スクリーンタイムを使って iPhone、iPad、iPod touch での購入を制限する

スクリーンタイムを使えば、iTunes Store での誤購入や不正購入を防げます。購入時にパスワードの入力を必須にしたり、特定の種類のコンテンツの購入を防いだり、購入そのものを一切できないようにしたりすることができます。

App 内課金を防ぐ

App 内課金ができないようにするには、スクリーンタイムをオンにする必要があります。

  1. 「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択し、「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。
    スクリーンタイムをオンにする
  2. 「続ける」をタップし、「これは自分用の iPhone です」または「これは子供用の iPhone です」を選択します。
    • 親または保護者のデバイスで、設定内容をほかの家族が変更できないようにしておく場合は、「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップし、パスコードを作成しておきます。確認のため、パスコードをもう一度入力してください。
    • お子様のデバイスでスクリーンタイムを設定する場合は、画面の案内に従って進み、「親のパスコード」画面でパスコードを入力します。確認のため、パスコードをもう一度入力してください。 
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。パスコードの入力画面が表示されたら入力し、「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにします。 
  4. 「iTunes および App Store での購入」をタップします。
  5. 「App 内課金」をタップし、「許可しない」に設定します。

または、「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」の順に選択し、「許可された App」をタップします。「iTunes Store」と「ブック」の選択を解除します。

ファミリー共有とスクリーンタイムの使い方については、こちらの記事を参照してください。

デバイスのロック解除に使っているものとは異なるパスコードを選択してください。以前のバージョンの iOS で設定していた機能制限のパスコードを覚えていない場合や、スクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合は、デバイスを消去してから新しいデバイスとして設定し直し、パスコードを削除する必要があります。バックアップからデバイスを復元しても、パスコードは削除されません。

ダウンロードごとにパスワードを要求する

App 内課金を制限しなくてもよい場合や、まったく購入できないようにはしたくない場合は、事前にパスワードを入力しないと iTunes Store や Apps Store からコンテンツをダウンロードできないようにしておけます。

お子様のアカウントを管理する

ファミリー共有をお使いの場合は、「承認と購入のリクエスト」の機能を使ってお子様に購入を許可できます。

iTunes のサービスは 13 歳以上の個人、または学生向け Apple ID プログラムを通じて Apple ID を取得されたお子様のみが利用できます。お子様が 13 歳未満で学生向け Apple ID もお持ちでない場合、Apple はお使いのアカウントを閉鎖し、アカウントに関連付けられたすべての情報を削除する必要があります。

関連情報

公開日: