合は、次回のバックアップに時間がかかることがあります。これは、Mac を正しくシステム終了しなかったり、接続を解除する前にドライブを取り出しておかなかった場合に起こる場合があります。

ネットワークの速度

Wi-Fi ネットワーク経由でバックアップを実行する場合は、Wi-Fi のアクセスポイントまたはルーターをコンピュータの近くに置いてください。Mac がルーターから離れた場所にあると、Wi-Fi ネットワーク接続が遅くなる場合があります。ワイヤレスネットワークの信号強度は、Wi-Fi メニューで確認できます。必要に応じて、Wi-Fi に問題がないか調べてください。

ウィルス対策ソフトウェア

Mac でウィルス対策ソフトウェアを使っている場合は、ソフトウェアが最新バージョンであることを確認してください。ウィルス対策ソフトウェアがコンピュータのバックアップに干渉していると思われる場合は、ウィルススキャンの対象からバックアップドライブを除外してみてください。詳しくは、ウィルス対策ユーティリティの付属説明書を確認するか、メーカーにお問い合わせください。

ドライブを確認する

バックアップ対象のドライブの 1 つ、またはバックアップの保存先ドライブに問題があると、バックアップに時間がかかることがあります。 

AirMac Time Capsule をお使いの場合は、内蔵ディスクドライブを自動検証することができます。

  1. AirMac Time Capsule を電源コンセントから取り外します。
  2. 10 秒ほど待ち、AirMac Time Capsule を再び電源コンセントに接続します。

    Time Capsule の内蔵ドライブが正常に動作している場合は、Time Capsule のインジケータランプが緑色に点灯します。問題がある場合は、オレンジ色で点滅します。AirMac ユーティリティを開き、Time Capsule に接続して、問題について詳しく調べてください。問題が解決しない場合は、状況によって、AirMac ユーティリティを使ってドライブを消去する必要があります。消去の前に、Time Machine と別のドライブを使って追加のバックアップを作成しておいてください。ドライブを消去できない場合は、Time Capsule の修理が必要だと考えられます。

ほかのドライブについては、システム環境設定の「Time Machine」パネルを開いて Time Machine をオフにしてから、ディスクユーティリティを使って起動ディスク、外付けのバックアップドライブ、バックアップ対象のほかのすべてのドライブを検証してください。ドライブが正常であることが検証された後、または正常に修復された後で、Time Machine を再び「入」に戻すことができます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: