iPhone や iPad で FaceTime を使う

FaceTime を使って iPhone や iPad でビデオ通話や音声通話をかける方法をご説明します。

iPhone と iPad が横に並んでいて、両方のデバイスで FaceTime ビデオ通話中。

FaceTime は、Wi-Fi1 やモバイルデータ通信を利用して、対応の iOS デバイスまたは iPadOS デバイスで使えます。2 アラブ首長国連邦でご購入いただいたデバイスでは、FaceTime を利用できない場合や、FaceTime がデバイスに表示されない場合があります。中国本土では、iPhone やセルラーモデルの iPad でのグループ FaceTime 通話や FaceTime 音声通話を利用できません。

FaceTime をオンにする

FaceTime App を開いて、Apple ID でサインインします。「設定」>「FaceTime」でも、同じことができます。

iPhone に FaceTime の設定画面が表示されていて、「FaceTime」がオンになっているところ。 

iPhone をお使いの場合は、お使いの電話番号が自動的に FaceTime に登録されます。

iPhone や iPad をお使いの場合は、メールアドレスを登録できます。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「FaceTime」をタップし、「FaceTime に Apple ID を使用」をタップします。
  3. Apple ID でサインインします。


FaceTime 通話をかける

FaceTime 通話をするには、相手の電話番号または登録済みメールアドレスが必要です。FaceTime 通話をする方法はいくつかあります。

iPhone で Jane Appleseed と通話中に電話 App が表示されているところ。「FaceTime」ボタンは、画面の中央に並んだアイコンの 2 行目にあります。

  • FaceTime App で、「新しい FaceTime」をタップし、相手の電話番号またはメールアドレスを入力します。その番号やアドレスをタップし、オーディオボタン または「 FaceTime」をタップします。
  • 相手の電話番号やメールアドレスが連絡先に登録されている場合は3、最初の数文字を入力すれば画面に名前が表示されるので、その名前をタップします。続いて、オーディオボタン または「 FaceTime」をタップしてください。
  • iPhone での通話中に FaceTime ビデオ通話に切り替えることもできます。電話 App の FaceTime アイコンをタップすれば、FaceTime に切り替わります。

ミー文字を作成し、FaceTime ビデオ通話で使う方法については、こちらの記事を参照してください。


割込通話で FaceTime 通話に出る

通話中に別の電話がかかってきたら (通常の通話でも、別の FaceTime 音声通話でも)、次のいずれかの対応ができます。

iPhone で通話中に別の通話が着信しているところ。「通話を終了して応答」「拒否」「保留して応答」のボタンが画面の下に並んでいます。

  • 通話を終了して応答:話し中の通話を切って、新しい着信を受けます。
  • 保留して応答:新しい着信を受けて、話し中の通話を保留にします。 
  • 拒否:新しい着信を拒否します。


FaceTime 通話を別のデバイスに引き継ぐ

すべてのデバイスで iOS 16、iPadOS 16、macOS Ventura 以降を使っていることが前提です。

iPhone でかけている FaceTime 通話をシームレスに Mac や iPad に、またはその逆に引き継ぐことができます。通話を引き継ぐ際に、Bluetooth ヘッドセットを接続して使っている場合、ヘッドセットも同時に新しいデバイスにつながります。

FaceTime 通話を別のデバイスに引き継ぐ方法については、こちらを参照してください。


iOS 15、iPadOS 15 以降では、FaceTime 通話へのリンクを作成し、そのリンクをほかの人にメッセージやメールで送信できます。相手は、受け取ったリンクを使って通話に参加または開始できます。

iPhone に新しく送る iMessage の下書きが表示され、テキストフィールドに FaceTime 通話へのリンクが添えられているところ。 

  1. FaceTime App を開いて「リンクを作成」をタップします。
  2. 「名前を追加」をタップし、その電話ミーティングの名前を入力し、「OK」をタップします。名前を付けておけば、参加してもらう通話についてほかの参加者に知らせることができます。
  3. リンクを送りたい相手を選択するか、共有メニューから「メッセージ」「メール」、この機能に対応しているほかの App を選択し、その App からリンクを送信します。

FaceTime 通話には誰でも招待できます。Apple 製デバイスを持っていない人でも大丈夫です。そういう人も、ブラウザから一対一の FaceTime 通話またはグループ FaceTime 通話に参加できます。Apple 以外の他社製デバイスや Windows では FaceTime リンクを作成できませんが、ほかの人がリンクを共有してくれた FaceTime 通話には参加できます。

Web で FaceTime を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

中国本土で購入した iPhone モデルでは、FaceTime 通話へのリンクの作成はサポートされません。中国本土では、FaceTime リンクはサポートされていません。


画面を共有する

FaceTime で話している人たちと画面を共有して、写真を見せたり、Web を一緒に閲覧したり、作業を手伝ってあげたりできます。

FaceTime 通話で画面を共有する方法については、こちらの記事を参照してください。


SharePlay を使って一緒に観る/聴く

SharePlay を使えば、SharePlay 対応の App でコンテンツを共有して、FaceTime で話しながらビデオを一緒に観たり音楽を一緒に聴いたり一緒に作業したりできます。


FaceTime での空間オーディオ

FaceTime で空間オーディオを使えば、友達や家族が同じ部屋にいるかのように聞こえます。相手の声が広がりを持ち、画面上でその人たちが表示されている方向から聞こえてくるので、会話がより自然に進みます。

空間オーディオには、iPhone XR、iPhone XS モデル以降、iPad (第 8 世代) 以降、iPad Pro 11 インチのすべてのモデル、iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代) 以降、iPad Air (第 3 世代) 以降、iPad mini (第 5 世代) 以降が対応しています。


背景音を遮断する

FaceTime 通話で自分の声がくっきりと聞こえるように、ほかの音声を遮断したい場合は、「声を分離」を有効にすることができます。「声を分離」は、FaceTime 通話であなたの声を優先し、周囲の雑音を遮断してくれます。

  1. FaceTime 通話中にコントロールセンターを開いて、「マイクモード」をタップします。
  2. 「声を分離」を選択します。

自分の声も、周囲の音も全部 FaceTime 通話で聞こえるようにする場合は、「ワイドスペクトル」をオンにしておけます。この場合、周囲のノイズは遮断されません。

  1. FaceTime 通話中にコントロールセンターを開いて、「マイクモード」をタップします。
  2. 「ワイドスペクトル」を選択します。

「声を分離」と「ワイドスペクトル」には、iPhone XR、iPhone XS モデル以降、iPad (第 8 世代) 以降、iPad Pro 11 インチのすべてのモデル、iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代) 以降、iPad Air (第 3 世代) 以降、iPad mini (第 5 世代) 以降が対応しています。


ポートレートモードで背景をぼかす

iOS 15 および iPadOS 15 以降では、ポートレートモードを有効にして、背景を自動的にぼかし、あなたに視線が集まるようにすることができます。カメラ App のポートレートモードと同様の効果です。

  1. FaceTime 通話中に、ピクチャ・イン・ピクチャで表示されている自分のタイルをタップします。
  2. 自分のビデオタイルの左上にあるポートレートモードのボタン をタップします。

ポートレートモードをオフにするには、もう一度ポートレートモードのボタン をタップします。

FaceTime のポートレートモードには、iPhone XS Max 以降、iPad Air (第 3 世代)、iPad mini (第 5 世代)、iPad Pro (第 3 世代) 以降が対応しています。


FaceTime 通話でライブキャプションを有効にする

注:ライブキャンプションは、現時点では iOS 16 および iPadOS 16 でベータ版を利用できます。

FaceTime App でビデオ通話をしている間に、ライブキャプション (ベータ) を有効にして、会話を文字に起こしたものを画面で確認できます。発言者の属性表示と併せて使えば、会話の流れを追いやすくなります。

FaceTime 通話でライブキャプションを有効にする方法については、こちらを参照してください。


FaceTime に問題がある場合

  • FaceTime のアクティベーションエラーについては、こちらの記事を参照してください。
  • FaceTime 通話の発信/受信ができない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

1. Wi-Fi 環境では、次のいずれかのデバイスで FaceTime を使うことができます:iPhone 4 以降、iPad Pro (全モデル)、iPad 2 以降、iPad mini (全モデル)、iPod touch 第 4 世代以降 (iPod touch 第 5 世代以降のみ FaceTime 音声通話に対応)。

2. モバイルデータ通信プランにご加入の場合は、Wi-Fi に接続できなくても、次のいずれかのデバイスで FaceTime を使うことができます:iPhone 4s 以降、iPad Pro (全モデル)、iPad (第 3 世代以降)。

3. 相手の連絡先情報をタップすると、その人の情報として保存されている FaceTime 対応の番号またはアドレスを使って FaceTime 通話が試みられます。間違い電話をかけてしまわないように、必ず正しい連絡先情報を登録し、古い情報や使われていない情報は残しておかないようにしましょう。

公開日: